副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

治験の税金の確定申告と副業ばれに関して

治験謝礼を受け取っている方と言うのは意外と多くいらっしゃいます。病院内での暇な時間を苦に感じない方で、健康診断での数値に自信がおありの方にとっては、高額の謝礼がもらえる治験ボランティア(ボランティアと言うのか微妙な気もしますが)は魅力的と言えるかもしれません。もちろん、健康被害のリスクが全くのゼロではないかもしれないので、敬遠される方もいらっしゃるとは思いますが。

治験の謝礼について非課税と思われている方々もいらっしゃいますが、実は所得税等の税金はしっかりと課税されてしまいます。会社員の方が副業で治験の謝礼を得た場合には、年間(暦年単位)で20万円超の利益だと税務署に所得税及び復興特別所得税の確定申告を行わなくてはなりません。治験の謝礼から出た利益が年間20万円以下の場合は、税務署への確定申告をしないことを選択できますが、反対に、住民税の申告を行わなくてはなりません。

医療の発展に寄与するお仕事ですので、非課税でも良いのではないかと言う声もありますが、現状の所得税・地方税では課税対象となってしまうのですね。

なお、会社員の方が治験で謝礼を得ていることを勤務先の会社にばれないようにしたいとお考えのケースもあるかと思います。この点に関しても、こちらのページでしっかりとご説明いたします。

※謝礼とはなっていることが多いので、こちらでも謝礼と表現しておりますが、報酬的な要素もあると言えるのではないでしょうか。

そもそも治験を受けることは副業に該当するのか。

知見を受ける人のイメージ画像

治験を受けて報酬を受けることは副業とは見なさない会社もあるでしょう。

治験を受ける方が本業の会社の副業禁止規定への抵触を気にされることがあるのですが、果たして治験は副業に該当するのでしょうか。実はこの部分は非常に微妙なところではあります。治験の対価は負担軽減費・謝礼となっていることも多く、ある意味では医療に対する協力行為であり、単純に労働力を提供して時給を得たり、商品を売却したりしたわけではないので、単純な副業とは少し色合いが違うのではないでしょうか。ボランティアとしての性質も入っているとも言えるのです。

この点に関しては、勤務先の会社によって判断が別れるところでしょう。その治験をすることによって、会社の名誉を傷つけるわけではないので、万一会社にばれるようなことがあったとしても、「あくまでもボランティアと言う気持ちで行い、結果的に負担軽減費をもらったのです」とお伝えいただけると、ペナルティーを受ける可能性も低いでしょう。

個人的には、治験を積極的に禁止するような会社は少ないだろうとは思っています。

ただ、100%ではないですし、高額の謝礼を求めて繰り返し治験で稼いでいる場合は、副業とみなされる可能性もあるのではないでしょうか。

又、副業として禁止されていないとしても、副収入を得ていることは会社にばれない方が良いでしょう。収入情報と言うのは、かなりプライベートは事柄ではありますので、隠した方が良いと言えます。

治験の対価から発生する住民税は普通徴収にしましょう

治験の謝礼・負担軽減費は高額であることも多いですし、経費部分もほとんどないでしょうから、マイナスとになることはないので、税務署への確定申告もしくは住民税の申告が必要となります。

さて、副収入を得ているかどうか本業の会社にばれるとすると、住民税からばれます。治験の謝礼に対して課税される住民税が会社で天引きされるとばれる可能性が出てきてしまうのです。そのため、確定申告の際にはきちんと住民税を普通徴収にすることが大切です。普通徴収を選択すると、治験の謝礼に課税される住民税に関して、自分で金融機関で納めることができるようになり、会社にばれないようになるのです。ご不安な場合には、一度我々のような副業の課税関係に詳しい税理士事務所(会計事務所)にご相談されることをおすすめいたします。

なお、治験の謝礼がいくら払われたかはその支払者が税務署に報告している可能性もありますし、その支払者の税務調査の際に税務署が情報を獲得する可能性もあります。必ず申告を行うようにしてください。後から税務調査を受けることになると、有給休暇を取得して会社を休まなくてはならなくなるかもしれませんし、余計な罰金と利息の支払いまで生じてしまうのです。十分にお気を付けください。

現金受け取りの場合も振り込みの場合と同様にもれずに申告を!

治験の謝礼金に関しては、現金渡しで支払われることが多いものです。一方で、振込で行われることもあります。これは、その支払いを行う機関の規則によって変わってきますし、高額な報酬となる場合には振り込みとなるケースもあります。

さて、現金でもらった場合には、それをそのままお財布に入れてしまって、謝礼額の書かれた書類を失くしてしまうこともあるかもしれません。しかし、こうなると後から「いくらもらったか」がわからなくなってしまい、申告書の作成の際に困ってしまうかもしれません。そういった金額に関わる書類はなくさないようにしてください。

又、現金で受け取った場合には、銀行に入金記録が残らないので税務署にもばれないだろうと考えてしまう方がいらっしゃいます。しかし、既に述べた通りでして、税務署は支払者の情報から治験を受けた納税義務者を割り出してきますので、現金でも振り込みでも、無申告者を見つけるのに苦労はしないのです。決して治験に関わる確定申告を無申告としたりはせずに、期限内に行ってくださればと存じます。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー