副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

ポイントは税金の支払の対象になるのか。確定申告は必要なのか。

ポイントサイトのポイント副収入と税金

ポイントサイトで副業する女性の写真

ポイントサイトは隙間時間でもお小遣い稼ぎができるので人気があります。

ポイントサイト副収入を得る会社員の方が増加しています。

特に初期投資が不要で気軽に簡単に始められるものが多く、上手にポイントサイトを活用すれば毎月数十万円以上稼ぐことも可能なため、子育ての合間や通勤時間中の副業として人気です(数十万稼ぐのは決して簡単ではありませんが)。

ポイントサイトで稼げるようになってくると気になるのが税金ですが、ポイントサイトで稼いだら所得税や住民税はどうなるのでしょうか。ポイントは税金の支払対象となるのでしょう。

結論としては、「確定申告が必要な場合がある」ということになります。ポイントの性質によって、税金がかかる場合税金がかからない場合に分かれてくると言うことです。

又、サラリーマンやOLの方々としては、ポイントサイトで稼ぐことは本業の会社の副業禁止規定に抵触するのか否かという問題も気になるところだと思いますので、こちらのページで触れていきたいと思います。基本的には会社にばれないようにできるのですが、万一ポイントサイトで稼いでいることがばれたときに、副業禁止規定違反になるのかどうかは知っておきたいところですよね。

ポイントサイトでお小遣い稼ぎをする人は大勢いる

ポイントサイトでは、サイトの登録や企画などに参加することによってポイントを貯めていくのが基本です。又、最近ではアプリをインストールして遊ぶことでポイントが貯まるものもあり、ゲームを楽しむついでに副収入を得ることもできます。ゲームをして、更に儲けることにもつながると言うのは、非常におもしろい仕組みと言うことができますね。

ポイントは様々なサイトがあり、稼ぎ方も多様です。スマホさえあればいつでも、どこからでも登録・ポイ活(ポイント獲得の活動の意味)ができるので、とりあえず登録だけはしているという方も大勢いるのではないでしょうか。中でもポイントサイトの紹介記事を書いて、そこから登録された場合に報酬を得るという、ポイントサイトアフィリエイトで大きな稼ぎを得ている方もいるようです(こちらはポイントサイト本来の稼ぎ方ではなくアフィリエイトになりますが、ポイントサイトの事を知らないことには上手な紹介記事は書けませんので、皆さんスタートはポイントサイトへの登録がスタートになるかと思います)。

このように、ポイントサイトは多種多様に存在し、利用者は増え続けています。その分だけ、税金や所得税等の確定申告に関してご不安に思われる方々も増えていると言えますが。

ちなみに、主要なところとして、下記のようなサイトがあります(詳しくは下の方でも再掲してご説明いたします)。

・モッピー

・ポイントタウン

・げん玉

・リサーチパネル

・colleee

・チャンスイット

・ちょびリッチ

・Getmoney

・お財布.com

・ポイントインカム

・i2iポイント

・ECナビ

・ハピタス

・ライフメディア

・楽天スーパーポイントスクリーン

スマホでポイントを稼ぐイメージ

パソコンがなくても、スマホでもポイントは獲得できます。

ポイントの課税に関して

ポイントの課税に関しては、2つの点を考える必要があります。

一つは、「いつ確定申告すれば良いのか」という時期の問題と、もう一つは「何の所得として確定申告すれば良いのか」という所得区分の問題です。

この内、時期の問題については、「ポイントを使用した時点」で課税されるとの考え方が有力です。ポイントをもらった時点ではなく、あくまで使用(又は換金)した時点です。

二つ目の所得区分の問題については、ポイントのタイプごとに取扱いが異なってきますので、以下で詳細を検討していきたいと思います。

※ポイントの課税については、税法上まだ明確ではない部分も多くあります。

ポイント収入が雑所得となる場合

質問やアンケートの回答等の対価として付与されるポイントは雑所得に該当します。また、ポイントサイトへの紹介等により受け取るアフィリエイト報酬も同様です。

一般的なポイントサイトでの副収入はこの「雑所得」になるということですね。もちろん、事業的規模と言って、かなり大きな金額を稼ぐようになると、「事業所得」として申告をしても良いでしょう。会社員としての収入と同じようなレベルとなると、それを事業と考えても税務署に税務調査の際に否定される可能性は低くなるでしょう。

ポイント収入が事業所得となる場合

個人事業を営んでいる方が、業務に関する資産等を購入した際に獲得したポイントについては、事業所得となります。そもその他の事業を営んでいたと言うケースですね。ただし、売上になるのではなく、値引きとなるケース、つまりは経費の額のマイナスと捉えることができるケースが非常に多くあることに注意しましょう。税理士によっても判断が別れる非常にグレーな部分ではあるのですが。

ポイント収入が一時所得となる場合

物品等の購買により付与されたポイント(Tポイント等)は一時所得になると考えられます。様々なお店でポイントカードを出して貯めるタイプのものですね。今の時代では、ほとんどの方が何かしらのポイントカードをお持ちではないでしょうか。厳密には貯めたポイントを使用した時点で一時所得が発生しますが、この一時所得には50万円の特別控除というものがあり、1年間での収入が50万円以下ですと税金がかからないという決まりがあるため、ほとんどの方は申告をする必要は生じないこととなります。

このように、ポイントのもらい方によって、申告が必要なケースが出てきます。これがポイントに対する税金の考え方を非常に複雑にしてしまっていると考えることができるでしょう。申告が必要となるのは「雑所得」のケースがほとんどではないでしょうか。

しかし実際には、年間を通じて獲得及び使用したポイントの中に「雑所得」と「事業所得」のポイントが混在していることも多いと思われます。様々な場所で獲得したポイントを、使用した時点で、税金の支払の対象になるものと支払の対象外となるものに区分するのは実務上は非常に困難と思われます。そういった事情もあり、ポイントの課税に関しては法整備が進んでいないのが実情です。

しかし後々税務署に指摘されないように、出来る限りご自身で把握して、きちんと申告はしておいた方が良いでしょう。

ポイントで支払いをしている写真

ポイントでの決済を行う都度に、所得税・住民税の課税対象か否かを判断するのは大変困難です。

ポイントサイト収入の確定申告で必要経費に計上できるもの

ポイントサイトの必要経費として計上できるものとしては、以下のようなものが考えられます。必要経費を計上すると所得税や住民税が安くなるので、必ずもれなく計上したいですね。

・自宅家賃の一部(ポイントサイトでの活動を専用で行うスペースがあると経費にできる確率が非常に高まります)

・自宅の電気代の一部

・通信費(ネット・スマホ)の一部

・パソコン、タブレット、スマホの購入代金の一部

・サーバー代(アフィリエイトを行う場合)

PC周辺機器等の一部

・ポイント交換時の支払手数料

・勉強会やセミナーへの参加費用

業務の割合に応じて一部を経費計上するものについては、業務割合の算出方法を合理的に説明できるようにしておきましょう(使用時間や使用面積等)

ポイントを得ると副業禁止規定に抵触したことになるの?

会社の就業規則で禁止されている副業に該当するか否かは、どのようにポイントを得るかによって変わってくるでしょう。

お店で買い物してポイントを得ただけであれば、副業には該当しません。

一方で、ポイントサイトに登録して様々なアンケートに答えたり、アプリをインストールしたり、ブログで紹介して報酬をもらったりという場合は、厳密には副業に該当してくる可能性もなくはありません。ただし、派手に儲かるようなことがなければ、会社としてもポイント収入くらいは許してくれる可能性が高いでしょう。アフィリエイトによるポイント獲得を積極的に行うと、副業禁止規定に抵触する可能性が低くないと言えるでしょう。

念のために、住民税は普通徴収にして会社にばれないようにしよう

ポイントサイトで儲けが出て、申告が必要となった場合は、念のために副業住民税普通徴収にしましょう。

普通徴収にするには、「所得税の確定申告書第二表」の「給与・公的年金等に係る所得に係る住民税の徴収方法の選択」というところで、「自分で納付」を選択してください。副業の所得が20万円以下で、住民税の申告をする場合は、市区町村ごとに申告書類が異なりますので、市区町村のHPからダウンロードするか、取り寄せてください。住民税の申告書では、所得税の確定申告書と違い、多くは「自分で納付」ではなく、「普通徴収」と記載されていますので、そこを選択してください。

