既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

「副業がばれない方法&税理士目線で利益がでやすい副業」に関してのウェブセミナーを開催いたします(期間内は動画で何回でも視聴可能)。コロナの影響もあるために応援価格となっており、かつ、副業バレに関して網羅的に説明したかなり良いセミナー内容となります。下記のページをご覧くださいませ。ウェブですので日本全国の方がご参加可能です。

副業がばれない方法のセミナーの詳細ページ(2020年7月16日~7月25日まで開催)

副業の業務委託の求人情報、採用情報の見つけ方

業務委託の求人情報をパソコンで探すイメージ。

インターネットで業務委託の求人情報を探すことも可能です。

副業の業務委託の求人情報採用情報の見つけ方は、難しくありません。副業をする場合には、アルバイトやパートをする方と、業務委託などで働く方がいます。

業務委託の場合には、フリーランスと表現されることもありますが、個人事業主として働くわけです(所得税の申告では、事業所得と一般的にはなりますが、雑所得での申告が適当なこともあります)。

個人事業主と言うと、これまで会社員としてのみお仕事をされてきた方は、とても難しい仕事ばかりなのではないかと思われるかもしれません。しかし、実際にはそんなこともなく、特別なスキルがなくてもできる仕事の求人情報も載せられています。

口述しますが、会社に秘密にするためには、業務委託、フリーランスの方が良いのです。でも業務委託の仕事ってどうやって見つけるのかわからない方もいらっしゃいます。

でも実は「業務委託 求人」とか、「業務委託 採用情報」といった言葉でインターネットで検索すると情報は出てくるのです。広告媒体に、業務委託での採用をしたいという会社が情報を載せているのです。

さらに、上記に加えて、仕事をする希望地域も含めて検索してみると、近所の求人情報を見つけることができるのではないでしょうか。

副業の仕事は業務委託が安全

副業をする上で、その事実を会社に秘密にしたいのであれば、業務委託やフリーランスの個人事業主型の副業が良いでしょう。

副業に係る住民税を普通徴収にできるので、会社に住民税の通知から副業がばれる可能性を排除できるためです。これは、とても重要なポイントですよね。副業が給与の場合には、市区町村によっては、副業の住民税を普通徴収にはしてくれず、特別徴収として会社に送付してしまうのです。

アルバイトやパートの副業に関しては、下記のページでまとめていますのでご覧くださいね。副業で給与所得を得た場合に、副業バレのリスクが高まる理由を説明しておりますので。

本当に業務委託かは必ず確認すること

採用前に必ず、本当に業務委託の求人なのかは確認しましょう。求人媒体の上では業務委託であると書いてあったのに、実は雇用契約に基づく給与であったということがないようにしましょう。これでは会社にばれる可能性が出てきてしまいますよね。

きちんとした会社であれば問題ないのですが、たまに、採用されて働いていたところ、途中で給与だということに気が付いたという話も聞いたことがありますので。この点には大きな注意が必要で、採用面接の際には、必ず確認して欲しいポイントです。

採用面接がなく、履歴書の送付のみで審査されるような場合には、一度相手方に電話連絡を入れるかEメールを送付し、業務委託報酬という扱いになるのか否かを確認すると良いでしょう。

都会の業務委託求人数は多いが、地方は非常に少ないことも

副業で業務委託、フリーランスの仕事を探そうとした場合にも、どうしてもご自身に合うものが出てこないこともあります。アルバイトやパートと異なり、求人の職種の幅はやや狭くなってきますし、地域によって求人数に大きな差があるのです。

大都市などの都会の場合には業務委託の求人情報は多く存在します。しかし、人口が少ない地域となってきますと、そういった求人が非常に少なくなってしますのです。運転手などの業務委託の仕事はあるけれども、他の職種が見当たらないということもあります。

業務委託の求人、採用情報は地域によってはほとんどないというところが難点ではありますね。

業務委託で採用されたら経費の領収書、レシートは集めておくこと

業務委託の場合には、その仕事をするためにかかった経費のレシート、領収書は保存しておきましょう。必要経費に計上することができますので。経費の金額が大きければ大きいほど、所得税や住民税の金額が安くなるのです。

レシートや領収書には現金と同じような価値があると、そのような気持ちで大切に保管してくださいませ。万一、紛失してしまうと、お金を損したのと同じようなことになってしまうのです。その分だけ多くの税金を支払わなくてはならなくなってしまいますので。

なお、採用される前の期間にかかった経費であっても、その仕事をするために必要だった支払は、確定申告の際に計上することが可能ですので、必ず保存しておきましょう。例えば、業務委託先として採用される前に一度面接のために相手方の会社を訪れた際の電車賃などは必要経費となります。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。