副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

SKIMAの副業は会社にばれない確率が非常に高い

SKIMAで副業してもばれる可能性は低い

SKIMAで副業してイラストを描く女性のイメージ

SKIMAで儲けた金額には所得税や住民税がかかるので、確定申告は忘れずに行ってください。

本業がある人がSKIMA(スキマ)というインターネットサービスを利用してイラスト制作やアイコン制作という副業をしていることもあります。イラストレーターの方に人気のサイトですね。

SKIMAの副業は儲けが特に大きくなければ雑所得とする方が多く、売上と利益がそれなりにあるのであれば事業所得とする方が多いだろうと思います。

SKIMAの副業が会社にばれるかを心配する声もありますが、上述のように雑所得や事業所得となるのであれば、住民税を普通徴収とすることで本業の会社にばれない確率が非常に高いでしょう。

SKIMAで儲けを得た場合には、収入金額から必要経費を引いて、その残額に対して10%の住民税がかかります。青色申告で青色申告特別控除を使う場合には、残額から青色申告特別控除の額を差し引いた金額に10%の住民税がかかります。

なお、これとは別にその方の年間合計所得等に応じて決定される税率によって所得税もかかりますが、所得税を通じてSKIMAでの副業がばれることはなく、あくまでも住民税が問題となりますので、きちんと普通徴収としてください。

※基本的には、給与所得とはならないはずですが、依頼主と雇用契約を結んで働いた場合には、それは給与所得となり、少し勝手が変わってきます(まず雑所得又は事業所得になると思いますが)。

SKIMA以外の副収入がある場合はどうすれば良いの?

もしもSKIMA以外のサイトも利用していて、そこからも儲けが出ている場合にはどうすれば良いのでしょうか。SKIMAが雑所得で、その他のサービスの所得も雑所得である場合には(その可能性が高いと思いますが)、両者を合算して計上して構いません。

収入金額も必要経費にも、両方の金額を記入するのです。

雑所得でなく、事業所得で確定申告をする場合であっても決算書(収支内訳書や損益計算書、貸借対照表)を複数枚作成する必要はありません。同一の確定申告書に全ての所得の情報を記載してください。所得ごとに確定申告書を別々に提出するといったものではないのです。

給与と雑所得だけの場合には確定申告書Aを使い、事業所得がある場合には確定申告書Bをご利用ください。

経費を引いたらSKIMAの所得が消えてしまい赤字になった場合

必要経費が多い場合には、SKIMAの副収入金額を上回ってしまうかもしれません。経費が多いので赤字なのですが、この赤字を他の副業の所得と相殺できるのであれば、住民税は普通徴収にできるので副業は本業の会社にはばれません。

他の副業も所得もない場合にはどうすれば良いのでしょうか。結論から言いますと、事業所得で赤字申告をすると給与所得と相殺されて会社にばれる可能性があるので、確定申告自体を避けるか、特別徴収期間を経過してから確定申告を行うという方法が考えられます。

雑所得の場合には、赤字である場合には、給与所得との相殺は起きず、申告してもしなくても税金に変化はないので、申告自体をしなくても良いでしょう。

雑所得や事業所得の収入を得るにあたって所得税が源泉徴収がされている場合は、申告することで税金が返ってくることもあるので、一度申告書を作成してみて結果を見てから決定した方が良いでしょう。

ちなみに、SKIMAも含むすべての副業所得を合算後の所得が20万円以下となった場合には、住民税の申告だけを行うことも認められています。

無申告は避けましょう

SKIMAで稼いだ金額がある場合には、きちんと申告をしましょう。ネット上でイラスト等を高くない金額で販売している場合には、「税務署にもばれないだろう」とか「確定申告しなくても大したことではない」と思ってしまう納税義務者の方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、無申告となってしまって後で税務調査が入ることは大きなストレスになりますし、元々税法上で申告義務があるので法令遵守した方が良いので、申告は行ってくださればと思います。

正直なところ、SKIMAの運営会社に税務調査が入れば、税務調査官が誰にいくらの報酬が支払われているかを割り出す可能性もあるため、SKIMAから発生した所得の無申告は税務署にばれやすいと思います。

税務調査などの不安がない状態で、安心して副業に取り組んでくださればと思います。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

副業支援をする当社の社員たちの写真

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。