副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで、本気で学べる起業塾です。

「副業がばれない方法」と「節税」に関して11月23日にセミナーを開催!

場所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(日本橋駅、東京駅の近くです)

日時:2019年11月23日 13時40分~16時30分頃(13時15分より受付開始)

副業がばれない方法に関するセミナーは世の中にはほとんどないと思われますが、これからの年末調整確定申告の時期にどうすれば会社にばれないで済むのかと悩みの方も多いため、セミナーを開催させていただきます。併せて「節税方法」「副業に強い税理士だからこそ知っている、実は利益を大きく出せる副業の具体例」も紹介いたします。

セミナー申込のページはこちらをクリック

 

住民税(市民税、特別区民税、県民税、都民税など)の普通徴収について税理士が説明!

普通徴収とは?

普通徴収とは、住民税に関して、地方公共団体が決定した税額、納期限、納付場所、住民税計算根拠を記載した納税通知書を納税義務者本人に通知して、徴税する方法のことを言います。

地方税法第1条第1項第7号に規定されている徴税方法です。第1条第1項第9号においては、特別徴収という会社で天引きされて納税する徴税方法について定められていて、どちらかの方法で会社員の方は市民税、特別区民税、県民税、都民税などの住民税を納税することになります。

なお、市町村民税と都道府県民税のどちらも、市区町村の役所が徴収することになっています。ですので、市区町村の役所から納税通知書は送られてくるのであり、別途で都道府県から納税通知書が個人に送付されるわけではありません。地方税法第319条第2項において、市町村は当該個人の道府県民税を併せて賦課して課税するものとする、と規定されているのです。

一応は条文も書いて説明したので小難しくは感じられるかもしれませんが、簡単に一言で説明すると、自宅に役所から住民税の納付書が送られてきて、その納付書を利用して納税する方法であるとお考えください(金融機関の口座からの振り替えも可能ですが)

普通徴収の住民税は何月に納付するの?【納付期限に関して】

普通徴収の住民税の納期限(納付期限)ですが、4回に分けて納税することになっており、以下の表の通りでございます。下記の表では、住民税額が20万円として例示しておりますが、単純に4等分されて、各々の金額に関して納期限が設定されることになります。

納期 第1期 第2期 第3期 第4期
納付期限 6月末日 8月末日 10月末日 1月末日
納付金額(合計20万円) 5万円 5万円 5万円 5万円

なお、同日が土曜日、日曜日、祝日と重なる場合は、次の平日が納付期限となります。また、4期分をまとめて納めることもできるので、後で納付を忘れて利息を支払う危険性を減少させるために、余裕がある場合は、6月にまとめて4期分を納税してしまうのも良い方法です。

納付期限内に納めないと利息がかかるほか、滞納処分の危険性もあるのでご注意ください。

普通徴収のメリット・デメリット

普通徴収のメリットとしては、副業・ダブルワーク等が住民税を通じて会社にばれることを防止できる点にあります。こちらが最大のメリットでしょう。副業に係る住民税のみを普通徴収とし、本業の住民税を特別徴収とすると、会社は副業・ダブルワークに気が付くことはできないのです。

又、最近では、普通徴収住民税に限り、クレジットカードでの支払いを認める市区町村が出てきました。クレジットカードを利用すると、ポイントを貯めることができます。しかし、システム手数料等の名目で、基本的には手数料がかかります。ポイントだけ貯まるのであれば良いのですが、手数料が出ていくので、手数料を払ってでもポイントを獲得した方が有利である場合に限って、クレジットカード支払いを行いましょう。

一方で、普通徴収のデメリットは、特別徴収に比して早期に住民税を納めなくてはなりませんし、給与天引きではなく自分でまとまったお金を支払うので、支払の負担が大きく感じられることにあります。納付書を使って納税する場合には、納付をする時間がかかってしまう点もデメリットでしょう。

副業の住民税だけ普通徴収にできるの?

普通徴収について考えるイメージ。

副業(兼業・サイドビジネス)に対して課税される住民税を普通徴収にすることはできます。ただし、副業がアルバイトの場合は、難しいこともるので注意が必要です。

会社員の方で副業をされている方ですと、会社から支給される給与所得に係る住民税は会社で天引きしてもらって、副業に係る住民税は普通徴収にしたいとお考えになるでしょう。そうすると、住民税から副業バレが起きなくなりますので。

結論から言うと、副業の住民税だけを普通徴収にできることもあれば、普通徴収にできないこともあります。まず、アルバイト型の副業の場合は、役所次第の部分が強くなります。

一方で、サイドビジネス個人事業型)の場合や不動産投資FXなどの投資行為の場合には、いくつかの注意点にひっかからなければ、普通徴収にすることができます。

転職したら普通徴収に切り替えになるの?

会社員の方が会社を退職した場合には、住民税は普通徴収に切り替わることが多くなります。それまでは毎月会社で特別徴収されていた住民税について、会社が普通徴収への切り替えの手続きを行い、その後の住民税の通知書が自宅に送付されるのです。

ただし、退職月によっては最後の給与や退職金から残りの住民税がまとめて徴収されることもあり、この場合は普通徴収への切り替えは起こりません。

退職月 処理方法
6月から12月に退職した場合 翌年5月までの住民税を給与等から一括徴収するか、普通徴収に切り替えるか選択可能である。
1月から5月に退職した場合 5月までの残りの住民税を最後の給与もしくは退職金から一括徴収する。つまり、普通徴収への切り替えは行われない。

例外的に、退職後にすぐに新しい会社に転職する場合には、給与所得者異動届に必要事項を記載することで、新しい会社で住民税の特別徴収を継続することができます。ただ、実務上はこの手続きはあまり見かけません。退職後に既に課税されている住民税を新しい会社で天引きされるケースは少ないのです。多くの場合は、一括徴収を最後に行うか、普通徴収へ切り替わるのです。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者(税理士)の記載した下記のガイドとプロによるアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。なお、副業を始めて時間が経つと、その方の状況によっては対策を打ちにくくなるので、お早めにご相談くださいませ。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー