副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

転売業をサイドビジネスとして行う方はご覧ください。副業の転売がバレない方法は必見!

転売・せどりの副業は儲かる?会社にばれない?

転売せどりによる副業サイドビジネス)をされる方は多くいますが、実際には儲かるのか、その点を実際に転売業を行っている方々の確定申告を代行している税理士が説明したいと思います。

また、転売をしてこっそりと儲けていることが会社にばれないのかも書いていきたいと思います。実際のところは、兼業として転売業を営む方のほとんどが、会社にばれないようにすることができます。転売、せどりが会社にばれない方法として最も重要なポイントは、確定申告書の第二表という書類の下部で「自分で納付」を選択することです。これだけでバレることを防げる人もいます。人によって、対策は異なりますので、それだけでは不十分なこともありますが。

転売業を個人として行う場合には、社会保険(健康保険や年金)については影響がないので、社会保険からバレる心配は不要でしょう。

一方で、住民税(市町村民税・都道府県民税)という税金から副業がバレることは十分に考えられますが、この点については、きちんと対策すれば大丈夫です。

確定申告時期だけ対策するのではなく、年間の中で、その時期その時期で必要な対策をしていきましょう。

たまに確定申告をしなければ、税金を支払わないで済むのでもっと儲かるし、勤務先にもバレないようにできるだろうと考えて、敢えて申告をしない人がいるようです。

正直なところ、無申告は反対に罰金の課税などにより損をしてしまいますし、副業バレのリスクを高めることもあるので、避けてください。転売業・せどりの確定申告自体は、事業所得として申告することを前提に考えますと、確定申告書に加えて下記の写真の青色決算書を作成したりしなくてはならないので少々手間がかかりますが、一度作成してみると、翌年からは割とスムーズに作れるようになります。

転売・せどりの場合に提出する決算書の損益計算書(青色申告の場合)です。

転売とせどりの違い

転売とせどりという用語に関しては、同一のものという前提でこちらのページは書いています。転売とせどりの違いに関してたまに聞かれることがございますので。

転売であってもせどりという用語であっても、どちらも安く商品を仕入れて、それをより高い価格で販売すると言う点においては違いはなく、同じなのです。また、転売やせどりの違法性に関して聞かれることがありますが、商品を仕入れて売る行為ですので、違法行為には該当しません。

転売、せどりは儲かる?儲からない?

転売、せどりは儲かるのでしょうか?

結論から申し上げますと、人によって異なるものの、うまくいくと一般的なサラリーマンの年収は大幅に超えることができるということです。しかも、副業・サイドビジネスとして達成できますと、生活には大きな余裕ができることになります。

税理士として、多くの転売屋さんの確定申告を代行し、実際にどこくらい儲かるのかも見てきています。やはり、仕入てくる商品に特徴がある方は、儲かりますよね。競合がいない商品を売ると、飛ぶように売れることもあるみたいですね。商品を見る目がある方、アイディアの良い方にとっては、とても大きなチャンスのあるお仕事と言えるのではないでしょうか。

転売、せどりの副業は会社にばれない?ばれる?

転売やせどりを副業として行うと会社にばれるのではないかとご不安に感じられる方もかなり多いようです。

しかし、ご安心ください。きちんとポイントを抑えて年末調整や確定申告を行い、確定申告後の対応も誤らなければ、住民税からバレる確率は非常に低くなると言えるでしょう。

基本的には、ばれないようにできるのです。

住民税以外からバレる可能性はほとんどないと言えます。

このように書くと簡単にバレないようにできると聞こえてしまいそうですが、いくつも落とし穴があり、例えばふるさと納税は避けた方が良いなど、いろいろな問題があるので、最初は税理士に相談してみることをお勧めいたします。ネットのみの情報に頼って自己判断で申告書を作成してばれてしまう方は結構いるようで、そういった話は何度も聞きました。

Amazon(アマゾン)、ヤフオク、メルカリなど、利用先に関わらずバレずに済む。

利用するサイトによって、儲かりやすかったり、儲けにくかったりするのでしょうか。また、会社にばれやすかったりばれにくかったりするのでしょうか

転売屋さんが良く使うサイトとしては、Amazon(アマゾン)ヤフオクメルカリeBayなどがあります。転売サイトの一覧などで調べてみると、かなり多くのサイトが存在することがわかります。仕入サイトなどは、かなり多岐にわたってくると言うこともできるでしょう。

儲けやすいとか儲けにくいと言うことはないと思うのですが、これまでで凄いなと思った方に関してはAmazon、ヤフオクやeBayを使われている方がどういうわけか多かったと感じてはおります。ただ、サイトに関わらずに、魅力的な商品を仕入れて上手な値付けをすることができれば儲かると思います。

どのくらいの労力がかかるビジネスか。

転売業・せどりにかかる労力に関してです。

よく、「転売とアフィリエイトのどちらが労力・時間がかかりますか?」と聞かれますが、私がお客様から聞いてきた限りでは、転売・せどりの方が労力がかかるのではないでしょうか。

中でも、ネット上だけではなくて、実際の店舗で仕入れているような場合には、そこまで行く時間なども考慮しますと、結構な労力がかかります。

ただし、慣れてきて、仕入商品決定の判断スピードが上がってきたリ、インターネット上の仕入がほとんどになってくると、労力はぐっと減少します。もちろん、実際の店舗や裏ルートで商品を仕入れることでかなり高い利益を上げられることもあるので、その場合は労力を惜しまずに、大きな利益を出してしまうと良いのではないかと思います。特に、特別な仕入のルートを持っている方は、非常に有利であり、当事務所のお客様の中でも、そういった方はかなり儲かっています。

転売・せどりのデータ分析の写真。

慣れるまではデータを集めたりと、結構忙しくなる人が多いようです。

白色申告の場合は確定申告で収支内訳書を税務署に提出する。

さて、税金の申告に関してですが、上の方で青色申告の決算書を記載しましたが、白色申告の場合には、上記の書面ではなくて、「収支内訳書」という書類を提出します。

※白色申告とはつまり、青色申告ではない場合のことを一般的に指しています。節税するなら青色申告が有利です。

収支内訳書でも青色決算書である損益計算書でも良いのですが、これらの書面を作成するには、その前段階で会計処理が必要になります。

弥生会計やMF(マネーフォワード)やfreee(フリー)などの会計ソフトが有名なのですが、これらの会計ソフトで複式簿記による仕訳入力を行ってくださればと思います。転売、せどりで、領収書やレシートが多い場合は、弥生会計が最もスピード感があるかなと思います。MF(マネーフォワード)も転売業には向いているでしょう。

金融機関の口座の取引が多くて、さらにそれらに関して自動取り込みをしたいのであれば、MF(マネーフォワード)とfreeeが有名どころですが、弥生も同じように自動取り込みの機能が入ってきているので、どれを使っても良いのかなと思います。

いずれにしても、転売業を始めたら、会計処理や税金の確定申告を行わなくてはならないということは覚えてくださればと存じます。

 

収支内訳書の実物の写真です。

在庫(棚卸資産)の管理はしっかりと!

上に収支内訳書の写真を掲載しましたが、在庫(棚卸資産)を有する転売業・せどりの場合に、注意して欲しい部分があります。

写真の左下に「期末商品(製品)棚卸高」という項目があります。この部分には、個人事業主であれば年末12月31日時点の在庫の原価の金額を計上します。これを計上し忘れてしまうと、損益がかなり変わってきてしまい、後で税務署から加算税と言う罰金や延滞税と呼ばれる利息を徴収されてしまいます。非常に大きな注意が必要です。是非この部分は忘れずに、確定申告の時期には再び見返して欲しいところです。

ちなみに、ここに計上し忘れてしまって金額が入っていないと、税務調査がすぐにやってくることも考えられますので気を付けてください。税務調査で修正申告をしたものの、その修正申告では税務調査と言うことで焦ってしまっていて副業バレ対策を冷静に行うことができずに、会社にばれてしまうなんてことにならないようにご注意ください。このような税務調査のご相談にも、もちろん我々副業起業塾は乗ることができます。

自分で使った物を中古で売った場合は、売上に申告しなくても良い

転売で販売する中古品のイメージ画像。

自分で使っていた物をヤフオクやAmazon、メルカリで販売しても、基本的には申告しなくてもOKです!

意外と知らない方が多いのですが、自分が使っていた物を中古品として販売した場合には基本的には売上(収入)に計上する必要はなく、確定申告をしなくても良いのです。

たとえば自分で着ていた洋服を着なくなったので、せっかくだからヤフオクAmazonで販売した場合には、申告不要です。こちらは所得税法第9条第1項第9号の条文より、そのように規定されているのです。

ただし、1個当たりの売却額が30万円超の場合はそうはならず、確定申告の対象とされています。こちらは所得税法施行令第25条で規定されているのです。

生活の中で自分で使った物は課税はされないけれど、30万円を超えると税金の確定申告の対象であると覚えておいてくださいね。

転売業やせどりをされている方は、上記の所得税法第9条を逆手にとって、一度自分で使用したのであれば、全て非課税にできるのではないかと考える方もいます。しかし、頻繁に売却しているのであれば、明らかに商売の仕入と認められるので、そのような理屈は通らないとお考えくださいませ。

フリーマーケットの仕入では領収書をできる限りもらう。

フリーマーケットで転売する商品を仕入れる場合は注意が必要です。

フリーマーケットですと、レシート、領収書をもらえないことがあるためです。証明書類がないと、税務署が経費として認めてくれない恐れが出てきます。ですので、領収書はもらうようにしてください。

もしも、フリーマーケットの店主が領収書用紙を持っていないと困るので、100円ショップなどで領収書を事前に購入しておき、発行してくれない場合には、持参した領収書に店主に記入してもらうのもありと言えるでしょう。

源泉徴収されない副業なので所得税も住民税も基本は納付になる。

転売業・せどりは源泉徴収が行われない副業です。

そのため、転売屋さんが確定申告をした場合には、所得税が還付されるのではなく、納税となります。常に計画的に納税資金を貯金しておくことが重要だということができるでしょう。

例外的に予定納税がある場合で、去年よりも今年の業績が急激に落ち込んだ場合には、予定納税額が還付されることはあります。

ただ、このようなケースは珍しいと言えるでしょう。

転売業ではクレジットカードを有効活用しよう。

転売業は、売る商品を先に仕入れなければならないので、資金繰りの面で苦労することがあります。

副業の転売、せどりでは、本業収入があるために、資金が全くない人は少ないもので、一定の手元資金をお持ちの方が多いものです。しかし、より多くの商品を仕入れて大きく儲けることを目指す場合は、クレジットカードの枠を利用することも考えられるでしょう。過去に金融事故を起こしていないのであれば、クレジットカードの作成自体は難しくないので、転売業を始めるにあたっては、カードの追加作成も視野に入れましょう。

ちなみに、アメックスのプラチナクラスまででしたら、我々の方でアメックス社の人をご紹介することも可能です。副業起業塾では、そういったサービスも行っております。

なお、大量に仕入れて、不良在庫が大量にたまってしまい、それを破棄すると大きな損失が出るのですが、事業所得で赤字になると副業がバレるおそれがありますので、副業の会社バレを防ぐためには、無理な仕入はしないようにしましょう。そのような場合でも、副業起業塾はできる限りの対策を練りますので、ご相談くださいませ。

転売・せどりの「副業がバレない方法」及び「儲かるか?」のまとめ

転売業・せどりの副業の場合には、事業所得(場合によっては雑所得)として申告することになります。この場合においては、会社に転売、せどりをサイドビジネスとして行っていることをバレないようにすることは難しくありません。多くの方はバレないようにできるでしょう。確定申告でミスして修正申告することになると、そこでミスをすると副業がバレるので、在庫(棚卸資産)の計上などはきちんと行って、正確な申告書を作成するようにしましょう。

また、転売、せどりでもしっかりと儲けることができている方は大勢いらっしゃいます。アイディアが良かったり、特別な仕入れルートを持っていると驚くほど利益が出ることもあります。実際に確定申告の代行を行ってきた税理士ですので、転売業、せどりはきちんと儲かるビジネスであることをよく知っております。

転売、せどりの確定申告のみの受注も可能

転売、せどりを行っている方々から、ガイドを申し込んではないものの、確定申告の代行だけを行って欲しいと依頼されることがあります。このようなご依頼も受けております。

ただ、転売、せどりの副業がバレない方法については、確定申告だけで実践するものではなく、年間を通じて対策を練るべき問題ですので、基本的には一度はガイドをご覧いただき、副業バレの知識をつけておくことをおすすめさせていただいております。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー