副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士作成の「副業が会社にバレない方法のガイド」無料公開してます。

確定申告年末調整でバレない方法」「副業収入20万円以下で申告しないとバレること」「確定拠出年金生命保険料控除住宅ローンからバレない方法」等をはじめとして「99%副業がバレないようにできる方法」も書いてあります

上記のガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめます(公開終了すると見れなくなるので、保存しておくことをおすすめします)。

ガイドの解説動画は以下のページでもご覧になれます。

ガイドブックの目次や動画解説はこちらのページにあります

有償ボランティアの謝金をもらっても副業禁止規定に抵触しない?

有償ボランティアの謝金

ボランティアをする女性のイメージ写真

ボランティアという言葉はよく聞かれますが、中には謝金(謝礼金)が支払われる有償ボランティアというものもあります。ボランティアは無償のイメージが強いですから、有償ボランティアという言葉に少々の違和感を感じられる方もいらっしゃるでしょう。

ボランティアが他人や社会への奉仕活動であるとすれば、それが無償であれ、少しの謝礼が支払われるような有償のものであれ、ボランティアの範疇に含まれると言えるのかもしれませんね。

さて、有償ボランティアというと、ボランティアと言いつつも、有償ではあるので、これが会社の副業禁止規定に抵触するのか否かという問題が出てきます。

もちろん、無償ボランティアが副業とみなされる可能性は極めて低いでしょう。無償なので副収入が入らないので、無償ボランティア活動を副業禁止規定に該当するので処分する会社なんていうのは、私は聞いたことがありません。会社としては、むしとボランティア活動を従業員にすすめているところもあるくらいですからね。

就業規則を確認して、会社の人事担当者にも確認するのがベスト

有償ボランティアと言っても、交通費などの実費を負担してくれるだけの場合には、そこから所得は生じていないとも言えますので、無償のボランティアと変わりなく、会社も問題視しない可能性が非常に高いでしょう。

又、実費以外の報酬が出ている場合でも、あくまでも社会奉仕活動をした結果として少額をもらうだけであれば、会社も認めてくれることが多いのではないでしょうか。つまり、副業禁止規定には違反しないものと判断してくれるということですね。

もちろん、ボランティアという文言はついているものの、それなりの対価をもらっている場合で実質的にはボランティアというよりもアルバイトに近いものとして、副業禁止規定に抵触すると判断されてしまう可能性もないとは言えないでしょう。

ただ、副収入を得ていること自体は事実ですので、念には念をということで、会社の人事担当者などに確認してみた方が良いのではないでしょうか。その会社がどのようなものを副業として判断して、副業禁止規定の対象としているのかは、正直なところ、その会社の人でしかわからない部分が大きいので、やはり一度は確認してみるのが無難と言えるでしょう。公務員の方などは、特に副収入関して注意が必要ですので、必ず確認しましょう。

有償ボランティアの日当などは、何所得になるの?

有償ボランティアをして、実費以外の日当などをもらった場合には、それは所得税法上の所得区分は何に該当するのでしょうか。事業所得、雑所得、一時所得、給与所得などを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

有償ボランティア活動の副収入については、基本的には給与所得となるケースが多いようです。時間的な拘束を受けて行うものですし、指揮命令に従って行うものとなるので、税法上は給与所得とするのが妥当であるとされ、給与所得としての源泉徴収を行われていることが多いようですね。

給与所得となるのであれば、その支払者からは給与所得の源泉徴収票が発行されると考えられます。こちらの源泉徴収票の金額を確定申告書に記入して、税務署に申告してくださればと思います。ただし、副収入の給与所得の合計額が20万円以下の場合には、税務署への確定申告をせずに、市区町村の役所に住民税の申告を行うことも可能でございます。

給与所得ではなく、報酬であるとされる場合においては、事業所得か雑所得かという判断を行うことになってしまうのですが、ボランティアという社会貢献活動の性質を考えれば、雑所得として税金の申告をするのが妥当なのかなと思います。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

無料で公開している「副業がバレない方法のガイドブック」の内容を実践していただければ、副業は根本的にほぼバレないようにできます。

解説動画もご覧ください。なお、期間限定公開なので、将来的に副業したい人も、今のうちに手に入れて保存してください。ガイドの目次は下記です

1.副業がばれる理由

2.年末調整における注意点

3.確定申告における副業がばれないための対策(確定申告後の4月に行わなくてはならない対策も記載してます)

4.「副業が20万円以下だと申告しなくても良い」は嘘

5.マイナンバーで副業がバレるかどうか

6.2023年導入のインボイス制度で副業がばれるかどうか

7.最初にやるべき最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)

 

下記よりご覧ください。

こちらのガイドブックの解説動画は下記のページにありますので、是非ご覧くださいませ。

ガイド、動画では、下記のように資料も交えて説明しているため、副業バレについてしっかりと理解できるかと思います。無料ですし、間違いのないコンテンツなので、是非ご覧ください。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

当税理士事務所メンバーの写真です

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。