副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで、本気で学べる起業塾です。

「副業がばれない方法」と「節税」に関して11月23日にセミナーを開催!

場所:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(日本橋駅、東京駅の近くです)

日時:2019年11月23日 13時40分~16時30分頃(13時15分より受付開始)

副業がばれない方法に関するセミナーは世の中にはほとんどないと思われますが、これからの年末調整確定申告の時期にどうすれば会社にばれないで済むのかと悩みの方も多いため、セミナーを開催させていただきます。併せて「節税方法」「副業に強い税理士だからこそ知っている、実は利益を大きく出せる副業の具体例」も紹介いたします。

セミナー申込のページはこちらをクリック

 

知識や経験を生かしてコンサルタント業(アドバイザー業)で副収入を得る方へ
 

副業でコンサルティング業をしても会社にばれない。

コンサルタント業ですと、実力次第では効率的に稼ぐことができます。

シニアの方も、若手の方も、副業・兼業としてコンサルタント業務を行われていることがあります。

コンサルタント業(アドバイザー業とも表現されます)の場合には、報酬として対価を受ける限りは本業の会社に副業がばれる可能性も大変低いため、そういったところも人気が出る理由の一つでしょう。副業を始める前提条件として本業の会社にバレないことを重視している方々は多いためです。

コンサルティングを企業等に対して行うわけですが、報酬単価が高くつくこともありますので、大変効率的に収入を得ることも可能です。

企業サイドとしても、労働時間に対してお金を支払うと言うのではなく、ノウハウやアドバイスに対してお金を支払うと言う感覚なので、金額が大きくなることもあるのです。

コンサルタントと企業経営者等を結びつけるサービスも増加しており、有名なところですと、パソナ顧問ネットワークマイナビ顧問サーキュレーションi-common(アイコモン)ビザスクなどがあります。今後はより多くのサービスが生まれ、本業をお持ちの方がそういったサービスに登録して、副業コンサルタントとなるのではないでしょうか。

コンサルタントのイメージ画像

これまでの社会人経験等から身に着けた知識や経験は、実は多くの他の企業から求められるものかもしれません。

個人で受注するか、業者を通じて受注するか

コンサルタント業務を始める場合は、個人的なつながりがある企業へコンサルティングをする場合と、上述のパソナ顧問ネットワークマイナビ顧問サーキュレーションi-common(アイコモン)、ビザスクなどを運営する業者経由で受注する方法があります。

個人として営業等をして、直接的に契約をすることができると、最も効率的に利益を得ることができるでしょう。しかしながら、顧客の獲得は簡単ではありませんので、誰でも短期間で受注できるわけではないでしょう。

業者経由ですと、実入りは減ってしまうかもしれませんが、顧客を獲得しやすいというメリットがあります。

 

副業のコンサルタント業は雑所得か事業所得か。

副業・兼業としてコンサルティングを行って所得を獲得した場合、給与としてもらうのではなく、報酬としてもらうのが通常ですので、所得税の確定申告においては事業所得もしくは雑所得となります。

単発的に行って継続性がないのであれば、雑所得が妥当でしょう。一方で、継続して行うのであれば、事業所得で確定申告をすることになります。

事業所得となる場合は、開業から2か月以内に青色申告承認申請書と言う申請書をお住まいの地域の管轄の税務署に提出することによって、各種の税制上の特典を使うことができるようになります。節税効果は大きいので、青色申告承認申請書は提出しておきましょう。

青色申告をしたからといって副業が本業先にバレるということもないのでご安心ください。

念のために給与所得とならないかを確認

コンサルティング契約を個人で受注する際には、あくまでも外部コンサルタントとして契約するのがおすすめです。雇用関係に基づく契約となり、その企業の従業員という扱いに税法上なってしまうと、副業に課税される住民税を普通徴収にできなくなるおそれがあり、本業の会社にばれる危険性が生じるためです。

念のために、コンサルティング契約の話が出てきたら、契約前の段階から、給与とならないような契約としたい旨をお伝えください。通常はコンサルタント業の場合には、給与所得にならないケースがほとんどですので、そこまでご心配される必要はないのですが。

本業を退職して完全な独立コンサルタントとなるケースも。

副業・兼業としてコンサルティング業を行っている場合でも、口コミなどで人気が出てくると、おのずと顧問になって欲しいと言う企業が増加するかと思います。また、報酬の単価も上がっていくでしょう。そうなってくると、本業の収入を超える可能性も十分に考えられます。

そのまま本業の会社を退職してしまって、完全に独立すると言うケースもあるのです。コンサルタント業はそういった独立につながる可能性も秘めた副業と言うことができるでしょう。

今は会社員だけれども、いつかは一国一城の主として働きたいと言う方にとっても、コンサルタントとしての副業は向いていると言えるのではないでしょうか。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者(税理士)の記載した下記のガイドとプロによるアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。なお、副業を始めて時間が経つと、その方の状況によっては対策を打ちにくくなるので、お早めにご相談くださいませ。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー