副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年2月15日(土曜)にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

 

日時:2020年2月15日 13時30分~16時30分頃

場所:フクラシア品川クリスタルスクエア会議室(品川駅徒歩8分

※既に満員で申し込みを締め切った1月19日のセミナーは、2月15日とは別会場の「TKP東京駅カンファレンスセンター」で行いますので、1月19日にお申込みされた方は、会場をお間違えにならないようにご注意くださいませ。

 

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

太陽光発電は禁止されている副業に該当するか。

太陽光発電は労働を伴わないので副業とは言えないかもしれない

太陽光発電売電収入を獲得するビジネスは人気があります。こちらは果たして、一般的に会社で禁止されている副業に該当するのでしょうか。就業規則には具体的に太陽光発電はOKであるなどとは書いているケースは少ないと思いますので、中々判断が難しいと思います。

ただ、太陽光発電の売電収入の特徴としては、その収入獲得の過程において労働力を投下する必要がないと言うことです。もちろん、ソーラーパネルの業者と相談したりと時間を使う部分もありますが、それも最初だけで、その後は特に労働力を提供する必要はないのです。

行ってみれば不動産賃貸業と同じで、不労収入を獲得することができるわけですね。労働を提供しないとなると、これを特に副業であるとは考えない会社も多いのではないでしょうか。何か労働をして疲れ果ててしまって本業に支障が生じるようなこともないため、本業先に迷惑がかかる可能性も非常に低いと言えますので、本業先の就業規則で禁止されている副業の概念とは異なるのではないかと思います。

ただし、中には太陽光発電も含めて、会社以外で収入を得ることを認めないというケースもありますので、このあたりは一度会社の人事部などに聞いてみたいところですね。その方が安心して売電収入を得ることができるのではないでしょうか。

認められている場合でも所得がどのくらいとかはばれないように

「太陽光発電であればどうやら会社でも問題とはならないようだ」と思っても、実際には売電でどのくらいの所得を得ているかは本業先にばれないようにしたいものです。ばれると、会社の人の間でお金を持っているという噂が出てしまったりと、あまり良いことはありません。

個人のプライベートは所得情報を会社の人事部が知っているというのも気分の良い話ではないと言えるでしょう。

特に会社の許可を受けずに太陽光発電投資を行って良いという場合には、太陽光投資を始めたこと自体もばれないようにしておきたいですね。そういった投資を行っていることをねたまれることもありますので、注意しておきたいところです。

きちんと副業がばれないための対策を打って、秘密の副収入としておきたいところですね。

消費税の還付

太陽光発電を副業とする場合には、税金には気を使いましょう。特に消費税には注意しておきたいところです。ソーラーパネルなどの設備投資で消費税を多く支払った場合には、その部分の消費税額の還付を受けられる可能性が高いのです。消費税法では、受け取った消費税よりも支払った消費税が多い場合には、消費税を税務署から返してもらえるようになっているのです。意外とご存じない方もいらっしゃるのですが、せっかく大きな金額を投資して太陽光売電ビジネスを開始されるわけですから、こういった税金面にもお気を付けくださればと存じます。

設備投資をした年において消費税の課税事業者になって、消費税の還付を受けたいところです。設備投資の金額が大きい分だけ還付金額も大きくなる可能性がありますので、消費税の届出等に関しては慎重に処理していきましょう。

固定資産税の減免に関しても注意

せっかく副業として太陽光の売電収入を得るのですから、あらゆる税金に気を配って節税をしておきたいところです。その時期によって、税制は変わっていくものですが、固定資産税の減免措置などが太陽光パネルの設置に関しては受けられることもあるのです。所得税や消費税の身にこだわるのではなく、固定資産税にも気を使って、何か優遇税制がないかは調べておきたいところです。

固定資産税の減免などに関しては、その地域ごとに微妙に異なることもありますので、しっかりと個別の役所に確認を取っていくことが重要と言うことができるでしょう。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー