副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

副業バレに関しては、「直下のリンクページのような内容の根本的解決方法であり、かつ、ばれないようにするなら最初にやるべきこと」を実践しなければ、インターネットで何度も「バレない方法」を調べ続けても永久に問題は解決せず調べ続けることになります(この方法でバレた人は今までに0人です)。

いきなり住民税の普通徴収の方法や副業バレの注意点を学んでも、下記の「副業がバレない方法」のページの内容を実行しないと、バレるリスクがそこそこ残るので、意味がないのです。

なお、2022年の副業がバレないようにしたいなら、なるべく2022年7月末までに直下のリンク先の対策を行ってください。

いくら稼ぐと副業がばれるか(いくら以内だと会社にばれない?)

いくら以上稼ぐと会社にばれるという基準はあるのか?

副業する女性のイメージ写真

いくら以内の稼ぎであれば副業が会社にばれない、又、いくら以上の稼ぎだと副業が会社にばれる、という基準となる金額はあるのかどうか、疑問を持たれる方は多くいらっしゃいます。

結論から言うと、いくら以内であればばれないといった基準の目安金額をはっきりと申し上げるのは難しいのです。きちんと副業バレ防止対策を打てていれば、極端な話、副業で5,000万円、1億円の利益を出したとしても会社にはばれないのです。結局のところは、副業での稼ぎが10万円であっても、1億円であっても、住民税を普通徴収としたり、社会保険上の問題が生じない場合には、会社としてはその稼ぎの額に関わらずに、副収入の存在自体と知ることができないのです。もっと極端な金額として、10億円の副業収入があったとしてもやはり同じことなんですね。そういった理由で、いくら以内ならばれないという基準はないと申し上げているわけなんですね。つまり、対策だけしっかりしていれば、別にいくら稼いでも問題とはならないのです。まぁ、億単位で稼いだら、普通はそれを本業とするために、会社を退職してしまいますので、ばれるとかばれないとかは気にならなくなるのが現実だとは思いますが。

ただし、もしも副業がばれないための対策に誤りがあった場合には、その副業の稼ぎの金額によって、会社にばれやすくなることもありますので、この点に関してはこちらのページで説明していきたいと思います。

対策に失敗したときは、稼ぎが大きいとばれやすくなる

もしも対策に失敗してしまった場合には、副業の稼ぎが大きい場合には、会社バレする確率も上がるということを上記で申し上げましたが、その理由を説明します。

まず、対策に失敗するということは、つまりは、副業に課税される住民税を普通徴収にできなくなり、会社に副業の住民税が請求されてしまう状態と言います。そうなると、副業の稼ぎが大きければ大きいほどそこに課税される住民税額も大きくなっていきますので、会社に請求される金額も高額になっていくわけです。

例として、副業の稼ぎが10万円の場合には、会社に請求される住民税額は年額1万円となります。本業の給与収入に係る住民税にこちらの金額が上乗せされるわけですが、正直なところ、あまり目立たない金額ですので、気が付かれない可能性が大きいでしょう。副業の住民税は本業の住民税とは別の用紙で送られてくるわけではななくて、同一の用紙で通知されますし、納付書も本業と副業の住民税の合計額が記載されたものを使って会社が納めるので、副業をすることにより増加する住民税額が1万円となる場合には、会社の人もほとんど気が付かないのではないでしょうか。

一方でもしも、副業の稼ぎが500万円である場合には、会社に請求される住民税額は10%の50万円となります。こうなってくると、さすがに目立ちますよね。ばれやすくなると言えるわけですね。

いずれにしても、対策で失敗せずにきちんと普通徴収としている場合には、10万円の稼ぎでも、500万円の稼ぎでも、会社の人にはばれないのですが。

一般的な副業の稼ぎの金額(平均的な稼ぎの金額)

一般的な副業の稼ぎの金額はいくらくらいなのでしょうか。平均に関して考えるとともに、その金額であると会社にばれる確率がどのくらいも考えていきましょう。

副業の平均月収は、日本経済新聞の「副業の実態・意識調査」によりますと、平均月収は5万円から9万円と言うことです。大体全体の2割くらいの方に関しては5万円から9万円の枠に入ってくるのです。副業をする目的が「収入補填」にある方も多いため、生活を少し豊かにする程度の金額を目指されるので、このくらいの金額になってくるのでしょう。

さて、これくらいの金額ですと、会社にばれるのでしょうか。まずは、既に述べたように、きちんと住民税を普通徴収にできたのであれば、住民税からばれる心配はないと言えますね。問題となるのは、もしも副業バレ対策に失敗してしまった場合です。

5万円から9万円となると、それがもしも雑所得・事業所得の利益である場合には、年額で6万円から10.8万円の住民税増加額となります。個人的な意見ではありますが、本業の年収が高く、そもそも住民税額が年額で50万円出ているような方であれば、気が付かれない可能性が高いと思います。一方で、元々の住民税年額が10万円の方の場合には、「何んだか住民税が高くないかな」と思われてしまう可能性が高まるでしょう。

いずれにしても、副業でいくら稼いでも、結局は副業の住民税を普通徴収とできると問題とはならないでしょう。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

最近は副業がばれるケースが増加してると思います。そういった方は、ネット上で、住民税が増えないようにすることばかりを調べているのです。

結論を言うと、下記のページをご覧いただいておけば、副業は根本的にほぼバレないようにできるので、必ず目を通してください。

どんなに調べ続けでも、以下の根本的対策をしないなら、永久にバレるリスクが残るので、あまり意味はないのです。

おそらく、読み終わってから「なんだ、その手があったか」とか「色々調べたけど、最初からこうすれば、もう副業バレについて調べ続ける必要がない」と思っていただけ、又、ホッとご安心いただけると思います。

ただ、このように書いても、実際に行動してくださるのは10%未満の人であり、他の人は「目の前に無料でできる副業バレ防止の完全な答えがあるのに、それをせずになぜかまた繰り返し検索してネットをさまよってしまう」ことになり、結局ばれてしまったりするので、今こちらをご覧の皆様はきちんと簡単な対策を完了してください。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついています。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。