副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで、本気で学べる起業塾です。

「副業がばれない方法」と「節税」に関して11月23日にセミナーを開催!

場所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(日本橋駅、東京駅の近くです)

日時:2019年11月23日 13時40分~16時30分頃(13時15分より受付開始)

副業がばれない方法に関するセミナーは世の中にはほとんどないと思われますが、これからの年末調整確定申告の時期にどうすれば会社にばれないで済むのかと悩みの方も多いため、セミナーを開催させていただきます。併せて「節税方法」「副業に強い税理士だからこそ知っている、実は利益を大きく出せる副業の具体例」も紹介いたします。

セミナー申込のページはこちらをクリック

 

イベント会社の給与(報酬)の支払方法によって、「本業にばれる・ばれない」が変わります

イベントスタッフの副業は会社にばれる?

イベント会社のスタッフのイメージ

イベントスタッフ・コンサートスタッフの副業は、働く前に「副業がばれにくい支払方法を取ってくれるイベント会社」を選択することが大切です。

イベントスタッフ副業・ダブルワークは非常に人気があります。

コンサートスタッフ、セミナースタッフ、展示会のスタッフ、デパートイベントのスタッフなど多岐にわたる種類のイベントがありますが、中には日当が高いものもありますので、そういったところには応募が集まるようです。

イベントスタッフに関しては、他の仕事と比較して、会社員(サラリーマン・OL)の方が副業として行うことが多いという特徴があります。土曜日日曜日休日を利用してイベントの手伝いをして日当を稼ぐのです。休みを利用できるなどの大きなメリットがあることは確かでしょう。

ただし、副業として働く場合には、本業の会社にばれるか、ばれないかを気にした方が良いでしょう。副業をしていることはばれないようにしたいと言う方が多いと思いますので。

もちろん、会場作りイベントコンパニオン会場案内イベント会場警備などをしているときに本業の会社の人に見られてしまったらバレるので、地域を選んだり、人に見られない仕事を選んだりする必要はあります。しかし、実際に見られると言うケースは稀でしょう。

それよりもイベント会社から支給される対価(給料又は報酬)に課税される住民税(市民税や区民税、県民税や都民税)を通じて会社にバレる危険性の方が高いと言うことができるでしょう。

そして、このリスクの大きさは、イベント会社の対価の支払方法により変わってきますので注意が必要です。イベント会社に登録を行う前にその部分に注意を払うことでほとんどリスクを消すことができますので、その点に関してこれから説明していきたいと思います。ここから先の文章をしっかりとご覧いただければと思います。

※現金払いだからばれないとかそういうことを言っているわけではありません。対策を取らなければ、現金払いでも副業はバレるのです。

イベント会社の副業のメリット・デメリット

イベント会社で会場作りイベントコンパニオン会場案内イベント会場警備セミナー司会などを行うメリットとデメリットをまずはご紹介いたします。まずはメリットをいくつか挙げていきたいと思います。

メリット1・・・土日祝日など、本業のない日にまとめて副業をすることができる。

メリット2・・・日当が比較的高い傾向にある。こちらはイベントごとに大分開きがあるようです。条件が良いものですと2万円程度の日当をもらうことができるようです。

メリット3・・・コンサート会場のスタッフとしての仕事など、比較的自分自身が楽しめるものもある(好きなアーティストのコンサート・ライブだと嬉しいですよね)。会場設置の手伝いやイベントコンパニオンも楽しいと言う声が多くあるようです。

メリット4・・・セミナーイベントの司会業などは知り合いの会社から頼まれると言う人も多いようです。この場合は、とても感謝されることもありますし、定期的に呼んでもらえるようになると日当を上げてもらったりと、非常に良い副業となるようです。

メリット5・・・その日の労働時間の長さやイベントによっても異なるのですが、昼食、夕食、夜食などがお弁当として支給されるケースもあります。この場合には、その日の食費も浮いたことになるので、実質的にはお小遣いをもらったのと同じことになり、家計としては助かりますよね。

 

一方でデメリットは以下のようなものが挙げられます。

デメリット1・・・可能性は低いものの、万一、本業の会社の人に見られると気まずいということが言えます。ただし、上述の通りでして、偶然知り合いにみられる確率と言うのはあまり高くないでしょう。コンサートやライブ会場で暗めのところでしたら、万一、近くに知り合いがいても中々気が付かないでしょう。

