7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。

業務委託に基づく個人事業主なのでばれないようにできる可能性が高い

menu(メニュー)の配達員の副業は会社にばれない

menuで配達された食事を食べる女性の写真

menuのフードデリバリーサービスの配達の対価は給与ではなく報酬です。

menu(メニュー)の配達員の方は配達クルーと呼ばれ、業務委託に基づく個人事業主となります。menuアプリの運営会社との雇用契約の下で仕事をしているわけではないので住民税の普通徴収を容易に行うことができるので、副業会社ばれないようにできる可能性が高い副業・兼業となります。

menuは市場を拡大していくであろうフードデリバリーサービスであり、競合のフードデリバリーサービスの配達員が飽和状態にあることもあって、今後はmenuの配達員を副業として選択する人は着実に増加すると思われます。面接なしで登録できたり、障害見舞金支給規定なども整備されていることから、運営会社への信頼性が高い点も人気の理由の一つとなっています。

配達員の仕事を開始するときは、効率的には配達をこなすことによって一日の儲けを大きくすることを考えたりすると思いますが、同時に、どうやったら会社にばれることを防げるかという点も検討してくださればと思います。menuで副業をして稼ぐことは良いことなのですが、会社の同僚の中には良く思わない人もいるかもしれませんし、会社が副業は推奨していないこともあると思うので、ばれないようにした方が賢明であると言えるでしょう。

こちらのサイトには副業がばれないための情報をかなり細かく載せていますので、是非お気に入りに入れて何度もよく読んでくださればと思います。税金の確定申告年末調整等がばれるかばれないかのポイントになるのですが、その時期に読むことで必ず役に立つと思います。

フードのイメージ

menuのデリバリースタッフの人は、稼ぎに対しての申告義務を負います。申告書の提出先に関しては稼ぎが20万円以下か20万円超かによって変わってきますので、以下のページも参照としてください。

menuの副業が会社にばれるケースとは?

menu(メニュー)の副業・兼業は会社にばれないようにできる可能性が高いのですが、住民税を通じてばれるリスクが出るケースもあります。いくつかの参考例が考えられるのですが、その一部をこちらでご紹介しましょう。

以下のようなケースですと、menuから生じる住民税に関して確定申告の際に普通徴収を選択したとしてもばれます。

 

ケース1

「menuで稼いだ金額から発生する住民税額(稼ぎ×10%)よりも、副業の住民税から引かれる住宅ローン控除が大きい場合」

 

ケース2

「menuの仕事を暦年でいう年の後半から始めたために12月末日までの売上が少なく、自転車等の減価償却費やその他の経費が収入金額を上回ってしまう場合で、かつ、事業所得で申告した場合」

 

ケース3

「確定申告で使った所得控除の内、副業から優先的に控除される性質を有する所得控除の金額がmenuの所得金額以上となってしまう場合」

 

小難しい部分もありますが、このくらいの内容はすぐに理解できるくらいに住民税課税及び納税に関する知識をつけておかないと、副業がばれる可能性を排除できないので、サイト内の色々なページを読んで、しっかりと勉強してくださればと存じます。menuの配達の副業、又、本業の仕事が忙しいため、勉強するのが面倒であるという方は、当税理士事務所のガイドをご覧いただいた上でご相談くだされば、ご相談者一人一人の状況に応じた対応策を見つけることができるでしょう。

「確定申告をしなければ税務署にも会社にもばれない」は嘘

「確定申告をしないようにすれば副業については税務署にばれないため、menuで働いている部分には税金がかからないことになり、結果的に本業の会社にもばれないだろう」という論理展開をされる方が稀にいらっしゃいます。又、そのような話を他の配達員から聞いたという方もいらっしゃることでしょう。

しかし、確定申告をしなければ税務署にも会社にもばれないというのは嘘であると言えます。もしも確定申告をしないのであれば税金がかからないのであれば、どんな副業であっても、確定申告をしない人が多くなってしまうでしょう。税務調査の調査能力や権限は大きいために、さすがにそこまで甘くはなく、多くの場合には後から税務署に気が付かれてしまいます。

税務署としてはmenuの運営会社から情報を引き取れば済む話で、その情報から、どこの誰が個人として配達の報酬を獲得しているのかを知ることができるのです。あとは、その個人が申告をした形跡がなければ、その時点でばれることになります。ここからきつい税務調査が行われる可能性も高くなるので、申告をしないという脱税を前提とした選択はしないようにしてくださいませ。

menuの確定申告は難しいの?

menuのようなフードデリバリースタッフの確定申告はそこまで難しいものではないでしょう。

ただ、事業所得と雑所得を比べると、事業所得で申告をする場合には、難易度が上がってくるでしょう。事業所得で確定申告を行う場合には、会計上の勘定科目ごとに金額を集計したり、収支内訳書(青色申告の場合は損益計算書や貸借対照表)を確定申告書と一緒に提出したりしなくてはならないのです。

初めて個人事業主として確定申告を行うの場合には、簿記の知識がない状態ですと、1日などの短期間では終わらないと思いますので、余裕を持って申告書作りを開始した方が良いでしょう。可能な限りは、確定申告の直前に会計記帳をするのではなくて、毎月1度は記帳する習慣をつけていただいた方が良いでしょう。直前に焦って会計をしたり申告書作りをするとミスの原因にもなりますし(ミスで副業バレにつながることもあります)、必要経費の計上を見落としてしまって余分な所得税・住民税を納付することになってしまうかもしれません。

雑所得の場合には、確定申告書には細かい勘定科目などは記入せずに、menuでの儲けに関しては、収入金額年間総額と必要経費年間総額を記入し、その差額を所得金額として記入すれば良いだけなので、事業所得での申告よりは随分と簡単であると言えるでしょう。雑所得の場合は青色申告ができないので、節税しやすいのは事業所得であるということになるのですが。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。