副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

税理士作成の「副業が会社にバレない方法のガイドブック」無料公開してます。

今開いてるページの記事を読む前に下記ガイドブックをご覧ください。副業バレの仕組みを知らずにインターネットで調べ続けても答えにたどり着くことはほぼ不可能で意味がないためです。下記ガイドでは「ばれる理由」「確定申告や年末調整のポイント」「副業収入20万円以下は申告不要という誤情報を鵜呑みにして副業がバレる人が多いこと」「確定拠出年金や生命保険料控除などの所得控除の誤った処理でバレる人が多いこと」「住宅ローン控除と副業バレについて」「マイナンバーと副業バレの関係」をはじめ、結論として「99%副業がバレないようにできる方法」も書いてあります

ガイドブックの最初にやるべき「最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)」は早い方が効果的であり、今からですと、2022年10月末までに行ってください。

上記のガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめます(公開終了すると見れなくなるので、保存しておくことをおすすめします)。

こちらのガイドブックの概要や、税理士 齋藤一生によるガイドの内容の解説動画は以下のページでもご覧になれます。

ガイドブックの目次や動画解説はこちらのページにあります

確定申告は会社がしてくれるの?

確定申告とは、個人の1年間の所得の金額と納税額を計算した確定申告書を税務署に提出する手続きのことです。

「確定申告を会社がしてくれる」と勘違いしてしまっている方もいらっしゃいますが、確定申告はあくまでも個人が行う手続きであり、会社は確定申告を代行してくれません。会社自体は、そもそも税理士法人でもない限りは代行することが違法となってしまいますしね。

確定申告を会社が社員の代わりに行ってくれていることというのは考えにくいので、会社の給与以外の副業の所得があるような場合には、必ず2月16日から3月15日までの間に確定申告を行うようにしてください。

後述しますが、非常に稀に、会社というか、正確には会社に関与している税理士事務所(会計事務所)がその会社の従業員の確定申告を代行してくれることがありますが、この場合、副業をしている従業員の人は、副業バレに注意が必要です。

会社がしてくれるのは年末調整であり、確定申告ではない

会社が確定申告をしてくれるという勘違いが何故起こるかというと、これは確定申告と年末調整を混同してしまっていることが多いでしょう。どちらも本来の税額を計算して、適正な税額を納税するための手続きという意味では同じなのですが、対象としている所得区分の範囲が大きく違うのです。

年末調整とは、会社の給与から源泉徴収されている所得税額の過不足を調整する手続きです。配偶者控除の適用の可否などで、その他の所得に関して記入する欄もありますが、あくまでも給与所得だけと考えて税額調整が行われているので、年末調整でその他の所得に対する税金が徴収されることはありません。

確定申告は、その他の副業の所得や、医療費控除などの確定申告でしか申告できない所得控除を含めたところで税金の計算をして、税額を確定して差額を納税したり、場合によっては還付を受ける手続きです。

年末調整は会社が行ってくれますが、従業員の確定申告を会社は行ってくれないのです。

会社の税理士が確定申告をしてくれるケースもある

稀に、会社の関与している税理士事務所(会計事務所)がその会社の社員の確定申告をしてるケースがあります。

不動産会社など、給与以外に外交員報酬などの報酬を支払っている会社に勤めている社員は確定申告が必要となりますので、会社が気を使って、従業員に自社の税理士を紹介して、そこでまとめて処理しているのです。

会社サイドとしては、従業員が確定申告を面倒に思って無申告となるのも嫌でしょうし、税理士紹介すると従業員も助かるだろうという気持ちで行っているのでしょう。

会社が確定申告に関与する場合は副業がバレないように注意

会社が確定申告をしてくれる状況、正確には会社の税理士が確定申告を代行してくれる場合には、副業をしている人としてはちょっと困る場合があります。

副業禁止の場合などは特にそうなのですが、従業員としては副業が会社にバレるのは嫌なのですが、確定申告では副業の所得も併せて申告する必要があるので、税理士経由で会社にバレるのではないかと怖くなってしまうのです。

この点に関しては、まずは税理士は守秘義務があり、個人が税理士に依頼した確定申告の内容は、たとえ紹介者である勤務先の会社に対しても漏らしてはなりません。したがって、良識のある税理士事務所(会計事務所)であれば、秘密の漏洩は起きないから、副業はバレないでしょう。税理士事務所に対しては、確定申告の内容は一切、勤務先には話さないで欲しいとお伝えになると良いでしょう。

それでもどうしても心配な方は、最初は副業の所得なしで税理士に確定申告をしてもらって控えをもらい、その後にその控えをもとにして、副業の所得も追加したところで自ら訂正申告をしているようです。確定申告期限である3月15日までに訂正した申告書を提出しているようです。

申告期限内なら訂正は可能ですが、申告期限を過ぎるとそれは修正申告となってしまって罰金や延滞税の対象となりますし、そもそも脱税と認定されるおそれもあるでしょう。本当のとことは、最初の申告で副業の所得が抜けているのも望ましくはないのですが。

会社が確定申告も代わりにしてくれると言っても断るのがベター

会社が「確定申告をしてあげるよ」と言っても(実際には関係がある税理士が申告する)、それを受けなくてはならないという決まりはありません。

副業がばれないようにしたいとか、自分のプライバシー情報を会社の経営者の知り合いの税理士に知られたくないなと思ったら、断った方がベターでしょう。

「確定申告の経費の領収書、医療費の領収書がなくて再発行依頼してて、資料の提出が遅くなるので自分で申告します」とか、「仮想通貨でたまたま利益が出て申告が必要で、あまり金額を知られたくないので自分で確定申告します」とか、何か言い訳をするなりして、自分で自ら確定申告を行った方が良いでしょう。

ちなみに、仮想通貨の複雑な売買に関しては税理士も処理できない人が多いので、そもそも受けてくれない可能性もありますね。

自分で確定申告するとなったら、副業にかかる住民税に関しては普通徴収として、会社にバレないようにした方が良いでしょう。

そもそも、確定申告は会社がしてくれるものではなくて、納税義務者である個人が自分で行うべきものですので、断ったとしても、それについて疑問に思う会社も少ないでしょう。

【必読/ページの最後に】副業がバレない決定的な方法

無料で公開している「副業がバレない方法のガイドブック」の内容を実践していただければ、副業は根本的にほぼバレないようにできますので必ず目を通してください。

解説動画も付けたので、そちらも是非ご覧ください。なお、期間限定なので、将来的に副業したい人も、今のうちに手に入れて保存しておくことをおすすめいたします。

副業が会社にバレない方法のガイドブックの目次は下記です

1.副業がばれる理由

2.年末調整における注意点

3.確定申告における副業がばれないための対策(確定申告後の4月に行わなくてはならない対策も記載してます)

4.「副業が20万円以下だと申告しなくても良い」は嘘

5.マイナンバーで副業がバレるかどうか

6.2023年導入のインボイス制度で副業がばれるかどうか

7.最初にやるべき最も効果の高い副業バレ対策(これをやればバレない)

※「7」の対策はできる限り早い方が効果的なので、2022年10月末までに行っていただきたいところです。

ガイドブックへのアクセスが5万人に達した時点で無料公開をやめますので、副業バレで悩んでいる方以外はアクセスは避けてください。

こちらのガイドブックの解説動画は下記のページにありますので、是非ご覧くださいませ。

ガイド、動画では、下記のように資料も交えて説明しているので、副業バレについて、しっかりと理解できるかと思います。無料ですし、間違いのないコンテンツなので、ご覧いただき、副業が絶対にバレないようにしてください。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

当税理士事務所メンバーの写真です

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。