厳密には、ふるさと納税、医療費控除、赤字申告、住宅ローン控除等が絡むとそこからばれてしまうリスクもあるのですが、この「普通徴収」に注意していただくだけでも副業がばれるリスクはかなり低下させることができます。上記の控除がなければ、住民税の決定通知書から副業が会社にばれることがなくなるのです。

申告書の書式の重要ポイントの画像

自分での納付を選択してポイントサイトの収入に係る住民税を普通徴収にしましょう。

ポイントの所得を申告しなくても税務署にはばれない?

結論から申し上げますと、ポイントサイトで大きく稼いでいる方は税務署にバレる可能性が高いです。稼ぐ人が増えると税務署も当然目をつけます。ちょっと前ですと、ある転売サイトで稼ぎまくっていた方々に次々と調査が入ったというケースもあったようです。税務署もポイントで稼いでいる人が申告していない(無申告)状態となることが多いことは把握して、目を付けているのです。

税務署がその気になれば、ポイントサイトや金融機関への問い合わせで簡単に発覚するでしょう。

ポイントサイトで稼いだ収入を税務署に隠してしまって、それが後々ばれてしまいますと、5年間遡って納税をしなければならなくなる場合もあり、さらに無申告加算税や延滞税等のペナルティも課されます。その他住民税や国民健康保険等(国民健康保険の加入者のみ)も納めなければなりません。まとめて支払うとなると非常に大変です。

また、ご主人や両親、その他のご家族の方の扶養に入られている主婦や学生の方は、ご主人や両親の会社の年末調整をやり直すように、税務署から会社へ連絡が行ってしまうこともあります(これは絶対に避けたいところです)。

ただ、申告をしようにも前記の通りポイントを使用(又は換金)した際の所得を区分することは非常に困難です。利益が出ている自覚がある方は、税務署や税理士事務所に一度直接ご相談されるのもよいかもしれません。

※今後、ポイントに関する支払調書が整備されるようなことがあると、更に税務署にばれやすくなります。ポイントの支払調書とは、「企業が誰にいくらの価値のポイントを付与したかを税務署に報告するための書面」とお考えください。

税金の納付はnanacoがお得?

税金の納付をクレジットカードで行うことにより、ポイントを獲得することが可能です。

しかし、クレジットカードでの納付の場合、決済手数料(最初の1万円までは76(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76(消費税別)が加算)がかかってしまいます。

そこで、nanacoにクレジットカードでチャージした上で、nanacoで税金を支払えば、ポイントだけついて、決済手数料がかからないのです。ただし、nanacoへのチャージでポイントがつくクレジットカードは限られており、nanacoポイントもつきませんので、ご注意ください。

人気のあるポイントサイトは

・モッピー

運営会社の株式会社セレスは東証一部に上場しています。上場していると言うことは、安心感につながりますよね。またモッピー以外にも「お財布.com」等の運営もしています。報酬は比較的高めで、友達紹介制度や無料ゲームが充実しています。

 

・ポイントインカム

運営会社はファイブゲート株式会社で、2003年に設立されています。社歴が長いことが安心感を与えてくれるという部分はあると思います。決して大きな会社ではなく、比較的小規模な会社ではありますが、運営歴と270万人以上という会員数は十分に信頼に値するのではないでしょうか。ポイントインカムは広告還元率が高いところに魅力があり、広告利用で稼いでいる方が多いようです。

 

・ポイントタウン

運営会社のGMOメディア株式会社は東証マザーズに上場しています。こちらのサイトの名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。皆さんご存知のGMOグループですね。ポイントタウンはゲームが非常に充実しています。クリックやゲームで貯めたいという方にオススメです。

 

・ちょびリッチ

運営会社は株式会社ちょびリッチで、2002年に設立されていいます。運営歴の長さと330万人以上という会員数を誇る大手サイトですので有名です。コンテンツが非常に豊富であり、継続的な利用によってポイントを獲得できるゲームが多いのが特徴のポイントサイトです。まめな性格で、日々コツコツと継続できる方にオススメです。

 

・利用を控えた方が良いサイト

ポイントサイトは非常に多くあり、残念ではありますが、中には悪質なサイトも含まれています。以下のような特徴や口コミがあるサイトは利用しない方が良いでしょう。

換金のハードルが高い(又は換金できない)

悪質なサイトではポイントを貯めても換金することができないことがあります。

又、「ポイントの最低交換額が高い(最低5,000円から等)」「ポイントの有効期限が3ヶ月未満等極端に短い」等のサイトは利用しない方が良いでしょう。せっかく日々コツコツ頑張っても最終的に換金することができないのであれば、時間の無駄とも言えますよね。

換金可能性が高いポイントサイトを利用することが、稼ぐコツと言えそうです。

利用料等を請求してくる

ポイントサイトでユーザーがお金を払うこと通常ありません。しかし、中には利用料を請求してくるポイントサイトがあるのです。

利用料等を求めてくるようなサイトは利用しない方が良いでしょう。ポイントサイトはそもそも企業の広告費の一部をユーザーへ還元する仕組みですから、ユーザー側に料金が発生するようなところはあまり信頼できないかもしれません。

登録すると儲かることを謳って、実際にはあまり儲けることができず、利用料だけを支払うことにもなりかねません。悪質なサイトもあるということをご認識頂き、気を付けてサイト選びをしてください。

運営会社で検索すると複数の悪質サイトがヒットする

ポイントサイトを利用する場合は、運営会社を確認しましょう。上記でご紹介したようなサイトは大手や社歴の長い企業が運営しており、安心できます。一方で、悪質な運営会社は、自社が運営する悪質サイト等へ誘導するために、高額なポイントプレゼント等の言葉で煽ってくることがありますので、注意しましょう。

せっかく皆様が副収入を得ようとしているところ、悪質なサイトに騙されるようなことがないことを願っております。十分にお気を付けください。

ポイントサイトのメリット

ポイントサイトはスマホさえあれば場所を選ばず、通勤時間中や育児の合間等、隙間時間でお小遣い稼ぎができるため、今も市場規模は拡大しています。そこで、副業という観点からポイントサイトにはどのようなメリットがあるのか考えてみました。これらのメリットを見て、良いと感じた方はポイントサイトにチャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

1.初期投資が不要

なんといっても、ポイントサイトは始めるために追加でお金がかからないのが魅力です。スマホやPCさえあれば誰でも登録できますし、お小遣い程度を稼ぐだけなら非常に簡単です。稼げなかったとしても初期投資はゼロですから、リスクはありません。ただし、悪質なサイトには登録しないように注意しましょう。

2.特別な知識が不要

スマホやPCの操作ができる方なら、新たな知識を身に着けなくとも簡単に始められます。他の副業に比べると気軽度はナンバー1かもしれません。逆に大きく稼ごうと思ったらそれなりの努力が必要となることでしょう。

3.大きく稼ぐことも可能

ポイントサイトではアフィリエイトを利用して大きく稼いでおられる方もいます。上記の2つよりもハードルは上がりますが、実際にポイントサイトを利用しないことには的確な紹介記事を書くのは難しいと思いますので、皆さんはじめはコツコツとポイントを稼ぐところから始められたのではないでしょうか。

ポイントの税務は今後ますます整備されます

ここまで、ポイントサイトについての解説でした。皆さんも何かしらのポイントを利用されているのではないでしょうか。税金については、まだ未整備の部分もありますが、正しく稼いで正しく納税していただければと思います。

ポイントというものを発行する企業は増々増加していますので、税務当局としてもいつかはより本腰を入れて、ポイントの税務を整備しなくてはならないでしょう。納税者の皆様としては、既に新しい情報を手に入れて、現在獲得されているポイントが税金の支払の対象となるのか否かなどを調べていくことが大切になると言えます。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー