副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

副業バレに関しては、「直下のリンクページのような内容の根本的解決方法であり、かつ、ばれないようにするなら最初にやるべきこと」を実践しなければ、インターネットで何度も「バレない方法」を調べ続けても永久に問題は解決せず調べ続けることになります(この方法でバレた人は今までに0人です)。

いきなり住民税の普通徴収の方法や副業バレの注意点を学んでも、下記の「副業がバレない方法」のページの内容を実行しないと、バレるリスクがそこそこ残るので、意味がないのです。

なお、2022年の副業がバレないようにしたいなら、なるべく2022年7月末までに直下のリンク先の対策を行ってください。

Bizseek(ビズシーク)の副業は会社にばれない!

Bizseek(ビズシーク)は報酬だから会社にばれない可能性大!

Bizseek(ビズシーク)で副業副業する会社員のイメージ写真

Bizseek(ビズシーク)で副業する人は、住民税を普通徴収にすることで、副業バレを防ぐことができます。

Bizseek(ビズシーク)で仕事を受注する形で副業をしている方で、その副業を本業の会社にばれないようにしたいという人は多いでしょう。

ばれるかどうか悩みながら仕事をするよりも、しっかりと会社にばれない方法を学んで副業に取り組んだ方が良いとも言えます。

結論から言うと、Bizseek(ビズシーク)で業務委託の形で副業をする分には、ばれないようにできるでしょう。業務委託の場合には、基本的に住民税の普通徴収を選択することができるので、住民税からはばれないのです。又、雑所得もしくは事業所得としての申告となるので、健康保険(社会保険)厚生年金の保険料を通じてばれるリスクもありません。

ただし、住民税を普通徴収とできずに会社バレのリスクを背負うパターンもあるので、そういったケースの例示もこちらのページでさせていただきます。

Bizseek(ビズシーク)の住民税を普通徴収にする方法

徴収方法を普通徴収にして自宅に住民税を送ってもらうと副業がばれないわけですが、その場合には、税務署に提出する確定申告書の住民税に関する事項で「自分で納付」を選択してください。これが普通徴収を希望する意思表示として必要な事項なのですが、選択しても本業は特別徴収と言って会社天引きとなり、Bizseek(ビズシーク)の稼ぎに課税される住民税だけ普通徴収にしてもらうことができます。

Bizseek(ビズシーク)の所得が20万円以下の場合には、税務署への確定申告に代えて、住民税の申告をすれば良いのですが、住民税の申告書は市区町村ごとに異なるので、ご自身が住んでいる地域の市役所や区役所のホームページから申告書を印刷するか、ホームページに用意されていない場合には役所に取りに行くか電話して郵送してもらってください(郵送してくれる役所が多いです)。

住民税の申告書上では「自分で納付」ではなく、「普通徴収」などの別の表現となっているケースがあります。一度市役所や区役所の職員に「どの項目を選択すると副業分が普通徴収になるか?」を質問してから記入した方が確実でしょう。

会社バレリスクの出るケースもある

基本的にはBizseek(ビズシーク)の副業は会社にばれないということは説明しましたが、会社にばれるケースもありますので一例を説明します。

ふるさと納税や医療費控除、住宅ローン控除などの所得控除が原因となる場合、年末調整の失敗が引き金になる場合、色々とあるのですが、ここは医療費控除を例にしたいと思います。

副業の所得と医療費控除の金額の関係が「副業の所得≦医療費控除」となった場合には、普通徴収ができなくなります。副業の所得から優先的に医療費控除を引く市区町村がほとんどですから、副業の所得が消されてしまうので、Bizseek(ビズシーク)の稼ぎからは住民税が生じないということになるのです。

住民税が生じない場合は、市区町村としては、自宅に普通徴収の通知を送る必要がなくなります。それだけなら良いのですが、この場合には会社に送られる特別徴収税額決定通知書(納税義務者用/従業員用)の所得区分のところで、副業の所得区分(Bizseek(ビズシーク)の場合は雑所得か事業所得)にアスタリスクマークがつけられてしまいます。特別徴収税額決定通知書が圧着式などになっていなくて中身が丸見えの場合には、会社にばれることになってしまいます。

副業がバレない方法を実践するにはいくつか知っておかないこともあるのですが、この医療費控除は要注意項目の一つですね。

Bizseekの公式ホームページの画像ですが、こちらから登録可能です。登録方法は簡単です。

Bizseek(ビズシーク)にはどのくらいの税金がかかるの?

