副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士作成の「副業が会社にバレない方法のガイドブック」無料公開してます。

今開いてるページの記事を読む前に下記ガイドブックをご覧ください。副業バレの仕組みを知らずにインターネットで調べ続けても答えにたどり着くことはほぼ不可能で意味がないためです。下記ガイドでは「ばれる理由」「確定申告や年末調整のポイント」「副業収入20万円以下は申告不要という誤情報を鵜呑みにして副業がバレる人が多いこと」「確定拠出年金や生命保険料控除などの所得控除の誤った処理でバレる人が多いこと」「住宅ローン控除と副業バレについて」「マイナンバーと副業バレの関係」をはじめ、結論として「99%副業がバレないようにできる方法」も書いてあります

ガイドブックの最初にやるべき「最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)」は早い方が効果的であり、今からですと、2022年10月末までに行ってください。

上記のガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめます(公開終了すると見れなくなるので、保存しておくことをおすすめします)。

こちらのガイドブックの概要や、税理士 齋藤一生によるガイドの内容の解説動画は以下のページでもご覧になれます。

ガイドブックの目次や動画解説はこちらのページにあります

副業してる人が多い業界(副業している人の本業は?)

副業している人が多い仕事には傾向はあるのか?

副業する人のイメージ

副業をする人は、本業ではどんな仕事をしていることが多いのでしょうか?

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

副業してる人が多い業界については、一定の傾向があると私は感じています。副業がバレないようにしたいとか、副業の税金がいくらになるのかというご相談に応じる中で、「本業でこの仕事をしている人は、副業していることが多いな」と感じることがあるのです。

この記事では、労働政策審議会安全衛生分科会のデータを元に副業してる人が行っている本業について考えてみます。

又、当税理士事務所の経験上、この業界の人が副業していることが多いという経験上の見解に関しても説明していきたいと思います。

これから副業を開始する人は、「自分が所属する業界で副業している人の割合は多いのかな?」など、気になることもあると思いますので、ご参考としてくださればと思います。

労働政策審議会安全衛生分科会の調べによるデータ

労働政策審議会安全衛生分科会では副業している人の割合を業種別に調査しています。その結果としては、全体としては副業している人の割合は9.7%であるとしています。

その中でも、副業している人が多い業種は農林水産業や鉱業、教育・学習支援業、宿泊業・飲食サービス業が15%を超えています。

続いて、学術研究業・専門技術サービス業も14.6%となっていますので、学習関連の業界の副業の割合が高いこともわかります。

少しとんでその他のサービス業(理容業など)などが多く、個人的にはよく相談される医療・福祉業界については9.9%となっています。

最も少ないのは製造業となります。続いて少ないのは、金融業・保険業となります。金融・保険に関しては、おそらく副業に関して非常に厳しい業界であるので、中々副業している人がいないのだと思います。就業規則でもほとんどの金融機関では副業禁止としていることでしょう。

情報通信関係に関しては個人的には以外で、ご相談者の中には情報通信のお仕事をされている人が多くいて、ネットビジネスをサイドビジネスとして展開していることも多いので、低く感じています。

当事務所の経験上の副業が多い業界

労働政策審議会安全衛生分科会が公表している「副業している人の割合が多い業種」よりも、より仕事を狭く絞った上で、当事務所に副業相談が多い業種をお伝えしたいと思います。

これまでの経験上は、下記の業界の人からの副業相談は多いですね。

1.看護師・・・一般的に高収入なのですが、将来のお金のことを考えている人が多く、副業をする人も多いと感じています。万一副業禁止規定違反がバレて解雇されても、再就職がしやすい業界ですので、副業することに対する不安感も小さいのではないかと思います。本業と同じように医療業界で副業している人も多いですね。

2.歯科衛生士・・・こちらも副業している人が多いですね。業務終了の時間が読みやすいというのも一つの理由かもしれません。クリニックは小さいことも多く、そこの代表者が副業に関して寛容なことも多いようです。ただ、やはり念のためにバレないようにしたいと言うことでご相談される人が結構いますね。

3.美容師・・・美容師業界は、副業に対して意外と寛容なのかもしれません。また、本業の美容師業がそもそもフリーランスの契約となっているので、そういった場合は就業規則の適用外となるので、容易に副業ができるのでしょう。

4.介護士・・・「収入が低いので副業したい」という介護士さんからのご相談を受けたことは何度もあります。かなりきついお仕事にも関わらず、低賃金の組織も多いようで、副業したくなる気持ちもよく理解できます。

5.保育士・・・保育士さんからのご相談も多く受けます。こちらも賃金にご不満をお持ちのケースが多いですね。器用な方も多いので、ハンドメイド作品を販売されているようなケースもございます。

6.保険外交員・・・保険外交員の人が副業でビジネスをしてるケースもあります。保険外交員さんは、そもそも本業から給与ではなく報酬をもらっていることが多いので、フリーランスと言えばフリーランスですが、保険会社が副業を禁止していることもありますので、十分に注意が必要です。

 

なお、ご相談者全員が副業禁止だからバレないようにしたいわけではないようです。知られるのがなんとなくプライベートの問題だから嫌だとか、ホステス業などの水商売を副業として行いたいからバレないようにしておきたいと考えるケースもございます。

公務員で副業しているケースも多々あります

民間企業ではなく、国家公務員や地方公務員で副業をしている人もいます。公務員さんからのご相談のお電話等もあるのです。しかし、元々公務員の方は人数も多いためにそういった相談がくることがあるのであって、公務員で副業をしている割合というのは大きくはないのではないでしょうか。

公務員の場合には、認められている副業かどうかをきちんと確認しないと、会社の就業規則違反とは異なり、法律違反となってしまう可能性があるので、その点は注意しましょう。

業界によって、副業への厳しさは異なる

この記事では、副業をしている人の割合が多い業界に関して説明いたしました。

既に述べたように、金融機関などは副業に厳しい傾向があることなどを説明いたしました。業界によって、副業に対する厳しさは違うと言えます。医療業界などは、副業禁止規定があったとしても、副業している人が意外と多かったりするので、実態としてはあまり咎められたり、厳しい懲戒処分が下る可能性が低いのかなと感じたこともあります。

又、各々の組織によって対応の厳しさに違いがあると思うので、可能であれば、事前に副業としてどんなものが認められるのかなど、会社の人事部等に問い合わせてみた方が安全かなとは思います。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

無料で公開している「副業がバレない方法のガイドブック」の内容を実践していただければ、副業は根本的にほぼバレないようにできますので必ず目を通してください。

解説動画も付けたので、そちらも是非ご覧ください。なお、期間限定なので、将来的に副業したい人も、今のうちに手に入れて保存しておくことをおすすめいたします。

副業が会社にバレない方法のガイドブックの目次は下記です

1.副業がばれる理由

2.年末調整における注意点

3.確定申告における副業がばれないための対策(確定申告後の4月に行わなくてはならない対策も記載してます)

4.「副業が20万円以下だと申告しなくても良い」は嘘

5.マイナンバーで副業がバレるかどうか

6.2023年導入のインボイス制度で副業がばれるかどうか

7.最初にやるべき最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)

※「7」の対策はできる限り早い方が効果的なので、2022年10月末までに行っていただきたいところです。

ガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめますので、副業バレで悩んでいる方以外はアクセスは避けてください。

こちらのガイドブックの解説動画は下記のページにありますので、是非ご覧くださいませ。

ガイド、動画では、下記のように資料も交えて説明しているので、副業バレについて、しっかりと理解できるかと思います。無料ですし、間違いのないコンテンツなので、ご覧いただき、副業が絶対にバレないようにしてください。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

当税理士事務所メンバーの写真です

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。