副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで、本気で学べる起業塾です。

「副業がばれない方法」と「節税」に関して11月23日にセミナーを開催!

場所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(日本橋駅、東京駅の近くです)

日時:2019年11月23日 13時40分~16時30分頃(13時15分より受付開始)

副業がばれない方法に関するセミナーは世の中にはほとんどないと思われますが、これからの年末調整確定申告の時期にどうすれば会社にばれないで済むのかと悩みの方も多いため、セミナーを開催させていただきます。併せて「節税方法」「副業に強い税理士だからこそ知っている、実は利益を大きく出せる副業の具体例」も紹介いたします。

セミナー申込のページはこちらをクリック

 

在宅の副業、内職とは何か、また、自宅でできる在宅ワークは本業の会社にばれないかなど。

在宅ワークの副業

在宅ワークを自宅でする女性の写真

在宅ワークは女性に人気です。しかし、男性でも在宅ワーカーは増加していると言われています。会社員の方がダブルワークとして行うケースも増加していくでしょう。

在宅ワークの副業とは、意味定義付けるとしても、言葉、そのまま「自宅で行うことができる副業(兼業)」のこととなります。ただし、より細かく言うと、雇用されないスタイルで仕事をすることを正確には在宅ワークと言うという説もあります。一般的には、雇用されない形態でも雇用される形態でも、在宅ワークとまとめて表現されることも多いのです。

自宅で行うことができる副業ですから、「アフィリエイト」や「転売業」など、あらゆるものが含まれてきます。その他、一般的には「在宅の副業」とか「在宅ワークの副業」と言うと「データ入力」、「商品の組み立て」や「商品の封入」、「シール貼り」といったような内職のイメージに近いものなど、第三者から依頼を受けて行う仕事を指しているとイメージされることも多いでしょう。

こちらのページでは、在宅ワーク・内職が勤務先の会社にばれるか、ばれないかという問題、在宅ワークと内職の違いおすすめの仕事・職種や平均月収確定申告が必要か不要かなどに関して順番に説明いたします。

在宅の副業を実際にしている写真。

在宅ワーク、内職は、自宅で作業スペースさえ確保すれば誰でもできる副業です。この点は非常に大きなメリットでありオススメと言えます。通勤時間がかからない分、その時間を労働に充てて、稼ぎに結びつけることができます。特に本業の仕事で日中の時間帯は忙しいダブルワーカーが在宅での副業を選択するのは合理的な判断と言えます。

在宅ワークは会社にバレる?バレない?

在宅ワーク副業は会社にばれるのでしょうか?それともばれないのでしょうか?

結論としては、その在宅の副業・兼業が個人ビジネス型である限りは、基本的にばれないようにすることが可能です。個人ビジネス型とはつまり、事業所得や雑所得として所得を獲得するスタイルのことであり、自分でネットビジネスを展開したり、第三者から業務委託請負の形式で仕事をもらって働くことです(雇用契約に基づいて働くわけではないというのがポイントです)。

一方で、アルバイトやパートと同じ様に雇用契約に基づいて働くのは給与所得となり、このスタイルの在宅の副業・兼業は、住んでいる地域の市役所や区役所住民税への対応によって副業バレするかどうかが変わってきてしまうのです。

ですから、副業許可が厳しい会社で働いている方が副業をバレないようにする場合は、前者のタイプの在宅の副業を見つけることが一番大切なポイントとなります。副業禁止なのか、申請制度なのかなど、在宅ワーク、内職を始める前に、きちんと就業規則をご確認ください。

在宅ワークと内職の違い

在宅ワーク」と「内職」の違いについて説明いたします。用語の意味の違いと言うことですね。

在宅ワークは、雇用されずに個人ビジネスを在宅で行うことを示すと考えられています。時間管理や仕事のペース配分なども自分の自由なのです。個人ビジネスだから、自己責任の要素が強く、労働関連法令で保護されていないのです。効率的に仕事をしたり、人ができない技能を使うと、大きく稼げる可能性があります。お金を早く貯めたいとか、少しの収入の増加では満足できないと言う場合には、在宅ワークを個人事業で行うのがおすすめと言えますね。

内職は、家内労働法の規定によって、最低給与や安全面、衛生面の保証などがある働き方であり、雇用形態の労働者として働くことを示しているのです。「最低工賃制度」や「安全及び衛星の確保」、「工賃支払の確保」などが細かく定められているのです。労働基準監督署の目が光っているので、業者も働く人にあまりに不利な労働をさせることはできません。

一般的には、両者はかなり混同して使用されています。求人の現場でも混同されていることが非常に多いのです。ですので、ここまで在宅ワークと内職の違いを説明したものの、職業選択の際には大きくはこれらの用語に影響を受ける必要はないでしょう。ただし、第三者から依頼を受けて在宅で仕事をする場合は、それが事業所得や雑所得となる個人ビジネス形態なのか、給与所得となる給与形態なのかはよく確認しましょう。

在宅ワーカーに人気のおすすめの仕事、職種

在宅ワーク在宅の内職オススメな仕事・職種として、以下のものはよく紹介されていますね。

 

・データ入力

・シール貼り

・フリマアプリ(メルカリなど)での物品販売

・ネット広告

・番組モニター

・HP制作代行(WEBデザイン)

・ロゴ制作代行

・イラスト制作代行

・記事執筆

・同人誌制作

・アクセサリー販売

・翻訳

・ガチャガチャのカプセルを詰める作業

・商品の組み立て、封入作業など

・会計事務所や一般企業から依頼されて行う会計記帳代行(特殊な仕事ができると、時間単価もかなり高くなります。1,500円程度もらえることも多い仕事です。)

・ハンドメイド作品の販売

・電化製品などのねじ止め

・カスタマーサポート

 

上記がよくオススメとして、在宅ワーク・内職の人気ランキングでも上位に入ってくる仕事ですね。しかし、自宅でできる在宅ワークは大変人気が高く、その他の仕事も多くありますので、在宅の副業をしてみようという方は、よく検討して決めてくださればと存じます。

アフィリエイトや転売などのネットビジネスも、分類としては、50%は在宅ワークに区分されると言えるでしょう。実際にはセミナーで勉強したり、アフィリエイトサイトの記事を書くために色々な所に外出したり、転売の物品を仕入れるために出掛けたりと、在宅ワークだけでは完結できない部分もありますね。

儲かる仕事は?在宅ワークの平均月収。

ここでは、在宅ワークの平均収入に関して記載したいと思います。HOMEWORKERSWEBなどでは、在宅ワークの収入金額に関してデータ公表しています。おおよそ、以下のような金額になるようです。在宅ワークが稼げるかどうかの、ひとつの指標になると思いますが、やはり、いくら以上だと「よく稼げている」と感じるのかは、人によって違ってきますね。

ただ、70万円以上の月収を稼ぐ方が3.6%いるわけですし、この金額は一般的な会社員の月収の2倍~3倍ですので、在宅ワークでもしっかりと効率的に稼げるということが証明されていると言えます。もちろん、副業・兼業で行うとなると、まったく同じ様にはいかないのですが。

在宅ワークの平均月収(端数処理の関係でトータルでぴったり100%とはなりません)
5万円以下 27.7% 30万円から39万円 8.7%
6万円から9万円 18.0% 40万円から49万円 4.9%
10万円から19万円 18.5% 50万円から69万円 5.1%
20万円から29万円 13.7% 70万円以上 3.6%

申告はしなくてはならない?

副業・兼業として在宅ワーク、内職をしたら確定申告必要ですので、必ず行いましょう。本業の会社の所得と副業の所得を合算して年税額を計算する必要があるのです。

そして、基本的には追加で所得税・住民税を納税することとなります(個人ビジネス形態の在宅ワークで利益が大きくなると事業税という地方税を支払うことになることもあります)。

ただし、所得税に関しては、副業の在宅ワークの収入から天引きされた源泉徴収税額が大きかった場合や医療費控除などの所得控除も併せて確定申告する場合には、還付となることがあります。予定納税額があり、その金額が大きい場合も還付となりますが、副業の場合には、予定納税が発生しているケースは少ないですね。

住民税に関しては、副業として行っている在宅ワークの会社ばれを引き起こす可能性のある税金ですので、気をつける必要がありますね。きちんと副業がばれない対策を立てましょう!

在宅の副業のメリット及びデメリット

在宅ワーク内職副業メリットデメリットについて説明いたします。メリットについては以下の3つが大きなものでしょう。

・在宅なので、移動時間のロスを減らせる。

・自宅でスペースが確保できれば行える仕事なので、転居した場合にも、続けられる仕事が多い。

・一人で作業するので、黙々と作業をすることが好きな人には向いている。

 

一方で、在宅ワークと内職のデメリットは以下のようなものでしょう。

・孤独であり、仕事のやり方に関して相談できる相手がすぐ近くにはいない。特に個人ビジネス型の場合は、孤独度合いが高まりやすくなります。

・仕事によっては単価が安い。内職、在宅が人気であればあるほど、単価が下がる可能性があります。

・同僚というものが存在しないので体調不良の場合にも自ら作業を行わなくてはならない。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者(税理士)の記載した下記のガイドとプロによるアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。なお、副業を始めて時間が経つと、その方の状況によっては対策を打ちにくくなるので、お早めにご相談くださいませ。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー