副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック(現在、丁寧な動画解説も付けています)」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。

又、過去の副業の確定申告をしていない方の期限後申告の代行も得意業務としておりますので、ご遠慮なくお問合せくださいませ。

医師(医者)が副業することは多い

医師(医者)たちの写真

医師(医者)の先生方が副業をされていることは大変多いと感じています。

これまで税理士事務所として多くの副業相談に乗ってきましたが、医師(医者)先生副業をされているケースが意外と多いのです。医師の先生の場合には、全く本業と関係ない副業をするというよりも、本業とは別の医療機関で副業をしているケースが多いものです。おそらく、一般のサラリーマンの副業の割合よりもずっと高いのではないかと思います。

本業の医療機関によっては、別のところで仕事をすることは特に問題視しないようです。しかし、国立病院の勤務医の先生の副業などは厳しく禁じられていたりもします。正直なところ、医師の先生の技術で人の命が救われたり、健康が保たれたりするのですから、先生方の多くは使命感を持って副業を行われています。そのため、副業に関しては寛容であっても良いのではないかなとは思ったりもしますが、副業に関する見解は医療機関ごとに異なり、厳しいところは厳しいようです。医療機関にもほとんどの場合はきちんと就業規則が備え付けられていると思いますので、是非一度ご覧になってくださればと思います。見つからない場合は、病院内の人事を管轄する部門のスタッフさんに聞いてみると、就業規則が保管されている場所を教えてくれるはずです。

なお、副業がOKである病院で働いている先生でも、やはり副業をしていること自体はその本業の病院とはあまり関係のないことなので、知られたくないという方が多いと感じております。

医師の先生の副業の傾向と住民税の問題

医師の先生方の副業の場合には、本業と同じお仕事を他の病院等で行うケースが多いことは上述の通りです。実はこの点にこそ、先生方の副業が本業の医療機関等にばれかねない理由となっているのです。

副業が同じ仕事となる場合は、副業もまた基本的には給与所得となります。こちらのホームページの様々なページでも述べておりますが、副業が給与所得となる場合には、どうしても住民税を普通徴収にできないことがあります。特別徴収として本業の医療機関で天引きされてしまうのです。

他の医療機関等で受け取っている給与水準が高いと、特別徴収となった場合に大きく住民税額が増加しますので、副業の存在を疑われてしまうことにつながるのです。もしも普通徴収にできる場合には、その部分の住民税は本業の病院等には請求されませんので副業はばれません。

普通徴収を認めてくれるか否かと言うのは、居住地の市区町村の役所(市役所や区役所)のルール次第ですので、どこに住んでいるかによって明暗が分かれてしまうのです。運が良ければ、普通徴収としてくれる市区町村となり、副業で他の病院等で給与の支給を受けても本業先の病院にはばれないと言えます。

2,000万円以上の医師の方の場合

医師(医者)の先生方は高収入のことが多いものです。2,000万円以上の年収の方の場合は、年末調整を行うことができません。所得税法上において確定申告が義務付けられているのです。

年末調整で生命保険料控除などを使うことはできないのです。そのため、確定申告を行うまでは、源泉徴収票はもちろんとして、生命保険料控除証明書や地震保険料控除証明書などを廃棄せずに取っておいてください。廃棄してしまうと、再発行をしなくてはならなくなってしまい、保険会社等が再発行してくれるまでに少々時間を要しますので、確定申告書を提出するのが予定よりも遅れてしまうことがあるのです。

なお、2,000万円以上ですと副業がばれる可能性が高まるか否かと言う点においては、これまでの経験上は高まることはないと言えるでしょう。しいて言いますと、生命保険料控除などの所得控除よりも副業の所得が低い場合には、住民税の普通徴収を行ってもらえないことがあるのでご注意ください。

年末調整で使用すると、そういった控除は本業の住民税額の減少効果を発揮するのですが、確定申告となると副業の住民税から控除され、副業の住民税がゼロ円となってしまいますと、そもそも徴収する税額がなくなってしまいますので、普通徴収はできないのです。税額が発生してこそ行うことができるのが普通徴収なのです。

そしてこの場合には、本業の医療機関等を経由して医師の方がもらう住民税の特別徴収税額決定通知書には副業の所得も記載されてしまうのです。それを本業の人事部や経理部に開かれて見られてしまうと、副業所得の存在がばれるのです。

医師はハードな職業なので、過重労働にご注意を

勤務医の先生方のお仕事はかなりハードだと言われています。本業の医療機関のお仕事だけでもかなりの拘束時間の長さとなっていることが多くあります。報道などでも先生方の長時間労働が問題視されることもあります。

そこに副業も加わるとなると、1ヶ月の中で休日が1日あるかどうかなんてことにもなりかねないでしょう。実際に我々の税理士事務所がお取引をさせていただいている勤務医の先生は、1ヶ月で1日か2日しか休日を取得できないとおっしゃっている方がいらっしゃいますので、実際に非常に休みが取りにくい環境の病院もあるようです。

お医者さんの先生にこういったことを言うのもおかしなお話ですが、働き過ぎでご体調を崩される先生もいらっしゃるようですので、副業のし過ぎにはご注意くださればと存じます。万が一倒れられてしまうと、先生を必要とされる患者様方も困ってしまうことでしょう。

もしも医療業界以外の副業にご興味があるのであれば、一度スキームを構築すると比較的短時間の業務で効率的に利益を出すことができるネットビジネス等を展開することを視野に入れてみても良いのではないかと思います。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。