既に7,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得したい方はガイドブック取得のページをご覧ください。なお、セミナーも人気ですが、現在セミナーの募集は行っておりませんのでご了承くださいませ。

副業で事業している人にも持続化給付金は出るの?

持続化給付金で事業所得者に支給される金額

Q&Aのイメージ

副業。兼業されている方々としても、売上が50%以上減少したら持続化給付金を支給して欲しいものですよね。

コロナウィルス感染拡大によって、副業・兼業でサイドビジネスを行って事業所得を得ている方にも経済的な打撃が及んでいることと思います。

公表されている持続化給付金は大きな経済的影響を受ける事業者に対して、事業の継続をサポートするために作られた給付金です。

フリーランス・個人事業主の方を対象として、前年の同じ月よりも50%以上収入金額が減少した場合には、最大金額で100万円の支給が行われます。おそらく、最大額の100万円の支給を受けられる人は少なくないでしょう。政府としてもかなり大規模な予算を組んだことになりますね。是非、こちらの給付金を最大活用して、打撃を受けた事業者の方々には再起をしていただきたいと思っております。

ただ、本業で給与所得を獲得しながら副業・兼業として事業所得を獲得している方々としては、果たして自分は持続化給付金の支給対象となるのか否か、気になるところではないでしょうか。私個人的にも、事業を営んでいる以上は、副業・兼業も持続化給付金を含める各種助成金や補助金等の対象となって欲しいと考えております。

副業は持続化給付金の対象になるの?

果たして副業で行っている事業は持続化給付金の対象となるのでしょうか?

現在のところは、特に副業の場合には支給しないといったような表記はなく、副業・兼業も支給対象となると考えられます。フリーランスの方、ホステスさんなど飲食店勤務の方など、事業所得者のほとんど全ての職種が持続化給付金の支給対象となりました。ただし、極端に本業の給与収入の方が多い場合や副業の事業所得の売上高が非常に少ない場合などは、事業として認めてもらえずに持続化給付金の対象外とされてしまう可能性もゼロとは言えないのではないでしょうか。又、公式ページでは「給付金の趣旨・目的に照らして適当でないと中小企業庁長官が判断する者」と書いてありますので、ここか何らかの影響を及ぼすことも考えられます。しかしながら、おそらく要件を満たしている以上は支給してくれるとは思います

反対に、メインは事業所得の収入だけど、それだけだと足りないので少しアルバイトをしているという方については、事業収入が50%以上減少すれば、持続化給付金の対象となる可能性が更に高まるでしょう。いずれにしても、今のところは事業所得が副業だから対象外という話は出ていないので、給与所得と事業所得の収入のバランスに関わらずに、このまま全ての「給与所得と事業所得の両方がある人」に支給してくれると良いですね!

給付金の趣旨に照らして適当ではないと中小企業庁長官が判断する者に関しては持続化給付金を支給しないとされているのですが、もしかすると「給与所得が高いために副業の事業がコロナの経済的打撃を受けたとしても、継続に支障はない」と言う判断が下されたりする可能性もなくはないでしょう。

※こちらの記事の執筆時点での情報ではありますので、変更されている可能性もありますので、念のためにご自身でもご確認くださいませ。

※性風俗関連特殊営業や当該営業に係る接客業務受託営業を行う事業者は持続化給付金の対象外とされています。この点も、今後変更される可能性がないわけではありません。

※副業禁止をしている会社に勤務されている場合は、事業所得の場合は会社にばれた場合には厳しい処分をされる可能性があるので、雑所得で申告していた方が副業ばれの観点からはベターということになります。ただ、事業所得で申告していたら、今回の持続化給付金はもらえるということになります。なお、2020年6月29日以降からは、実態が事業であるが雑所得で申告した方、業務委託契約に基づく事業収入と言えるものを給与所得として確定申告した方も申請できるようになりました。こちらのサイトをご覧の方ですと、「本業で給与収入があって、副業として雑所得があった場合には持続化給付金はもらえるのか?」という部分は気になると思いますが、残念ながら、被雇用者として雇用契約に該当する給与収入があった方については、持続化給付金の支給対象とはなりません。アルバイト収入があった方に関しても、雑所得に関して持続化給付金をもらうことはできないのです。ただし、2019年中に会社を辞めて独立した方に関しては支給対象とはなります。

確定申告書を出してない場合

皆様が行われている副業の事業に関して持続化給付金の申請をいざしようと思っても、そもそも令和元年(2019年)の所得税及び復興特別所得税の確定申告を行っていない場合には、必要書類が整わないことになります。確定申告書は持続化給付金の添付書類に含まれていますので。もしも副業の所得が20万円以下であるなど、所得税の申告義務がない方は、持続化給付金の申し込みの際には住民税の申告書の控えを添付して提出する必要があります。

当税理士事務所でも持続化給付金を受けたいという方々から期限後の確定申告のご依頼がありますが、副業の場合に問題となるのは、ここで申告することによって副業が会社にばれないかということでもあります。

少なくとも、赤字で申告すると、後々に会社に住民税の特別徴収税額の変更通知書が送付されてしまい、副業がばれる危険性があるでしょう。会社に副業の存在や赤字額を知られたくない方々としては、持続化給付金の獲得を狙ったがために、副業が会社にばれるのは嫌ですよね。この辺りには十分に注意をしていきたいところではあります。

※なお、当税理士事務所で過去の確定申告を行うことはできますが、持続化給付金が獲得できるか否かに関しては責任を負うことはできませんので、その点はご了承くださいませ。

※ご自身で申告を行われる方は、よろしければこちらのHPのガイドを取得していただき、副業がばれない方法の要旨を学ばれるとともに、ガイドに付帯している相談権を使ってご相談くださいませ。あくまでも副業がばれない方法を解説するガイドですが、今回の持続化給付金の影響でお申込者が急増する可能性があるため、その場合には一時的に受付停止させていただくことがございます。

持続化給付金を受給すると副業がばれるか?

持続化給付金受給で副業がばれるかを話す税理士のイメージ。

持続化給付金を受給すると副業が勤務先の会社にばれるか、ばれないかを気にされる方もいると思います。この給付金自体が今回のコロナウィルスの影響で創設されたものなので、まだまだ見えない部分があります。しかし、持続化給付金を不正受給して公開されてしまったような場合を除けば、本業の会社に経済産業省や役所から連絡が行くという可能性は非常に低いのではないでしょうか。それこそ、プライバシーの問題もありますから。つまり、ばれないと考えています。

ただし、税制上の配偶者控除を利用している方に関しては持続化給付金を受給することで配偶者控除が減額されたり、受けられなくなってしまいます。そして結果的に住民税額や住民税の特別徴収税額決定通知書から疑われてしまう可能性はあると言えばあるでしょう。このあたりに関しては、上手な言い訳と言うか、説明を準備しておいても良いかもしれませんね。あとは年末調整の際に気を配ってくださればと存じます。

ただ、副業がばれるか否かに関して、配偶者控除があっても、持続化給付金の影響は受けない人の方が多いとは言えるでしょう。このあたりは個別事情によって変わってきますし、難しい論点ですので、当事務所のガイドを取得された方から直接詳しく状況を聞いて対応させていただいております。複雑性も高い話となりますので、代表税理士の齋藤がこの辺りの質問には回答いたします。

コロナに負けず、副業を諦めないで欲しいです。

副業をされている方の中には、せっかく軌道に乗ってきたビジネスが、コロナの影響で崩れ始めてしまっているという方もいらっしゃると存じます。大変悔しいことだと思います。しかし、ここで諦めて欲しくはないと思います。

ビジネスを行っていると、不測の事態が起きることはあるものです。その不測の事態の中でも、今回のコロナウィルスによる打撃は非常に大きく、影響を受ける期間としても長いものです。ただ、やはり副業ビジネスをすること自体の楽しさ、副業ビジネスで生活が豊かになる幸せ、こういったものをここで手放して欲しくはないのです。もしも利用できる助成金・補助金・給付金・協力金と名の付くものがあれば、是非積極的にご利用くださればと存じます(事実を仮装して受給を受けるようなことは避けてください。罰則が適用され、不正受給を公表されかねません。)。

皆さまには幸いにして本業があります。本業での給与収入が断たれていないのであれば、まずはそこで何とか凌いでいただき、コロナ感染が収束したところで、また大きくビジネスを成長させてくださればと存じます。経済危機は苦しいものですが、それを乗り越えた時には、競合も減少していることが多いので、チャンスも訪れるのではないでしょうか。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」や「実際に大きく儲かっている副業」などに関して、税理士がセミナーで解説いたします。

非常に人気の高いセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー

当事務所の代表税理士齋藤一生が監修した「経費で落とせる領収書(成美堂出版)」でございます。合法的な経費計上に関する知識も豊富な税理士事務所でございます。