副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

一度は副業、兼業、サイドビジネスについて税理士事務所に相談しましょう
副業がばれない方法に関して

副業がばれない方法に関して、これまでに6,000件以上のご相談に応じて参りました。「勤務先の会社にばれないようにするにはどうすれば良いか」は、副業をされている皆様にとってはとても重要な問題です。それにも関わらず、インターネットサイトや雑誌に掲載されている情報は中途半端なものであったり、誤りを多く含んでいることに大きな問題を感じております。

副業はほとんどの場合は住民税という地方税を通じて会社にばれるのですが、我々は税金の専門家集団である税理士事務所として、正しい情報を皆様にお伝えしたいと考えております。

他のサイトとは一線を画すレベルの細かい情報をこちらのサイトには載せておりますし、絶対に会社にばれることは避けたいという方にはバレないためのガイドをお配りした上で、税理士事務所による相談サービスも実施しております(相談権付きのガイドをご用意しているのです)。副業がばれないようにするには、その会社員の方一人一人の状況に応じた対策が必要となるため、最終的には直接にご相談をいただいて、しっかりと対策を示したいのです。

重なる税制改正等により、個別にコンサルティングを行わなくては解決できないような複雑な状況にある方もいらっしゃいます。

例えば、年末調整で「給与所得者の配偶者控除等申告書」という、副業バレに直結する書類が加わっています(つまり、平成30年11月からは年末調整で副業がバレるリスクがかなり大きくなっています!ここは本当に要注意ポイントで、マイナンバー制度よりもはるかに危険です!)。

マイナンバー自体は直接的な脅威とはならないのです(マイナンバー経由で副業の無申告がばれて、かつ、納税資金がない場合は本業にばれる可能性があります)。

そういった方にも適切なアドバイスをして、ご安心いただければと思います。その方によってケースバイケースではあるので、100%とはなりませんが、多くの場合はリスクをほとんどなくせるのではないかと思っております。

なお、副業がアルバイトなどの給与所得の場合には、会社にばれるリスクを排除できるか否かは、その方が居住している市区町村の役所の住民税徴収方法によって変わります。副業の所得に対して課税される住民税の徴収方法として普通徴収を認めてくれる役所ですとリスクヘッジできるのですが、そうでない場合は、どうしてもリスクを消せないことがあるのです。しかしながら、我々のガイドをご覧いただければ、「自分が住んでいる役所だと副業がばれやすいかどうか」を確認できるようになっています。結果的に普通徴収対応をしてくれずにリスクヘッジできない場合には我々は相談権付きガイドの料金をきちんと返金しておりますので、ご安心ください。

※副業がアルバイト以外の個人ビジネスや不動産投資、その他投資の場合には、基本的に住民税から副業がばれないようにできます。事業所得や不動産所得、雑所得となる副業の場合は基本的には普通徴収ができるためです。「基本的には」と申し上げますのは、年末調整や確定申告時の所得控除、住宅ローン控除の状況次第では普通徴収はできなくなるので、絶対にとは言えないのです。ただ、これらの年末調整や所得控除のリスクの問題も、きちんと対策すれば問題ないでしょう。

 

我々の税理士事務所は、副業がばれない方法に関しては先駆者的な存在として情報提供を行ってきました。雑誌などでも何度も取り上げていただいております。しかし、残念ながら、その情報を少し言葉を変えて転載されるなどの事態が相次ぎました。常に最新の制度に対する対策を我々が先行して編み出しても、あっという間に盗用され、それをビジネスにまで使われてしまうという事態が続いてきました。しかも、税金に関して詳しくない方が他のところで知った情報と我々の情報を混ぜてしまってネット上に掲載するので、結果的には「誤解を与える情報」や「誤った情報」になってしまっているのです。この点に関しては非常に危機感を感じております。我々の税理士事務所は、きちんと皆様に副業がばれない方法を理解していただき、後になって誤った情報を鵜呑みにしたことを後悔して欲しくはありません。

なお、我々には、バレない方法に限らずに、経営や税務(節税等)など、皆様のお役に立てる知識や経験がございます。ガイドをお申込みくださった方には、節税等に関してもどんどんご質問いただきたいと考えております。

副業が会社にばれないための記載事項の写真

確定申告書の第二表の住民税に関する事項において「自分で納付」を選択すれば、会社に副業がバレないとお考えの方がいらっしゃいますが、それだけでは不十分なことも多くありますのでご注意くださいませ。

副業がばれないようにするための流れ

通常時のポイント

通常時は、たまにで良いので、自分の役所に電話を入れて副業の住民税の徴収方法に変更がないかを確認することが大切です。副業が個人事業や不動産投資、その他の投資の場合は問題ないのですが、副業が給与所得の場合に限っては、稀に役所の対応が変わる可能性があるため、たまに確認を行いたいところです。

又、寄附金控除目的の寄附を行ったりしないことも重要です。住宅ローン控除を組むことで副業バレのリスクが大きくなることもあるので、副業をされている方がローンを組む場合は事前に税理士に相談しておきたいところです。画一的なばれないための方法はなく、各々の納税義務者の状況により、対応策が異なるのです。反対に言えば、ご自身の注意すべきポイントを知っていれば、住民税から副業がばれることは防止できるのです。

年末調整

副業がばれるか、ばれないか、という問題は確定申告が最も大きなポイントになります。しかし、年末調整でも注意が必要です。控除項目の申告漏れなどがありますと、副業に対して課税される住民を普通徴収にしてもらえなくなる可能性があるのです。副業を本業の会社に内緒にするためには年末調整も大きなポイントであることをご認識ください。

「給与所得者の配偶者控除等申告書」の取り扱いにも十分に気を配りたいですね。ちなみに、一番きついのは、給与所得だけなら配偶者控除を利用できるけど、副業の所得を含めると配偶者控除の適用対象外となってしまうパターンです。この場合は、そのまま年末調整すると、会社にばれる確率がかなり高まります。

確定申告

確定申告では普通徴収の項目を選択すれば、必ず普通徴収にしてもらえるとはお考えにならないでください。確定申告用紙で普通徴収を選択したとしても、所得控除や住宅ローンの関係で普通徴収にできず、会社に副業の住民税の通知が送られてしまうことがあるのです。医療費控除がある方も副業バレのリスクが出てきますので、確定申告時には医療費控除をいくらまでなら使っても良いかなとをしっかりと検討する必要があります。

ちなみに、確定申告をしなければそもそも住民税がかからないから副業が会社にばれることもない、とは決して考えないようにしてください。非常に危険な考え方であり、無申告にしてしまうことによって、返って会社にばれやすくなることもあるのです。

又、副業の儲けが20万円以下だと何も申告をしなくても良いと勘違いされている方がいらっしゃいますが、20万円以下で税務署に確定申告を行わないのであれば、代わりに市区町村の役所に住民税の申告を行う義務があります。申告しないと、後から役所から申告をするように連絡が来てしまう可能性が高いでしょう。

※確定申告時には、副業がばれないような対策を打つとともに、少しでも税金が安くなるように合法的な節税策はきちんと利用しましょう。節税策に関しても、我々にご相談くださいませ。

確定申告後

確定申告をしても安心しきってはならないのです。その後の4月にも対策を打って、副業ばれ対策を万全なものとしてください。市区町村の職員は配置換えが激しく、ミスをすることもあります。ミスをさせないための一工夫も必要なのです。

これまでには、普通徴収を選択したのに役所の職員のミスで特別徴収になってしまい、会社に副業を疑われているという方からの相談を多く受けています。そうなってしまってしまう前に我々にご相談いただければなんとかなるのですが、既に特別徴収にされてしまっているとどうしようもないのです。そのくらいこの4月の役所への確認作業は重要なのです。

副業・兼業をされる方を応援したい。私達の想い。

私達の税理士事務所がどうありたいのか、こちらで説明させていただきたく存じます。

副業・兼業と言われるようなサイドビジネスに関して、極めて真面目に研究している税理士事務所でございます。「中途半端なお役に立てない情報提供をして、お客様からお金をもらって」というようなことはしたくないと考えております。そして、皆様のご質問に対しては、きちんと誠意を込めて丁寧に回答していきたいと思っております。副業がばれないかどうか、どんな副業が人気があるのか、副業の所得にかかる税金を節税して少しでも安くしたいなど、皆様にはご遠慮なくどんどんご質問いただきたいと思っております。

令和の時代においても、副業をされる方は増々増加すると考えられており、少しでも多くの方のお役に立てればと存じます。

副業を容認する企業はどんどん増えていますが、それでもやはり、副業をしていることを会社に知られると不利な査定とされそうで怖いなどと思い、ばれないようにしたいとお考えになる方が大半です。就業規則で認められているとしても、副業をしていることはできるだけ内緒にしておきたいものです。そのようなご希望にお応えできるよう、最大限のアドバイスをさせていただきます。

ここからは代表者の私、齋藤の個人的な考え方でございます。人生は、レールが敷かれているものでもなければ、道路もないと思っています。自分の意志で、極めて自由に、好きな方向に向かって生きていけるものだと思っています。周囲の人と同じような生き方をする必要も全くないと思っています。もしも「こうなりたい」という想いがあるのであれば、「社会一般の普通の生き方」にとらわれて生きるのは、本当にもったいないことだとさえ思っています。

道徳や法律に反しない限りは、自分が思い描く理想に向かって進んで行って良いと思うのです。後でやり残したことがあって後悔するよりは、一度の人生ですから、理想に向かって自由に進んで行けば良いのだと思います。そして、思い切り楽しめば良いと思っています。実際に、毎日をとても楽しみながら生きている人を私は多く知っていますし、それはとてつもなく幸せなことだと思っています。

当税理士事務所では、副業(兼業)が会社にバレない方法内緒にする方法)、確定申告や年末調整や節税といった税金の話や経営・お金のアドバイスをさせていただいております。しかし、本当に願っていることは我々と関わった方が理想に近づき、成功して、人生を一層豊かなものとしてくれることです。皆様が副業を通じて、より豊かな毎日を送ってくださればと願っております。

こちらのトップページをご覧くださり、誠にありがとうございます。副業をされている方、これから副業を始めたいと思っている方、いつか起業したいという方、色々な人と知り合いたいという方、そういった方々との出会いを楽しみにしております。

サービス案内、副業がバレない方法やサイドビジネス経営関連の人気記事。

副業がばれない確定申告方法

副業がバレない申告方法を説明する税理士の写真

確定申告で副業・兼業が会社にばれたくないという方はこちらをご覧ください。

副業起業の方法を説明する税理士の写真

開業手続きについてはこちらをご覧ください。副業起業の手続きのご説明です。

副業で夢を追う!

サイドビジネスを始める女性の写真

副業で夢を追いかける人は多いのです。実際に叶えた方も多くいらっしゃいます。

副業がばれる理由

副業がばれる仕組みを説明する税理士の写真

副業がばれる理由を住民税の観点から書いたページです。ほとんどの場合は住民税からばれるのです。

社会保険と副業の関係を説明する2名の税理士の写真

社会保険(健康保険や厚生年金)を通じて副業が勤務先にバレる理由や、バレを回避する対策についてはこちらです。

簡単にできるな副業とは何?

おすすめの副業を案内する会計事務所職員の写真

どんな副業(兼業)をしている方が多いのでしょうか?その点について説明しています。

よくあるご質問

ビルの写真

よくあるご質問に関してはこちらをご覧ください。

サービス紹介とお申し込みのページ

お申し込み方法を説明する税理士の写真

副業起業塾お申し込みのページはこちらです。

年末調整と副業

年末調整と副業の関係を調べるイメージ写真。

年末調整と副業についてはこちらをご確認ください。

副業がバレない方法やサイドビジネスに関連する最新情報

こちらでは、随時、副業がバレない方法やサイドビジネス、経営等に関する最新情報を掲載していきます。

2019.11.12 副業で事業を行う場合は事業税が課税される場合と課税されない場合とがあります。業種や事業の行い方によって異なりますので、一度事業税を管轄する地方事務所(都税事務所や県税事務所など)に問い合わせてみてください。

2019.11.4 年末調整の際に扶養控除等申告書で扶養控除や配偶者控除の記載をせずに所得控除を受けないにも関わらずに確定申告でこれら所得控除を利用すると副業がばれる可能性が出てきますのでご注意くださいませ。

2019.10.29 年末調整の際には、所得控除の申告漏れにはご注意ください。こちらの申告漏れは結果的に副業バレにつながることがございます。

2019.10.21 これからは年末調整の時期となります。年末調整のミスで副業がばれたりしないように注意が必要です。

2019.10.12 台風など、災害を受けたような場合には雑損控除という税法上の減税制度がございます。被災者の方々はこのような制度もご検討くださいませ。

2019.10.7 早い会社ですと、今月から年末調整の用紙が配布され始めます。年末調整でも副業バレにはご注意くださいませ。

2019.10.1 本日より消費税が増税されました。軽減税率の適用も開始しましたので、会計ソフトへの入力の際、消費税コードはよくご確認くださいませ。

2019.9.26 消費税増税が来週に迫っております。事業所得や雑所得がある方は、請求書等の税率にご注意ください。

2019.9.16 副業を開始した際、事業所得、不動産所得、山林所得に該当する場合は、税務署へ開業届の提出が必要となります。

2019.9.10 副業人口はアルバイトなどの二か所給与の形式の方でも100万人超はいると言われています。今後も増々増加していきますが、社会一般的にも容認する雰囲気となってきています。今後は副業可能とする企業が増加するでしょう。

2019.9.2 副業がバレない手順に関しては、「こちらのサイトが最も詳しいサイトである」という気持ちで記事を執筆させていただいております。より多くの皆様のお役に立てるよう、有用な情報を提供していきたいと思います。

2019.8.28 9月は7月決算法人の確定申告期限となりますので、副業で7月決算の法人を所有している方は準備を進めてくださればと存じます。

2019.8.24 副業がばれない方法に関するサイトがどんどん増えています。しかし、不正確な情報も氾濫しているため、一度は専門家にご相談いただきたいところです。

2019.8.20 10月1日から消費税が10%に上がります。古いバージョンの会計ソフトをご利用の場合は対応できないので、アップデートをしてくださればと存じます。

2019.8.16 副業に対して寛容な就業規則に変更する会社が今年も増々増加しています。現在禁止されている会社でも、近いうちに解禁される可能性は高いでしょう。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー