既に7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。なお、セミナーも人気ですが、現在セミナーの募集は行っておりませんのでご了承くださいませ。

会社員の副業のメリットとデメリット

副業をする会社員の写真

会社員の副業にはメリットもデメリットもあります。こちらのページでしっかりと解説しますのでご覧ください。

会社員(サラリーマンやOLの方々)は、昔はその1社の仕事に専念するのが当たり前で、副業をする人は少数派であったということができます。「会社員が副業をするなんてとんでもない」という雰囲気が社会にあったということもできます。

現在でも副業を認めない会社が多いのですが、それでも副業人口は増加いると思いますし、副業を容認する会社が増えてきています(事前申請などの条件付きで認める会社も多いですが)。副業人口の増加により、副業の経済規模が10兆円程度はあるのではないかと言われることもあります。

クラウドソーシングサービスなどの普及により、会社員の方が気軽にフリーランスとして稼ぐ機会も増えているため、増々副業人口は増加するのではないでしょうか。実際にクラウドソーシングサービスを提供するランサーズの調査によれば、副業としてフリーランスをしている会社員は450万人超いるであろうということです。

副業をすれば、それが個人ビジネスであり、かつ、赤字を計上しない限りは基本的には年収は上がるわけですから経済的なメリットは大きいものです。その経済的なメリットにばかり目が行きがちですが、会社員の副業にはその他にもメリットはありますし、反対にデメリットも存在するのです。副業を始める前に、これらのメリット・デメリットに関しては把握しておくことが大切と言えるでしょう。

会社員の副業のメリット

会社員の副業のメリットは、大きくは3つ挙げられます。「経済的なメリット」、「精神的なメリット」、「自己成長のためのメリット」の3つです。これらに関して詳しく説明いたします。

経済的なメリット

経済的なメリットは当たり前と言えるメリットですね。会社員の方が副業を開始する最も大きな動機は、副収入を得て、年収を増やしたいからでしょう。個人事業で赤字を出さなければ基本的に年収が反対に減少することはありませんので、ほとんどの会社員は副業を行うことで年収を増やしています

ただし、せっかくの隙間時間を利用して副業を行うわけです。できる限り効率的に副収入を得られるように、色々を考えたいものですね。時間単価で最低でも1,000円は稼げるようにしたいものですが、可能な限りは本業の会社の時給よりは高い時給を取りたいものです。

副業が個人事業であるなら、それが可能なのです(アルバイトの場合は、着実な儲けを得られますが、極端に収入が増える可能性は低いでしょう)。

精神的なメリット

会社員の副業のメリットとしては、精神的なメリットも挙げられます。1つの会社で働き続けていると、その会社で生きていくしかないと感じがちになります。終身雇用して欲しいと考えている会社員の方であれば尚更そうお感じになっているでしょう。

しかし、そのような状況では、会社での査定や上司の評価を常に気にしなくてはならないですし、出世競争でも負けてはならないと感じてしまうかもしれません。仕事を頑張る場所は、その会社しかないのですから当然かもしれません。そうなると、プレッシャーやストレスも大きくなるかもしれません。

副業をしている会社員の方は、本業の仕事がすべてではないと考え、サイドビジネスで夢を追っていることも多くあります。また、副業で出会う仲間と良いコミュニティーを形成していることもあります。

会社がすべてではないと感じてばプレッシャーが軽減されることもあるでしょうし、会社以外のコミュニティーを持つとストレスが軽減されるかもしれません。

自己成長というメリット

副業でビジネスを行ったり、色々な人と会うことで、知識や経験が広がります。それは会社でルーチンワークから得られる経験とも異なり、刺激的なものかもしれません。

知識が経験を得ることは、そのまま自己成長へもつながると言えるでしょう。結果的には、副業を通じて成長したことが、本業の会社でも生かされるということはあるでしょう。また、自分でビジネスをしたり、今までに経験したことのないアルバイトをしたりすると、その大変さを理解し、今の本業の会社で働けることへの感謝が生まれるということもあるかもしれません。

自己成長というメリットは会社員の副業の大きなメリットと言うことができると思います。

会社員が副業をすることのデメリット

会社員の副業のデメリットは、2点に分かれます。一つは、副業により疲労がたまるというデメリットです。もう一つは、会社に副業がばれると良い顔をされない可能性があるというデメリットです。後者のデメリットは旧態依然とした会社で生じやすいデメリットと言えますが、最近で副業を認める会社も増加しているためそのデメリットも小さなものとなっていくでしょう。

疲労というデメリット

会社員の副業・ダブルワークは、本業の終業後や週末の仕事となります。そのため、本業と副業のどちらからをしている時間が非常に長くなります。まさに過重労働状態とも言えるかもしれませんね。そのため、健康に自信がある方が行うべきものであるとも言えるでしょう。副業で収入を増やしたいと考えても、反対に身体を壊してしまっては元も子もありません。

ただ、副業が楽しいと感じられてる場合は、実は副業をすること自体があまり苦にならず、疲労にもそんなにつながらないのではないかと個人的には思っています。副業が趣味だと感じられる方もいらっしゃるくらいですので。ただし、睡眠不足だけは病気につながりかねませんので、十分に気を付けたいところです。ウェブビジネスなどの副業が楽しいと夜な夜な仕事に没頭してしまうかもしれませんが、きちんと睡眠はとってくださればと存じます。

会社にばれると嫌がられる場合があるというデメリット

副業をしていることを良くは思わない同僚や上司もいるかもしれません。彼らの頭の中には「副業をすると本業で手を抜くはずである」とか「副業をすることは会社への裏切りである」という偏見が存在する可能性が高いですね。こういった方が上司になってしまうと、中々副業はしにくいですよね。たとえ会社で副業が認められているとしても、上司から評価を落とされたりしてしまっては大きな損失ですから。ばれると不利益を被るリスクがあるというデメリットがあるのです。

そのため、会社員の副業に関してはバレないように行うのがポイントです。

ちなみに、この副業起業塾のサイトも、そのような副業バレを避けたいという方々のために存在しているサイトと言うことができるでしょう。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。