既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

「副業がばれない方法&税理士目線で利益がでやすい副業」に関してのウェブセミナーを開催いたします(期間内は動画で何回でも視聴可能)。コロナの影響もあるために応援価格となっており、かつ、副業バレに関して網羅的に説明したかなり良いセミナー内容となります。下記のページをご覧くださいませ。ウェブですので日本全国の方がご参加可能です。

副業がばれない方法のセミナーの詳細ページ(2020年7月16日~7月25日まで開催)

不動産を賃貸して家賃収入を得ると会社にばれる?副業禁止規定に違反になる?

不動産投資は会社にばれないか。

不動産投資をして賃貸に出し、家賃収入を得ようと考えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、その家賃収入を得ることは、「会社の就業規則の副業禁止規定に違反しないのだろうか」とご心配されたり、「違反ではないとしてもあまり家賃収入による所得を知られたくない」と考えられたりするでしょう。この辺りに関しては、一度きちんと整理してから、不動産投資をされた方が良いのではないでしょうか。

物件取得時は赤字になりやすいので、その時が最もばれやすい

区分所有のマンション投資であっても、一棟のマンション戸建て物件に対する投資であっても、最も会社にばれる確率が高いのは、投資した年とその翌年です。なぜなら、この2年間は最も不動産所得が赤字になる可能性が高いのです。

購入に伴い、不動産取得税や司法書士への抵当権設定などの登記手数料がかかったりしますし、その他の諸費用も多くかかってきます。これらを必要経費として計上しますと、赤字になる確率が高くなります。

赤字となった場合には、そのマイナス分と、サラリーマンとしての給与所得の金額が相殺されて、相殺後の所得に対して住民税が課税されるのです。つまり、会社で天引きされる住民税額が大きく減少する可能性があり、その点から会社に副業を疑われてしまう可能性があるのです。

不動産取得税に関しては、購入してからしばらくしてから課税されるので、購入年の翌年の経費となることもあるので、翌年も注意が必要です。何とか黒字になるような形で確定申告をできると、会社にばれないこととなりますね。

なお、黒字となっている年に関しては、ふるさと納税をしない方が良いなどの、いくつかの注意点はありますが、基本的には確定申告書の第二表で「自分で納付」という部分を選択しておけば、不動産所得に係る住民税の納付書や所得情報は全て自宅に送られてくるので、住民税から会社にばれる心配も不要です(その他、医療費控除などにも注意は必要ですが)。

ただ、下で解説するように、不動産投資まで、会社が禁止するかと言いますと、私の経験上は、容認してくれる会社の方が多いと感じております。ほとんどの場合は問題ないのではないでしょうか。

賃貸に出しているマンションのイメージ写真。

区分所有マンションへの投資なども、会社に禁止される副業に該当するのでしょうか?

家賃収入は就業規則の副業禁止規定の違反とはならないことが多い。

不動産に投資して家賃収入を得ることに関しては、寛容な会社が非常に多いものです。不動産収入を得ること自体は、副業と言うよりも、投資という側面が大きいと考えられますので、副業扱いとはならずに、認めてもらえるのです。

これを禁止するとなると、相続で親御さんから不動産を引き継いだ方は困ってしまいますし、相続に限って認めるとなると非常に不公平な就業規則となってしまうことでしょう。

不動産投資自体が、サラリーマンにとって一般的となっている現代において、家賃収入を得ることを認めない会社というのは、ちょっと時代遅れなのではないかなとさえ思います。不動産投資を認めないのであれば、現物株式投資や投資信託への投資も認めるべきではないとさえも言えるのではないでしょうか。

ということで、不動産投資自体に関しては、副業というくくりからは切り離して考えている会社が多いので、念のために、一度会社の人事部や総部などに、実際の就業規則の運用に関して質問をしてみても良いのではないかなと思います。

棟数や室数に制限を設けている会社もあります。

マンションや戸建て物件への不動産投資を認めている会社が多いとは言っても、その不動産の規模に対して制限を設けているケースは聞いてことがあります。たとえば、戸建ての物件であれば5棟までとしたり、マンション投資であれば、10室までと制限しているようなケースです。制限することケースの方が少ないと感じておりますので、そこまで気にする必要はないかもしれませんが、不動産投資をされる方は、念のために確認してみても良いかもしれませんね。

公務員の方の場合などは、一般の会社とは異なり、不動産投資にも厳しい機関もしますので、きちんとお調べください。

社員の不動産投資を禁止する会社は時代遅れ

自社の正社員に対して、不動産投資を禁止する会社があるとすれば、大分時代遅れであるということができるでしょう。社員としては、自分の資産を守るためにも、現金預金を不動産や有価証券という形に変えたいと思うこともあるでしょう。その権利まで奪ってしまうと言うのは、ちょっと違うのではないかと思います。

副業解禁をしている会社が増加してきて、社員がサイドビジネスを個人事業主として行うようなケースが大きく増加しています。そんな中にあって、以前から一般的に容認されてきた不動産投資までも認めないというのは、かなり古い体質の企業であると思います。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。