副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック(現在、丁寧な動画解説も付けています)」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。

又、過去の副業の確定申告をしていない方の期限後申告の代行も得意業務としておりますので、ご遠慮なくお問合せくださいませ。

即金を得るためにはどうすれば良いのか。又、税金の申告は必要か。

即金を得られる副業

副業で即金を稼いだイメージ

即金の支払を受けられる仕事も存在しますが、慎重に選ぶことも大切です。

通常の副業(アルバイトやサイドビジネス)の場合、締め日がありその後にお金(給与や報酬)が振り込まれます。そのため、副業・アルバイトを始めても実際にお金が手に入るまでの期間は、数週間後になるのが一般的です。20日締めの25日払いなど、割と早いこともありますが。

しかし、今すぐどうしてもお金が必要といった場合には、即金を得られる副業・アルバイトが非常に魅力的に感じられます。ただし、即金を得られることをうたって、実際には時給等の条件が良くない案件も存在するようですので、働き始める前に慎重に検討することが大切です。

又、即金であっても税金(所得税や住民税)の確定申告は必要ですし、税金を納める義務もあります。即金だから税務署にバレないだろうとはお考えにならないでください。税務署は結構しっかりと確認しているものです。なお、会社にばれない方法であれば、実行できる可能性が比較的高いので、こちらのホームページをよくご覧いただき、ご心配な場合は、当税理士事務所へのご相談もご検討くださいませ。

即金でもらった場合でも税金の申告は必要

即金の副業・アルバイトですと、即金による現金支給というケースが多く、その場合ですとお金を受け取った痕跡が残らないため、「会社や税務署・役所に副業の存在がバレないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実際には、即金であっても対策を取らなければ副業が会社にばれるリスクがありますし、税務署・役所にもバレてしまいます。次のようなケースで即金の副業が税務署に把握されます。

1.税務調査からバレてしまう場合

支払っている会社側はその支払ったお金を経費計上しており、記録に残しているからです。そのため、その支払っている会社に税務調査が入った場合には、税務署はそのお金について調査をします。支払の内容・支払った相手支払金額の妥当性などについて確認をしますので、その支払った相手が確定申告をしているかどうかはすぐにバレてしまいます。

2.支払調書からバレてしまう場合

また、税務調査以外にも支払調書といった書類からバレてしまうこともあります。この支払調書とは、事業者にルール付けられている制度で、その事業者が年間支払った報酬・給与・家賃などの情報を報告するといったものとなります。そのため、この支払調書が提出されていると、そのお金の授受が補足できていなくても、その副業の存在は分かっているということになるのです。即金だからと言って支払調書が税務署に提出されていないとは限らないのです。

 

上記のように、即金の副業であっても税務署・役所にバレてしまいます。その結果、お勤めの会社にもバレてしまっては大問題になってしまうので、正しい対策を採って、きちんと申告をされることをお勧めします。申告はきちんと行って納税もして、かつ、副業がばれない対策を講じるというのが最も良い判断だということができます。

お金が支払われるイメージ画像

事業やアルバイトで即金を得たらきちんと税務署に確定申告を行いましょう。

即金を得られる副業の種類

それでは、実際に即金で得られる副業とはどのようなものがあるのでしょうか?

確定申告をする際の所得区分に分けて例を挙げていきたいと思います。

1.給与所得

まずは給与所得に該当する副業についてですが、代表的なものとしましては工場・倉庫内作業やイベントスタッフ・警備員などの日払いバイトといったものになります。恐らく即金の副業の中でも一番確実で、かつ、一番安全なものではありますが、その反面、拘束時間が長いことや応募からお金を得るまでに時間がかかる、といった面もあるかと思います。

 

2.事業所得(ホステスなど)

次に、クラブやキャバクラのホステスについてです。店舗の取扱いに拠るところはありますが、税法上は、ホステスは個人事業主として捉え、その報酬については事業所得という位置付けになります。週単位、月単位での報酬支給ということが多いですが、日払いの支給といった契約もあります。

お仕事のスタートが夜になりますので、本業との両立がしやすく、比較的に人気がある副業ではあります。しかし、お酒に強い、コミュニケーション能力が高い、などの要素によっては人によってはハードなお仕事かと思われますし、稼げる金額も大きく異なってきます。

 

3.事業所得(アンケートモニターなど)

次に、企業が実施している試供品や商品のアンケート、座談会に対する謝金についてです。こちらもアンケート・座談会の後、その場で謝金をもらえる即金のお仕事になります。当該謝金は、原則的には給与ではなく報酬として捉えることとなるため、事業所得(又は雑所得)という位置付けになります。

実際に行うことは、アンケートに答える・その商品について意見を言う、といった簡単な内容であるため、人気の高い副業ではあります。しかし、謝金の金額はあまり高額なものは無いので、ある程度まとまった金額が欲しい、という方には向いていないかもしれません。また、謝金が商品券やポイント付与といった形態で支払われることもありますので、事前にご確認ください。

 

4.事業所得(不用品の売却など)

次に、自宅にある不用品の売却についてです。ヤフオクやメルカリでの販売ですと即金という訳にはなりませんが、リサイクルショップへの売却やフリーマーケットでの売却であれば、即金で収入を得ることが出来ます。

売却するものが「生活用動産」である場合には所得税は非課税であり確定申告も不要となります。この「生活用動産」とは、要は生活のために買ったものでして、不要になった服や家具などが該当します。反対に税金がかかってしまうものは、販売目的で仕入れた商品やハンドメイド作品などになります。売却するものによっては、即金で多額なお金が手に入りますので、一度ご自宅を整理してみてはいかがでしょうか?

副業の種類によって申告方法が異なる

申告方法を検討するイメージ

まずは所得区分を判断することが大切です。副業で何をしているかによって申告の方法が変わってくるのです。

上記のように、即金の副業といっても様々なお仕事がありますが、実際に確定申告をするといった場合に、どのように申告をすれば良いのでしょうか?それを調べるためには、その副業がどのような形態のものであるのかによって、集める情報が異なり、準備すべきことが異なってきます。以下、それぞれの所得区分についてご説明したいと思います。

 

1.給与所得の確定申告

行っている副業が給与所得に該当する場合、確定申告に必要な書類は本業先・副業先から発行される源泉徴収票があれば大丈夫です。本業先・副業先の源泉徴収票に記載のある金額を合算して税金を再計算するような申告になります。

ただし、日払いバイトの場合ですと「単発の仕事だから」「契約期間が短いから」等の理由で請求をしない限り源泉徴収票を発行してもらえないこともあり、最悪は請求をしても源泉徴収票の発行を拒否されるケースもあるようです。源泉徴収票の発行は法律で義務付けられていることですので、発行拒否をされてしまう場合には税務署に相談に行かれることをお勧めします。

 

2.即金副業であっても給与所得の場合は普通徴収に出来ない可能性もある

上記のように、確定申告の方法は簡単なのですが、そもそも、給与所得の場合には会社に副業の存在がバレてしまう可能性があります。給与所得に関しては、役所が普通徴収を認めてくれない場合が増えてきおり、副業から生じる住民税も本業の給与から天引きされてしまう可能性があります。この点については、お住まいの市区町村によって対応が異なるので、給与所得に該当する副業を検討されている場合には、事前に確認をしておくことをお勧めします。

 

3.事業所得の確定申告

次に、行っている副業が事業所得に該当する場合には、その事業で幾ら儲かったかを計算する必要があります。つまり、売上から必要経費を差し引いた金額に対して税金が課されます。そのため、報酬明細や支払調書の副業先が発行する資料、フリーマーケットなどの場合には売上金額が分かるメモなど、年間売上を集計できるような資料を準備しておく必要があります。

同様に、売上を獲得するために支出した費用は必要経費として計上できますので、その領収書、銀行の通帳、クレジットカード明細などは保管をしておいてください。

 

4.確定申告をすることで還付金が手に入ることも

事業所得の場合、行っている副業の内容によっては確定申告をすることで源泉所得税の還付金が手に入ることもあります。具体的には、原稿料、デザイン料、講演料などの報酬やラジオ・テレビなどの出演料、ホステス報酬などです。これらの副業は報酬を受け取る際に、源泉所得税として報酬の一部を天引きされており、副業先の会社を通じて既に税金を納めている状態にあります。そのため、確定申告で計算した実際の税額よりも多額の税金が納められている場合もあり、その部分の還付を受けることが出来ます。

すぐにお金がもらえるとしても、怪しい副業には注意すること

どうしても今すぐお金が必要、といった場合には即金の副業は非常に魅力的に感じます。お金に困っているような場合には、とにかく目先の資金繰りを何とかしたい気持ちになるので、すぐにお金をもらえるのであれば、できる限りのことはやろうと考えてしまうのです。

即金の仕事の中には、色々なリスクがあるものもあります。パチンコの打ち子や名義貸しのような法律上のリスクがあるものや、パパ活など事件に巻き込まれるリスクがあるもの、新薬の治験バイトなど身体的なリスクがあるものなどがあります。貰える報酬が高いからといって安易に飛びついてしまうと大変なことになりますのでくれぐれもご注意ください。特に、即金になるからということで犯罪に手を染めてしまうようなことは決してないようにしてくださればと存じます。

又、その副業をするためには事前登録が必要であるといって登録料を請求してくる副業詐欺も存在しているので、実際にお金を請求された段階で一旦疑ってみる、というスタンスでいた方が良いかと思います。即金でお金をもらえることを前面に出して求人広告が行われているような場合には、その業者が怪しい業者であることも考えられるのでご注意くださいませ。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。