副業が会社にばれない方法を学びましょう!副業の確定申告、税金について解説。

お電話でのお問合せはこちら
03-6712-2682
受付時間
9:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック(現在、丁寧な動画解説も付けています)」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。

又、確定申告期限が延長されましたが、副業ばれを気にしてる方は、なるべく3/15日まで、遅れたとしても3/末までには申告を済ませた方が安全だと考えております。このあたりも動画で説明しています。

高額療養費制度で会社に副業は、ばれる?

高額療養費の制度で副業がばれるのではと不安になる理由

高額療養費を受け取る場合には、自己負担限度額が関わってきます。これが給与に影響を受けるために、結果的に副業が会社にばれるのではないかと不安になる方もいらっしゃいます。

つまり、本業の給料だけを会社に知られている状態で、別途副業で収入を受けていると、その副業の収入も加算したところで自己負担限度額が算定されてしまい、その算定結果などが何らかの経路で会社に伝わってしまったり、計算の過程で会社に問い合わせがいってしまうことはないのかとご不安になるようです。

なお、標準報酬月額とは、会社員の方の健康保険料と厚生年金保険料を計算する際に利用される区分のことで、毎月の会社から支給される給与等(交通費等含む)の金額で定まってきます。医療費の自己負担限度額は、この標準報酬月額が高いほど大きくなるという仕組みになっているのです。

※こちらのページの記事は、会社員の方が対象のため、国民健康保険ではなく、会社で組合健保又は協会けんぽに加入されている方を前提に記載しています。

高額療養費に関する質問内容

こちらで、前にお問合せをくださった方からいただいたご質問の内容を記載いたします。

「私は現在、高額療養費制度の適用を受けています。限度額適用認定証を発行してもらっている状態にあります。この自己負担限度額は給料の金額によって決定されると認識していますし、本業の健康保険組合が知ることができる本業の給料のみが判断基準だと思っています。また、私の入っている健康保険組合では、国の定める限度額に加えたお金が還付がされるようです。例えば確定申告などで、健康保険組合の認知する年収との齟齬が問題になることはあるでしょうか?あるいは還付金の処理から、会社側に副業の事実がばれるようなリスクはあり得るものでしょうか?」

上記質問内容に関する回答

上記項目の質問に関しては、社会保険に関する内容ですので、当事務所の住民税からばれるかどうかという視点とは異なり、内容が社会保険労務士さんの範疇となります。そこで、税金の専門家の私だけの考えでは危険なので、社会保険労務士の先生に確認を取り、次のように回答いたしました。

「高額療養費の自己負担限度額の計算は標準報酬月額で決まってきますから、会社からもらっている給与等だけで判断されると考えられますので、副業で個人ビジネスをして報酬を得ていたとしても、問題とはならないということです。」

副業の収入は標準報酬月額に影響を及ぼさないため、高額療養費の自己負担限度額に変更を加えることはないという考え方に基づいた回答となりますね。

また念のために、「加算部分を受け取るにあたって、確定申告書の控えや課税証明書の提出の必要がないかはご確認ください。標準報酬月額だけで自己負担限度額が決まるのであれば、おそらく加算される金額も副収入などは関係なく支給されるので、確定申告書等を見る必要はないので、提出は求められないと思いますが。」といった内容で回答しております。

なお、この取り扱いは健康保険組合だけではなく、協会けんぽでも同じ取り扱いになるとお考えくださいませ。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。