副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

副業がバレない方法に関して知りたい方は、下記のページより「副業がバレない方法のガイド(動画解説付き)」を取得してくださればと存じます。どんな副業が儲かってるのかに関しても税理士目線で回答できますし、どんな必要経費計上できるのなどに関しても、ご質問ください。

「副業がばれない方法のガイド」の取得はこちらをクリック

転職後の会社に副業はばれる?

転職後の新しい会社に副業がすぐにばれる可能性は低い

転職先で副業する男性のイメージ

副業をしている方が転職をする場合、副業をしていることを履歴書等に記載せず、そのまま新しい会社に入社しても副業を続けることがあります。

この場合に、転職後の新しい会社に副業をばれるかどうかを心配することもあるでしょう。結論からいうと、転職したからといって、副業バレを極端に恐れる必要はないでしょう。副業が転職先の会社にはばれない可能性が高いのです。

例外的に、副業がアルバイトの場合で、そのアルバイトを転職前の会社時代から行っていて、かつ、転職のための就職活動で使用する履歴書でアルバイトを行っていることを記載した場合は少し話が別です。転職先が年末調整の際に、「前の職場で働いてるときに行ってたアルバイトの副業の源泉徴収票も持ってきてくださいね」と言われた時に、源泉徴収票を出せなくなってしまって副業を疑われるリスクは生じるでしょう。そのアルバイトを辞めていない場合は、退職日付が記載された源泉徴収票を提出できないですし、そもそも本業の年末調整までにアルバイト先から源泉徴収票がでないのです。

転職先に転職後も継続している副業がばれる可能性が生じる時期

転職後も副業を継続している場合は、副業がばれることを心配しなくてはならない時期はいつになるかを解説します。

基本的には、前の項目で挙げたような副業がアルバイトのような給与所得の場合の年末調整の問題がなければ、転職した年の翌年の6月から副業がばれるリスクが潜んでいます。住民税の課税は、その年の所得に対して、翌年の6月から徴収を開始されるためです。

反対にいうと、転職してからしばらくの期間ばれる可能性はほとんどないと言うことができます。

ただ、きちんと確定申告で副業の住民税に関して普通徴収を選択して自宅に納付書が届くようにしておけば、会社に送られる特別徴収税額決定通知書に副業の情報が記載されることもないのでばれないでしょう。

転職前の既に辞めた副業が新しい職場にばれるかどうか

転職する際に、新しい会社に入社する前に副業をやめる方もいます。新しい会社では就業規則などで副業禁止になっていて、更に副業した場合の罰も大きそうだと考えて、しかたなく転職前に副業をやめるケースはあるのです。

ただ、転職した年に行った副業に対する住民税は翌年6月から徴収されるので、そこで新しい会社が「なにか副業を継続しているんじゃないか」と疑われないかを心配される方もいらっしゃいます。新しい会社がもしも住民税額がおかしいことに気が付いたとしても、新しい会社は、いつの時期に副業したかはわかりません。何月から何月まで副業したかはわからないのです。

もしも会社から何かを聞かれた場合には、「それは転職前に少し副業をしたものであり、転職後は行ってません」ときちんと説明できれば大丈夫かと思います。そのように聞かれるのも嫌な場合には、副業の住民税を普通徴収としておきましょう。他のページで書いているように医療費控除などの所得控除にも注意が必要ですので、少し副業バレに関して勉強してから確定申告を行った方が良いとは思いますが。

転職と副業バレに関するご相談内容の実例

こういった転職に関しても多くのご相談をいただいておりますが、こちらのHPのガイドをご覧になった方からのご相談内容の実例を以下に記載したいと思います(少しだけ変えています)。

以下、実際のご質問内容です。

「気になったことがあるので質問させてください。副業をしようとしている者ですが、副業を本職にバレたくないと思っています。今働いている職場が本職で、副業を今年12月頃~4月末までしたいと考えています。そして、その後転職の予定があり、5月から新たな職場に就く予定なのですが、この場合、今の職場と転職先に、副業のことをばれずに働くことは可能でしょうか(フリーランスの副業又はキャバクラ・クラブ等のホステスの副業を考えています)。」

 

上記のご質問に対する回答をここから書いていきたいと思います。

まず、前提としてフリーランスかホステスとありますが、ホステスも基本的にはフリーランスと同じで事業所得又は雑所得となりますので、両者は同じものだと考えてください。副業がばれないようにする対策も両者は同じです。

まず、現在の転職前の会社については、副業の住民税の徴収が始まる前の4月に退職するので、ばれることはありません(もっと後に退職することになっても、普通徴収にできれば大丈夫です)。

続いて、転職後に就職する新しい職場についてです。12月の副業の稼ぎに対する住民税徴収が来年6月に行われます。来年1月から4月の副業の稼ぎに関しては、再来年の6月に住民税徴収が行われます。フリーランスやホステス業であれば、当事務所のガイドにあるように医療費控除や住宅ローン控除、ふるさと納税などに注意すれば普通徴収にできるため、来年6月以降も住民税から副業がばれる可能性は低いと言えるでしょう。このようなケースでは、特に副業バレを恐れることはないと言えますね。

そもそも履歴書に副業を書かなくてばれるとどうなる

こちらのページで転職後の会社と副業バレに関して記載しました。ただ、そもそも論として、履歴書に副業を書かなくて良いのかという疑問が残ります。そして、後から履歴書に書いていない副業がばれたらどうなるのでしょうか。

まず、履歴書、職務経歴書は正確に書くものですから、副業だから書かなくても良いものであるとは言えないかなと思います。履歴書、職務経歴書には副業の職務経歴の記載も時期も含めて書かなくてはならないということですね。

万一、就職先でばれた場合には、それが就職前の副業か、就職後の副業かで会社側の対応も変わってくるでしょう。就職前の副業を履歴書に書かなかったものの、既に辞めているのであれば、あまり厳しい対応をされないことが多いでしょう。反対に、履歴書にない副業をそのまま続けているような場合には、罰が少々厳しめになるかもしれませんね。戒告くらいは受ける可能性は結構あるのではないでしょうか。

そうはいっても、副業経験がある人は世の中に多いものの、私自身も自社の採用面接で副業の記載のある履歴書を見たことがないので、ほとんどの人が書いていないのかなとは思いますが。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。