既に7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。なお、セミナーも人気ですが、現在セミナーの募集は行っておりませんのでご了承くださいませ。

営業代行の副業は複数商材を取り扱うと良いかも。

営業代行の副業のは、営業スキルの高い人は始めやすい。

営業マンの写真

営業スキルは磨けば伸びるものだと言われています。商材よりも自分を信頼して買ってくれるお客さんが多ければ、様々な商材をお客さんに提供することができるのではないでしょうか。

営業代行を副業として行い、その手数料をもらう方も割と多くいらっしゃいます。成果に応じてお金をもらえるところに魅力があり、元々営業を得意とされている方としては、始めやすい副業と言うことができるのではないでしょうか。また、個人事業で行う場合は複数の会社の商材を扱うことも可能となるでしょう。

優秀な営業マンの方は、転職してこれまでと異なる商材を取り扱うようになっても良い成績をおさめることが多いと感じております。これは私が確定申告を代行させていただいているお客さんを見ていても感じていることです。例えば、住宅を販売していた方が転職して他の金融商品等の営業マンになっても、やはり同じように多くのお客さんから支持されていて、結果的にご本人も多くの対価を得ているものです。商材以上に、その人の人柄とか熱意、営業スキルが重要なのだと言えるのではないでしょうか。

こういった方には、副業として他の商品やサービスの営業代行を行ってもきっとうまくいくのではないでしょうか。何か新たにウェブの勉強をしたり、資格の勉強をしたりしなくても、これまでに培ってきた営業スキルによって、大きな副収入を得られるチャンスがあるということができるでしょう。

ちなみに、これまで営業畑でなかった方でも、副業として営業代行を始めてうまくいっている方もいらっしゃいます。営業経験していない初心者の方であっても、その方のお人柄とか、お客様へのサポートへのきめ細やかさがあると、十分に成功のチャンスがあるのでしょう。

営業代行と言っても、種類は様々

こちらのページでは営業代行とまとめて表現しておりますが、実際には営業代行の意味も人によって指し示す範囲が異なるものです。営業代行のスタイルはさまざまであると言えます。商品を持って見込み客に会って販売するスタイルであったり、テレアポのような形式で行う営業代行もあります。ウェブを利用して物やサービスを販売することも、広義に捉えるのであれば営業代行と言えるのではないでしょうか。

ただ、ここのページでは、営業代行と言っても、ウェブなどではなくて、実際に人と会う仕事をイメージして話をさせていただいております。代行ですので、仕入れて売るのではなくて、代わりに売ったり、紹介したことに対してフィーが支払われるという形式ですね。

営業代行の副業で複数商材を取り扱うメリット

副業で営業代行を行う場合には、時間が限られているため、本業で営業マンをしている人のように多くの見込み客にアプローチするのは難しいかもしれません。しかし一方で副業の営業代行ならではのメリットもあります。

それは、複数の商材(物・サービス)を販売することができるということです。会社員であれば、自信が所属する会社の商品の営業はするものの、他の会社の商品と営業する機会というのはあまりないでしょう(所属する会社自体が他の会社の商品の営業代行をしているような場合は別ですが)。ところが、個人として営業代行をする場合には、いくつかの会社と契約して、様々な商材の営業代行をすることができるのです。

1人の見込み客と会った場合に、1つの商材のみを持っている場合は、その商材が売れなければ、売上は立てられません。しかし、複数の商材を保有しているのであれば、そのうちの1つをその見込み客が買ってくれる可能性はあるのです。商材が複数持てるということは大きなメリットになるといえるのではないでしょうか。

特に副業の場合には本業に割かれる時間が多いのです、副業に充てる時間は少なくなり、会える人数も多くはならないでしょう。そんな中でチャンスを増やすためにいくつかの商材を持つことは大きな助けとなるかもしれません。もちろん、各々の商材に関する知識を身につけるために勉強は必要となりますが。

営業代行の源泉徴収と税金の確定申告

営業代行をしてフィー(手数料)を得た場合には、源泉税が源泉徴収されることが多くあります。源泉徴収のルールとしては、12万円を超える売上があった場合など、細かいルールはあるのですが、このあたりは基本的に支払いを行う会社が理解しているので、必要とあらば報酬から差し引いておいてくれることでしょう。

この源泉徴収された所得税額は、確定申告の際に計算した所得税年税額から差し引くことができます。既に支払っている税金となるので、二重に支払う必要はないのです。

もしも営業代行で得た収入金額から経費を控除して計算された所得税額が源泉徴収税額よりも小さくなる場合には、申告後に所得税の還付が行われます。源泉税額は必ず確定申告書に記載しましょう。

営業代行の住民税はどうなるの?

営業代行を個人事業主として行った場合は、雑所得として申告した場合には、収入金額から必要経費を控除した後の金額の10%程度の住民税が課税されるとお考えください。住民税から営業代行の副業が会社にばれないようにしたい方は、その部分だけ普通徴収として、会社に連絡が行かないようにしましょう。

なお、所得税は源泉徴収されることがあると書きましたが、住民税に関しては事前に報酬から天引きして徴収されるということはありません。前払部分は発生しないということになるのです。そのため、確定申告や住民税の申告を行ったからと言って、これまでに支払った住民税が還付されるということはないのです(これまでに支払った部分がないということになりますので)。

住民税額を滞納することは避けたいですので、納税資金はきちんと確保しておきたいところですね。ちなみに、滞納した場合には、現金・預金・給与に係る債権、不動産などを差押されてしまう可能性がございます。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。