副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック(現在、丁寧な動画解説も付けています)」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。

又、過去の副業の確定申告をしていない方の期限後申告の代行も得意業務としておりますので、ご遠慮なくお問合せくださいませ。

医療機関の看護師さんや、歯科で働く歯科衛生士さんの副業は非常に多いのです。

看護師が副業しているケースは多いが、本業の勤務先にバレないの?

看護師や歯科衛生士が副業しているケースは意外と多い

副業する看護師たちの写真

看護師さんが副業・兼業・投資をされているということは意外と多いです。

これまで副業がばれないようにしたいという方々から非常に多くのご相談を受けてきましたが、看護師さんや歯科衛生士さんで副業をされている方は意外と多いものです。それだけバイタリティーに溢れている方々が多い業界なのかもしれないですね。本業と同様に、他の医師や歯科医師の運営する機関で副業をすることもあれば、全く異なる業種に取り組まれたり、投資を頑張られているケースもあります。

看護師さんや歯科衛生士さんが本業として勤務されている医療機関歯科クリニックでは、副業・兼業をすることに対して厳しくないところもあれば、副業禁止としているところもあります。

ただ、就業規則の上では副業禁止となっているところであっても、実態としては容認しているというところもあるようです。医療機関などで働く医師の方も看護師の方も他のところで副業・兼業をしていることがかなり多いために、暗黙の了解のような形で容認されてしまっているようなこともあるようですね。

ただ、できる限りは、副業に関しては勤務先にばれないようにしたいというものではないかと思います。

副業をしたら税金確定申告が必要となりますが、その際には、副業に課税される住民税を普通徴収として、本業の病院・クリニック等に副業の住民税の請求がなされないようにしたいものですね。副業をしていることを院長や上司が知ってしまって評価を落としてしまうようなことは避けたいものです。副業がOKとされている組織であっても、結局そこで働く看護師さんや歯科衛生士さんの査定を行う方が副業・兼業に対して悪いイメージを持っているのであれば、マイナスの評価を受けかねないですし、そのようなことがあればとても悔しいことだと思いますので。

病院や歯科クリニックの就業規則は念のために確認しましょう

本業の病院やクリニックの就業規則は念のために確認しましょう。就業規則を読んでみると意外な事実が判明することもあるのです。例えば、副業が禁止だと思っていたら、「そのような条文は一切、就業規則になかった」とか「アルバイトは駄目だけど個人事業(個人ビジネスや業務委託の仕事)は認められていた」と言った例はよくあることなのです。

就業規則は病院やクリニックに備え付けてあると思いますので、一度確認してみてください。小さな病院やクリニックですと置いてないこともあるのですが、通常はきちんと備え付けれられているはずです。

なお、国立病院に勤務されている場合は公務員の副業禁止の法令が適用されるので、ほとんどの場合は禁止されていると言えるでしょう。今後徐々に公務員の副業禁止ルールが緩和されると思いますが、それと共に副業できる環境が整うのではないでしょうか。

看護師さん、歯科衛生士さんが副業をしたいと思う理由

看護師さんや歯科衛生士さんのご相談に応じていると、副業を始めた理由が意外なところにあったりもします。もちろん、副収入を得てもっと豊かな生活をしたいという理由も多いのですが、意外と「病院以外の世界も見てみたい」とか「歯科以外の世界も見てみたい」という理由が多いのです。一般企業のサラリーマンでもあっても「他の仕事を体験してみたい」という理由はあるのですが、看護師さんや歯科衛生士さんの場合は特にこの傾向が強いのではないかとは感じております。

他の世界を見てみたいと好奇心を持たれること自体が、非常にビジネスマン向きであるとさえ思うのですが、選択する副業に関しては少しだけご注意ください。副業がばれないようにされたいのであれば、病院・訪問看護ステーション・歯科クリニックなどの本業の勤務先の同僚からはできる限り見つからない場所で働きたいものです。万一にも副業をしている現場を見られてしまうと、一発でばれてしまいますので。

もちろん、その発見してしまった方が優しい方であればわざわざそれを病院やクリニックに報告しないとは思うのですが、やはりできる限りは見られないようにしておいた方が安全と言えるでしょう。

看護師さんや歯科衛生士さんの最も本業にばれやすい副業

副業している歯科衛生士のクリニックでの写真

働いている歯科クリニックや病院には副業は内緒にしたいものですよね。

看護師さんや歯科衛生士さんが行う副業の中で最も本業にばれやすい副業は、同じ業界の仕事を行うことです。健康診断の手伝いを行って日当をもらう看護師さんで、そこで会った同じ業界の人を通じて本業の病院の人にばれたとおっしゃっていた方がいらっしゃいました。

幸いにして、ばれてしまった相手方の人が良い方だったので、病院の人事部門を初めとして、他の方には伝わらなかったようですが、やはり本業の近接業務の副業・兼業は一定程度のリスクがありますよね。

できる限りは、現在の本業とは関係性が薄い仕事を選ばれることをお勧めいたします。

住民税を普通徴収にすることができる副業がおすすめ

とにかく副業がばれる確率を低く抑えたいという場合には、仕事の対価が業務委託契約に基づく報酬として支払われるところで働くか、個人ビジネス(個人事業)、不動産賃貸業や太陽光発電による売電を行うことをお勧めしております。業務委託の報酬や個人ビジネスの場合には、雑所得又は事業所得と言う所得区分で税金の確定申告を行うことになりますし(売電も同様)、不動産賃貸業務であれば不動産所得と言う所得区分となります。

雑所得事業所得不動産所得の副業の場合には、住民税の徴収方法を普通徴収と言う方式にしてもらうことができます。給与となる副業は特別徴収と言う方法を強制されることが多くあり、この場合には副業から発生する住民税が病院やクリニックで支給される給与から天引きされますが、普通徴収とすることができると、副業の住民税の請求はご自宅に送ってもらうことができるのです。自宅に届いた納付書を金融機関に持って行って自分で納税をすればよいので、病院やクリニックにばれないで済みます。

※たまにホステス業は会社にばれやすいかどうかを尋ねられることがありますが、ホステス業は個人事業主に該当するので、会社にばれる可能性は非常に低いです。ただし、アルコールの入るお仕事ですので、体力面で大変なことも多いようですので、体調管理は大変になるかなと思います。

ただし、もう少し話は複雑で確定申告書に記入する「所得から差し引かれる金額」などの金額などにも注意が必要であるため、副業バレをしたくはないという看護師さん、歯科衛生士さんは一度は私達の税理士事務所にご相談くださればと思います。ばれるかどうかを心配して副業をするよりも、そういった不安を排除してお仕事に集中された方が、より良い成果が出るのではないかと思います。

投資は副業ではないので、副収入が欲しい看護師・歯科衛生士さんにお勧めと言えます。

株式投資仮想通貨投資FX投資などに関しては、そもそも副業に該当しない可能性が高いと言えるでしょう。労働の対価としてのお金を得るのではなく、お金にお金を稼がせるという性質のものですので、投資することを病院や歯科クリニックなどで禁止しているケースは非常に少ないのではないでしょうか。

もちろん、投資を失敗すると損失が出ることもあるため、慎重に行ってくださればと思います。又、専業のトレーダーではない以上は、短期トレードは難しいので、ドルコスト平均法を実践するなどして、中長期的な目線で利益が生まれるような投資を行いたいものです。

リスクはあまり踏まずに利益を出したいという看護師さん、歯科衛生士さんは、投資先の商品選びを慎重に行ってくださればと存じます。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。