どのくらい税金がかかってくるのかも気になるところだと思います。Bizseek(ビズシーク)で儲けたお金のどのくらいが税金で持っていかれてしまうのかわからないと不安になりますよね。

主にかかってくる税金は所得税住民税です。

所得税に関しては課税所得の金額に応じて税率が変わります。この課税所得の金額に関しては副業の所得だけではなく、本業の所得と副業の所得の合計額から所得控除の合計額を引いた金額から計算します(他に一時所得や不動産所得などあれば、それも足します)。

所得税の税額計算表

課税所得金額(千円未満切り捨て)

所得税率 控除額
1,000円~1,949,000円 5% 0円
1,951,000円~3,299,000円 10% 97,500円
3,300,000円~6,949,000円 20% 427,500円
6,950,000円~8,999,000円 23% 636,000円

9,000,000円~17,999,000円

33% 1,536,000円
18,000,000円~39,999,000円 40% 2,796,000円

40,000,000円~

45% 4,796,000円

千円未満切り捨てをした課税所得金額に税率を乗じて、その後に控除額を差し引くと所得税額が計算されます。なお、別途復興税がかかりますが、こちらは算出された所得税額の2.1%となります。

 

住民税に関しては、10%一律ですので副業の所得の10%だと考えましょう。

この他、消費税の課税事業者の場合には、消費税がかかります。又、Bizseek(ビズシーク)の所得を事業所得で申告している方で、青色申告特別控除前の利益が290万円を超えている方に関しては、事業税が発生します。雑所得の場合には、事業所得であると認定されない限りはかかりません。

税金滞納は副業バレにつながることもあるので要注意

Bizseek(ビズシーク)の副業で利益が出て確定申告をした場合、所得税に関しては確定申告期限までに納税します。こちらは、税務署に置いてある納付書を使ったり、ペイジーを利用してATMやネットバンキングから納税可能です。

又、住民税に関しては普通徴収分は自宅に納付書が送られてくるので、その納付書を使って納税してください。銀行引き落としにすることもできるので、市区町村に問い合わせて引き落としに変更しても良いでしょう。

さて、これらの税金を滞納してしまい、納付に時間がかかってしまうと、滞納処分が行われることになります。具体的には差押が行われたりするのです。徴収側としては、まずは銀行預金に目をつけますが、それでも徴収しきれないと、今度は本業でもらっている給与に目を付けて、給与の差押えを行う可能性が高くなります。本業の会社に差押通知書を送り、給与を本人に払わずに税務署等に直接支払うように命じてくるのです(最低生活費とかまでは差し押さえない)。

差押となれば、会社にも他に所得税や住民税があることがわかってしまうので、副業がばれることになります。したがって、税金の滞納は絶対にしないようにしましょう。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

最近は副業がばれるケースが増加してると思います。そういった方は、ネット上で、住民税が増えないようにすることばかりを調べているのです。

結論を言うと、下記のページをご覧いただいておけば、副業は根本的にほぼバレないようにできるので、必ず目を通してください。

どんなに調べ続けでも、以下の根本的対策をしないなら、永久にバレるリスクが残るので、あまり意味はないのです。

おそらく、読み終わってから「なんだ、その手があったか」とか「色々調べたけど、最初からこうすれば、もう副業バレについて調べ続ける必要がない」と思っていただけ、又、ホッとご安心いただけると思います。

ただ、このように書いても、実際に行動してくださるのは10%未満の人であり、他の人は「目の前に無料でできる副業バレ防止の完全な答えがあるのに、それをせずになぜかまた繰り返し検索してネットをさまよってしまう」ことになり、結局ばれてしまったりするので、今こちらをご覧の皆様はきちんと簡単な対策を完了してください。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついています。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。