デメリット2・・・会場作りなどは、肉体労働の部分も大きいので、夏場などは非常に体力を使う。副業で行っている場合は、本業の仕事中に疲労が出てしまって集中できないような可能性もありますね。

デメリット3・・・登録後にイメージしていたイベントとは異なるイベントに派遣されることがある。例えば、コンサート会場のイベントをイメージしていたが、物品販売会のイベントであったなど。

イベントスタッフの副業・ダブルワークがばれないようにするには

イベントスタッフとしての副業ダブルワークが本業の会社にバレないようにするためには、「イベント会社への登録前に、そのイベント会社がどういった形式でお金を支払ってくれるのかを確認する」ことが何よりも大切です。

それがアルバイトとしての給与なのか、それとも外注のような形の報酬なのか、ここに全てがかかってくるということができるでしょう。

イベントスタッフの場合には、給与となるケースと外注や業務委託による報酬となるケースが混在しているのです。結論からするとイベントスタッフが給与をもらう場合は住民税の関連で会社にばれるリスクが出てきます。一方で報酬としてもらう場合には、住民税からばれる可能性はほとんど消すことができると言えるでしょう。

もちろん、報酬であっても、ふるさと納税したり、医療費控除申告額が大き過ぎたりするとばれるリスクを消せなくなりますので、このあたりは是非我々にご相談いただきたいところではありますが。

このページの下の方にも、副業がばれる理由、アルバイトの給与となる副業がばれやすい理由を説明したページへのリンクを貼っておきますので、そのページもご覧いただきたいところです。

ばれる理由を把握しておけば安心感も上がり、イベントスタッフの仕事を気兼ねなく行うことができるのではないでしょうか。

イベントスタッフの申し込みを悩む女性のイメージ写真

イベント会社に登録申込をする前に、どのような形態で対価が支払われるのか確認しましょう。

できる限り交通費も負担してくれるイベント会社を選択しましょう

イベント会場が遠い場合は、そこまで行くための電車賃バス代などの交通費も大きくなります。

イベント会社によっては、そこまでの交通費を支給してくれないというケースもあるようです。交通費を自腹で支払うと言うのは、実質的には、イベントスタッフとしての給与・報酬が減額されたのと同じ効果を持ちますので、ちょっときついですよね。

ですから、交通費の支給の有無に関しても、イベント会社に登録を行う事前に必ず確認しておきましょう。交通費を支払ってくれるイベント会社を選択した方が賢明と言えます。一回一回の交通費自体は大きくなくても、継続的にイベントスタッフとして現地に行って働く場合には、塵も積もれば山となると言うように、大きな金額となることでしょう。

せっかく本業が休みとなる土曜日、日曜日、休日を返上して副業・ダブルワークをされるわけですから、こちらのサイトをご覧の皆さまに関してましては、できる限り好条件となるイベント会社で働いてくださればと思っております。

イベントスタッフとして働いたら、必ず確定申告をしましょう

イベントスタッフとして副業をした場合、必ず税金の確定申告は行いましょう。会社にばれない方法があっても、税務署にばれない方法は決してありません。

当然ながら、イベントスタッフの派遣会社は、スタッフへの支払を必要経費として落としています。そして、支払い相手であるイベントスタッフの氏名住所もきちんと記録しています。何年かに一度は会社に税務調査が入ってそこで、税務調査官が氏名や住所を確認し(マイナンバーがあればマイナンバーも確認します)、きちんと所得税の確定申告が行われているかをチェックします。そのチェック対象の中に皆様も含まれた場合において、無申告となっていれば、脱税等の疑いを持たれてしまい、税務署に調査に入られてしまうことでしょう。

会場作りイベントコンパニオン会場案内イベント会場警備セミナー司会など、イベントスタッフにも色々とございますが、仕事内容に関わらずに、割と簡単に税務署には気づかれてしまいます。きちんと税金の確定申告は行ってくださればと思います。その確定申告の際には、住民税を普通徴収にするなど、本業の会社にバレないための対策も取ってください。

※副業の年間収入が20万円以下の場合は、所得税申告をせずに住民税の申告を代わりにするなどの難しい論点が出てきます。この場合に混乱してしまって副業バレ対策を打ち忘れるなどの失敗はしないように十分にご注意ください。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者(税理士)の記載した下記のガイドとプロによるアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。なお、副業を始めて時間が経つと、その方の状況によっては対策を打ちにくくなるので、お早めにご相談くださいませ。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー