副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

副業先でも源泉徴収を行われることが多いのです。

副業の源泉徴収と源泉徴収票の発行

副業給与の振り込みのイメージ写真

副業でも源泉徴収をされた後の金額が支払われることが多いものです。

副業の場合でも、源泉徴収をされることが多いのです。なお、源泉徴収とは、所得税という税金の天引きの事です。

副業の給与又は報酬の金額から税金を差し引かれた金額が振り込みや現金払いの形式で支払われるのです。差し引かれた金額は、その分だけ、確定申告の際に支払う税額が減少するか、もしくは、還付されますので、「副業先で源泉徴収されていることで損している」とはお考えにならないでください。源泉徴収されていても、されていなくても、最終的に納める税金の金額は同額になるので、最終的な損得は発生しないのです。

ただ、副業先で100%源泉徴収をされるわけではなく、給与以外の報酬等の収入の場合で、税法上限定列挙されている業種でなければ、源泉徴収は行われません。

また、副業がアルバイトパートなどの給与所得に該当する場合には、源泉徴収票も発行されます。

源泉徴収票は確定申告の際に必須の書類ですので、必ず副業先からもらうようにしましょう。もらえない場合は、税務署に報告を上げると、税務署が副業先に対して、発行を促してくれます。「源泉徴収票不交付の届出書」を税務署に提出すると、税務署が動いてくれるのです。これは、どうしても副業の勤務先が源泉徴収票を発行してくれない時の最終手段と言うことができます。

給与の場合は、副業先で必ず源泉徴収される

副業が給与所得の場合には、源泉徴収は乙欄徴収という方法で行われます。

乙欄徴収の場合には、給与が少額であっても、とりあえずは源泉徴収が行われるのです。反対に、源泉徴収が行われていない場合には、副業先に副業として働いていること自体が理解されておらず、このことは本業先への副業バレにつながってしまう恐れもあるため、早急に副業であることを連絡しましょう。

副業先には、副業であることを認識してもらうことがとても大切なのです。これから副業でアルバイトをする方は、副業であることは事前に伝えておきましょう。この点は本当にご注意いただきたいポイントであります。

また、乙欄徴収の場合(副業の場合)には、年末徴収を行うこともありません。所得税法の年末調整の規定では、本業先でのみ年末調整を行うこととされています。万一副業先が年末調整をすると言ってきた場合は、副業であるので年末調整は不要である旨をお伝えくださいませ。

※ちなみに、本業の給与所得の源泉徴収は甲欄徴収という方法が用いられ、一定額以下の場合は源泉徴収されません。

副業の源泉徴収票がないと確定申告ができない

給与所得の源泉徴収票は確定申告の際の添付書類となっています。源泉徴収票がないと確定申告を正規の形で行うことができないのです。もしも副業先が2箇所以上ある場合は、各々の副業先から源泉徴収票をもらう必要があります。また、たとえ1日だけなどの短期間の勤務であったとしても、源泉徴収票は必要となりますので、副業先が発行してくれない場合には請求するようにしてください。

電子申告を行う場合は原本の提出の必要はありませんが、源泉徴収票の記載内容を入力しなくてはならないので必ず必要になります。毎月の給与明細から源泉徴収票の記載内容を推測しようとしても、12月発生1月支払の給与の取り扱いなどをよく理解していないと間違えてしまいますし、必ず入手するようにしてください。

副業先が発行してくれない場合においては、まずは確定申告で必要であることを説明し、何度も交渉しましょう。それでもだめなら、上記の「源泉徴収票不交付の届出書」の提出に移ります。源泉徴収票を発行してくれないことが発端となって後々に住民税額が変更となってしまい、副業が本業の会社にばれるようなことは避けたいですからね。

源泉徴収票をもらえる時期

源泉徴収票を副業先からもらえる時期に関してです。

一番多いのは、その年の12月の最後の給与が支給される時です。最後の給与明細の入っている封筒の中に源泉徴収票も一緒に入っていることが多いので、誤って給与明細だけを抜き取って、封筒ごと源泉徴収票を捨ててしまわないようにご注意ください。再発行をしてもらうには少々時間がかかるので、皆様にとってもお手間となってしまいますので。

つぐいて、年明けの1月に源泉徴収票を交付されることも多いです。もしも1月の給与明細をもらった時点においても源泉徴収票をもらえていない場合は、すぐに発行をお願いしましょう

稀に、2月に源泉徴収票を渡す会社もありますが、確定申告を早く済ませたいことを考えますと、2月の発行はちょっと遅すぎるのではないかなと思います。

給与ではなく報酬の場合は源泉徴収票は発行されません

業務委託契約・外注による報酬として支払いがされる場合は、源泉徴収が行われるケースと行われないケースがあります。デザイン料や印税など、特定業種の場合は源泉徴収がなされます。特定業種以外の場合は、源泉徴収票は発行してもらえません。これは、副業先にお願いしても、法律上発行できないものですので、難しいのです。

代わりに、年間の支払額と源泉徴収税額が記載された支払調書という書類を発行してくれることがあり、こちらをもらえると確定申告書作成の際の参考資料となり、確定申告が楽になります。「支払調書をもらえますか?」と副業先に交渉してみるのは良いでしょう。

ただし、支払調書は、支払者に発行義務はありませんし、税務署への提出義務もありません。そのため、支払調書の不発行に関して、副業先に責任を求めることはできないのです。毎月のご自身が発行した副業先への請求書で集計するか、もしくは副業先から毎月発行される報酬明細を集計するしかないのです。この点は、給与の場合と大きく異なると言えるでしょう。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー