副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

消防団活動は就業規則の副業禁止規定に抵触するか。

会社以外の業務に従事すると言う観点からは抵触の可能性あり

消防団員のイラスト

地域の非常勤の消防団員としての活動は、本業の会社の就業規則の副業禁止規定に抵触するのでしょうか。消防団員としての活動はボランティア、地域貢献という要素が強いために、副業とならないのではないかというイメージがあるかもしれませんが、厳密に言うと、会社以外の業務に従事することを禁じられている場合には副業に該当してしまう恐れがあります。

あくまでも就業規則の記載内容などにもよりますし、画一的に判断した場合にそうなるということではあるのですが。そのため、地域の消防団に加入したい方は、念のために本業の会社の人事部等に対して、「消防団員になったら、副業禁止規定に違反したことになりますか?」と質問してみた方が安全でしょう。

正直なところ、もらえる給与や手当の金額も少ないのでほとんど地域貢献活動だと感じるのですが、念には念を入れて確認した方が良いのです。報酬(給与)が発生する以上は、消防団員も副業であると捉えて、禁止する会社もないとは言えませんので。

承認してくれる会社が多いと言えるでしょう

さて、就業規則に副業禁止規定があったとしても、消防団員が社会貢献に近いことを考えて、承認をしてくれる会社も多くあるでしょう。もちろん、非常勤とはいっても、会社の業務遂行に支障が出る頻度で消防団員としての活動が入ってきてしまうと、消防団員を辞めるように促されてしまう恐れもあります。地域によっては、毎週団員で集まっての飲み会があって、これへの参加の強制性が強いこともあるようです(現在は減っているとは思いますが)。

そのような場合には、消防団側にも後から迷惑をかけないようにするために、どれくらいの頻度で参加することができるかなど、本業の会社の都合なども伝えておくと良いでしょう。

なお、会社に消防団員になりたいと伝えても、他の副業とは違って、怪訝な顔をされる可能性も低いので、聞きやすいとは言えますね。

常に消防や水防のために出動する可能性があることを理解する

消防団の副業は、会社にばれないようにするのではなく、事前に承認を取った方が良いでしょう。消防団員になるということは、いざというときには消防・水防のために出動する必要があります。普段からこのために操法などの訓練をしているとも言えますね。そのため、災害が起きた場合などには、会社よりも消防活動をどうしても優先しなくてはならないこともあるでしょう。災害を前にして、出勤時間だからその場を離れなくてはならないとか、そうもいかないこともあるでしょう。

そういったことまで想定するのであれば、会社にはいざ災害が起きた場合には、非常勤とは言え、消防団員の活動を優先しなくてはならないと言うことを事前に伝えておいた方が良いかなとは思いますね。

消防団員の課税に関する通達

非常勤の消防団員の方は、所得税法に関しては、給与関係の通達28-9「非常勤の消防団員が支給を受ける各種手当等」には一度は目を通しておくと良いでしょう。消防団員への所得税課税の通達ですね。確定申告で税金がどのくらいかかるのかどうかを考える際に役に立つでしょう。

非常勤消防団員が消防や水防のために出動した場合の出動手当、警戒手当、訓練手当等で、その出動回数に応じて支給されるものについては課税がされません。

又、出動回数に関係なく支給されるものであって、年額や月額の形式で支給される場合であっても、その年中の支給額が5万円以下であるものに関しては課税しなくても良いこととされています。

ちなみに、消防団員として20万円以下の儲けしかない場合で、その他に申告する所得が会社の給与所得しかない場合で、かつ、医療費控除などの特殊な所得控除を確定申告する予定もない場合は、税務署に所得税の確定申告をしないこともできます。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。