副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士作成の「副業が会社にバレない方法のガイドブック」無料公開してます。

今開いてるページの記事を読む前に下記ガイドブックをご覧ください。副業バレの仕組みを知らずにインターネットで調べ続けても答えにたどり着くことはほぼ不可能で意味がないためです。下記ガイドでは「ばれる理由」「確定申告や年末調整のポイント」「副業収入20万円以下は申告不要という誤情報を鵜呑みにして副業がバレる人が多いこと」「確定拠出年金や生命保険料控除などの所得控除の誤った処理でバレる人が多いこと」「住宅ローン控除と副業バレについて」「マイナンバーと副業バレの関係」をはじめ、結論として「99%副業がバレないようにできる方法」も書いてあります

ガイドブックの最初にやるべき「最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)」は早い方が効果的であり、今からですと、2022年10月末までに行ってください。

上記のガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめます(公開終了すると見れなくなるので、保存しておくことをおすすめします)。

こちらのガイドブックの概要や、税理士 齋藤一生によるガイドの内容の解説動画は以下のページでもご覧になれます。

ガイドブックの目次や動画解説はこちらのページにあります

会社員で勤務先に副業がばれた人の体験談

副業がばれた体験者のイメージ

会社に秘密にしたいと思っていた副業がばれる体験はしたくないですよね。

こちらのページでは実際に副業がばれた人の事例(体験談)をご紹介したいと思います。どの事例に関しても思うのは、しっかりと対策したり、注意しておけば、防げたものであるということです。

下記に挙げるような事例のご経験は辛いものですし、こちらのホームページをご覧の皆さまにはこういったことにはなって欲しくないものです。ひとつひとつ確認して行ってもらえればと思います。

なお今ご覧のページでも副業バレの体験談について説明しますが、根本論として、実は、こちらのページの対応策をとることで、副業が会社にバレる確率は非常に低くなりますので、後ほどリンク先のページをご確認ください。

体験談その1 退職した友人がしゃべってしまってばれた

副業をされていた方の中によかった同僚が会社を退職されたようです。その組織から出て行ってしまった方に関しては、会社の人間ではないから話しても大丈夫だろうという気持ちになってしまい、ついつい副業(個人事業)をしていることをその退職した元同僚に話してしまったそうです。これが結果的には、副業がばれた原因となるのですが、副業をしていることを伝えた元同僚が会社に在籍し続けている別の社員にそのことを話してしまったそうです。

そこから人づてに伝わって上司から注意されることになってしまったようです。注意程度で済んだのですから、まだ運が良かったと言えるかもしれません。

この体験談から学べることは、「どんな状況、どんな相手であっても副業の話はしてはいけない」ということですね。人の噂はコンピュータウィルスのようにどんどん広がると言いますので、話さないことが一番なのです。

体験談その2 市役所のミス(申告書提出も会社が要求)

こちらの方の体験談は、とてもかわいそうになります。住民税が特別徴収されて副業が会社にばれたりしないように、きちんと確定申告では普通徴収を選択したのですが、市役所の職員が誤ってそれを処理してしまいます。普通徴収とはならずに特別徴収として会社に送られてしまい、疑われてしまったとのことです。役所にクレームは言ったものの、何か責任を取ってくれるわけでもありませんでした。

これはやり過ぎだろうと私は思いますが、最終的には会社が確定申告書の控えを会社に提出するように求めてきたということです。

実は、こういったミスでばれるケースは結構多いと思います。と申しますのは、ばれないで済んだけれども、「市役所や区役所のミスで特別徴収で住民税の通知書を送られた」という話は何度も聞いたことがあるためです。こういったミスを防止するために、確定申告後に役所に電話連絡したり、又は直接訪問して処理状況を確認して、ミスしないように念押しすることが大切なのです。このあたりに関しては、こちらのホームページで取得できるガイドブックでもそうですし、たまに開催するセミナーでも力を入れて説明させていただいております。

体験談その3 取引先と結託して不正をして発覚

これは非常に良くないケースで一歩間違えると逮捕・起訴されるような話です。税務調査で副業が会社にばれたケースですね。

こちらの方は、本業の取引先の従業員の人と結託しました。取引先の工場で出てくる使えない材料(鉄くずなど)を横流ししてもらって、それを販売しました。そこで得た利益を自分と取引先の従業員で山分けしていたという状態です。

しかし、取引先に税務調査が入り、「鉄くずを売って現金を得ているのにそれを売上から除いているのではないか?」と、取引先の社長が疑われました。しかし、身に覚えのない社長が調べていく中で、横流しが行われていることが発覚します。そこでこちらの人は取引先の社長にその事実がばれるのですが、更にその社長が勤務先の会社にも連絡したことによって、勤務先の会社にも横流しで副収入を得ていたことがばれたのです。

副業をすることは良いのですが、こういった犯罪になってしまうタイプの副業は絶対に避けましょう。取り返しのつかないことになってしまい、後悔することになるでしょう。絶対に体験したくないですからね、こういう経験は。

体験談その4 特別徴収税額変更通知でばれた

副業でアルバイト収入(給与所得)を受けていた方の話です。本来ですと必要な税金の申告を無視していたようです。無申告になっていたのです。しかし、区役所がその年の住民税を一度決定してしばらくしてから、他にも給与収入を得ていることが気が付き、会社に住民税の増額通知が送られてきました。所得控除の追加などで確定申告をして減額されるのであれば良いのですが、変更通知が送られてきて増額となってしまう場合は基本的には「別の収入がある」と疑われてしまうでしょう。

申告をしてない場合には、必ず市役所や区役所が「申告をしてないですよ」と声をかけてくれるわけではないですし、後からら副業の収入がわかると、連絡なしに特別徴収税額を変更してくることもあるので気を付けたいですね。不自然な時期に住民税増額の通知が来ると、さすがに会社に副業を疑われてしまうのではないでしょうか。

対策すれば住民税からの発覚確率は低い

こちらのページでは、実際に副業がばれた際の事例(体験談)を掲載させていただきました。最初に述べましたように、結局は、注意していればどれも防げるものであったということができるのではないでしょうか。

これから副業を始める方、既に始めている方は、法律的に必要とされている確定申告を行うことはもちろんとして、他の部分に関して対策を取って、会社にばれないようにしていってくださればと思います。少なくとも、バレないようにしたいから、確定申告はしないという判断はしないようにしましょう。税務署は無申告に気が付くのは割と早いですし、それが税務署に知られると、高額な加算税という罰金や延滞税という利息を徴収されることになってしまうので注意が必要です。

対策さえしていれば、発覚確率というのは本当に低いと言えるのです。もちろん、そもそも副業を応援してくれるような社風で、気にせずに副業できる環境であれば最も良いと言えるのですが。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

無料で公開している「副業がバレない方法のガイドブック」の内容を実践していただければ、副業は根本的にほぼバレないようにできますので必ず目を通してください。

解説動画も付けたので、そちらも是非ご覧ください。なお、期間限定なので、将来的に副業したい人も、今のうちに手に入れて保存しておくことをおすすめいたします。

副業が会社にバレない方法のガイドブックの目次は下記です

1.副業がばれる理由

2.年末調整における注意点

3.確定申告における副業がばれないための対策(確定申告後の4月に行わなくてはならない対策も記載してます)

4.「副業が20万円以下だと申告しなくても良い」は嘘

5.マイナンバーで副業がバレるかどうか

6.2023年導入のインボイス制度で副業がばれるかどうか

7.最初にやるべき最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)

※「7」の対策はできる限り早い方が効果的なので、2022年10月末までに行っていただきたいところです。

ガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめますので、副業バレで悩んでいる方以外はアクセスは避けてください。

こちらのガイドブックの解説動画は下記のページにありますので、是非ご覧くださいませ。

ガイド、動画では、下記のように資料も交えて説明しているので、副業バレについて、しっかりと理解できるかと思います。無料ですし、間違いのないコンテンツなので、ご覧いただき、副業が絶対にバレないようにしてください。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

当税理士事務所メンバーの写真です

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。