副業がバレない方法から起業、経営、確定申告、稼ぎやすい副業のこと、節税等お金を増やす方法まで学びましょう!

「副業がばれない方法」と「お金の増やし方」に関して2020年1月19日にセミナーを開催!(人気セミナーのため、定員に達しましたら締め切ります)

場所:TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅徒歩1分

日時:2020年1月19日 13時30分~16時40分頃

第1部では、「どうすれば確定申告等で副業がばれないで済むか」、「利益を大きく出せる副業の具体例」を説明します。第2部では、日本全国で人気のセミナー講師、安藤宏和氏の「お金を増やす方法」を聞くことができます。詳細とお申し込みは、当ページの下の方の「セミナーのお申込み」をご覧ください

又、既に6,000名以上にお渡ししている税理士作成の「副業がばれない方法のガイドブック」を取得されたい方は、ガイドブック取得のページをご覧くださいませ。

セミナー又はガイドブックでお悩みを解決してくださればと存じます。

仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーの副業は、バレる可能性が低い

結婚相談所の副業は会社にばれない?ばれる?

副業として人気の仲人士マリッジアドバイザー結婚カウンセラー婚活カウンセラーですが、色々な呼び方があってややこしいところではありますが、仕事内容はそこまで大きくは変わりがないと言えるでしょう。最近ではオンラインで加盟できるような結婚相談所もありますし、登録するための費用も少なくなってきているので開業資金があまりかからないため、以前よりも結婚相談所の副業をされる方々が増加しているのではないでしょうか。

結婚相談の副業をするにあたっては、本業の勤務先の会社にばれないようにしたいという方も多いものです。ばれるのが怖いから、仲人などをやってみたいものの実行に移すことができないと二の足を踏まれている方もいらっしゃるでしょう。基本的には、報酬として対価を受け取る場合には、住民税が本業の会社に通知されることもないので、ばれる可能性が大変低いと言うことができるでしょう。

こちらのページでは、結婚相談所の仕事で稼いだ場合の税金の確定申告や会社にばれないコツを中心に書いていきたいと思います。少しでも結婚相談のサイドビジネスをしたいという方(既にされている方)のご参考となれば幸いでございます。

※あくまでも、所得税法に則って、税金の確定申告をするという前提での副業バレ対策を説明しています。申告をしないと税務署から追徴課税を受けたり、後々に大変なことになりますのでご注意くださいませ。間違っても、申告しなければ会社にばれない、とはお考えにならないでください。

副業の結婚カウンセラーの紹介で結婚したカップルのイメージ写真

結婚相談所の副業はお客様の相談に乗ったりと、大変な部分も大きいですが、うまくいったときは感謝されますし、高い水準の報酬を獲得できます。人の話を聞くことを長けている方にとっては向いている副業ではないでしょうか。

結婚相談所の副業の確定申告の所得区分は何になるか。

仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーと呼ばれるような結婚相談の副業は、人によっての収入の差が大きい仕事だと言えるでしょう。それぞれの方がライフスタイルに合わせて働いていますので、時間がある方はどんどん仕事をしますし、反対に少しだけ副業をしたいという方は稼働日数が少なく、稼ぎもそこまでは大きくならないことが多いのです。

結婚相談のお仕事の税金の確定申告における所得区分としては、その対価を報酬として受ける場合には、「個人事業主としての事業所得」もしくは「雑所得」として確定申告をすることになります。必ずしも収入の大きさで事業所得か雑所得かを分けるわけではありませんが、やはり金額が大きい方が、税務署から事業所得として認められる可能性は高いでしょう。

金額が小さくても継続的に収入を得ていれば事業所得として認められる余地は十分にありますが、運が悪いと税務調査で雑所得にされてしまうでしょう。ただ、副業で事業所得として申告していたものが雑所得に変更されたという事例は今のところ、当税理士事務所ではございません。ちなみに、事業所得で申告すると、結婚相談で獲得した利益から青色申告特別控除の額を減額した金額を所得として申告することができ、節税につながるのです。

一方で、雑所得の場合には、万一確定申告で副業バレ対策をし忘れてしまって副業がばれたとしても、本業の会社が見逃してくれる可能性が高くなります。趣味で少し儲けた所得は雑所得に区分されますし、FXなどの所得も雑所得になるため、会社としては雑所得があっても気にしないことも多いためです。いざ会社にばれた時のことを考えると、雑所得の方が良いかもしれませんね。ただし、住民税を普通徴収としておけば、事業所得でも基本的にばれません。

カウンセラー(仲人士)が開業届を出すと会社にバレる?

仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーなど、結婚相談所の副業をされている方が税務署に開業届を提出すると、副業が会社に知られる恐れはあるのでしょうか。結論から言うと、開業届を税務署に提出することによって結婚相談の副業が本業の会社にばれるということはありません。開業届を提出したことが会社に伝わるような仕組みにはなっていないのです。

なお、税務署への提出書類にマイナンバーを書くと副業が会社にばれると勘違いされている方もいらっしゃいますが、そのようなこともございませんのでご安心いただければと存じます。本業の会社がマイナンバーを利用して従業員の副業を探すことはできませんし、マイナンバーを税務署に提出することによって税務署が結婚相談の副業を本業の会社に連絡するようなこともないのです。

ですから、結婚相談の仕事は事業所得として確定申告したいとお考えの方は、開業届は提出するようにしてください。開業日から1ヶ月以内が提出期限となっています。

※開業届は、雑所得の場合には提出する必要はありません。事業所得の場合にのみ提出してください。

給与所得となる結婚相談ビジネスは会社バレの確率が高まる

結婚相談の仕事の対価がもしもお給料として支払われる場合は注意が必要です。給与所得となる場合には、その仕事の所得から発生する住民税に関しては市区町村の役所が普通徴収を認めてくれないことが結構多くあるのです。

つまり、住んでいる役所によってばれる確率が変わってきてしまうのです。実際には本業の会社の給料計算の担当者がきちんと住民税を確認して、副業の可能性をチェックしている確率は低いですし、疑ったとしても仕事が増えるので、特に誰にも言わないことも多いでしょう。会計事務所社会保険労務士事務所に給与計算を外注している場合は、会計事務所や社会保険労務士が副業してるかどうかをチェックする可能性も低いでしょう。

なお、「普通徴収とできずに副業の住民税も会社で天引きされる場合で」、かつ、「特別徴収税額決定通知書と言う役所から本業先経由でもらう書類の中身が、圧着式やマスキングの形で、本業先の人に見えないようになっていない場合」は、会社にばれる確率が結構高まります。

圧着式やマスキングされていても、リスクがゼロにはならないのですが、非常にばれにくいのです。もちろん、そもそも結婚相談所からの給与を普通徴収とできる場合は、バレないでしょう。

※事業所得や雑所得の場合は、給与所得と違って、普通徴収にすることが認められており、これは法律上担保されています。

結婚届の実物の写真

カップルが結婚をすると、大きな成果報酬が支払われることが一般的です。報酬が大きくなると支払う税額も大きくなりますので、確定申告の際にどのくらいの所得税を納税するのか、6月以降にどのくらいの住民税を支払うのか、日頃からきちんと利益の計算を行って把握できるようにしましょう。そうすれば納税資金不足を防ぐことができます。

会社にばれないようにするにはどこに注意するべき?

続いて、結婚相談の副業が会社にばれないようにするために注意すべき事項に関して確認したいと思います。注意すべき点は多くありますが、ここでは主たる注意点2つに関して説明したいと思います。

仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーの方々は、本業先に副業していることを知られたくないと考える方が多いものです。副業で利益を得ていることを本業の会社の人に知られることは、やはりちょっと抵抗感がありますよね。そういった方々のご参考に少しでもなれば嬉しく思います。

確定申告書の書き方に注意

所得税の確定申告の書き方には注意しましょう。まず、職業欄は、本業が会社員ですので、「会社員」とご記入されれば良いと思います。会社の人に確定申告書を確認されることもないのですが、万一のときのために、念のために本業の職業と職業欄に記入するのです。

そして、何よりも重要なのは、確定申告書の第二表で「自分で納付」という項目を選択することです。「自分で納付」を選択すると、仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーなど、結婚相談所の副業に課税される住民税を普通徴収としてほしいという意思表示をすることになるのです。

ただし、意思表示しても必ずしも普通徴収が認められるわけではなく、ふるさと納税の金額が大きかったり、結婚相談業務が赤字となってしまっている場合には、意思表示をしても普通徴収部分の住民税は発生しないので注意が必要です。又、このあたりに注意して確定申告書を万全の状態で提出しても、役所の職員の事務のミスで特別徴収にされてしまうこともあるので、そのようなことが起きないような対策も取っておきたいところです。

確定申告で追加した所得控除が結婚相談の所得を超えないように注意

確定申告では、本業の源泉徴収票の給与所得の情報と、副業の結婚相談のお仕事の所得を申告することになります。その中で、所得控除と言う項目も確定申告書に記載します。社会保険料控除や生命保険料控除、扶養控除や配偶者控除、医療費控除などです。この所得控除に関して、次の状態を満たしてしまうと普通徴収が認められなくなるので注意が必要です。

 

確定申告書の所得控除合計額-源泉徴収票の所得控除合計額≧副業の所得

 

確定申告書の所得控除合計額から源泉徴収票の所得控除合計額を差し引いた金額が副業の結婚相談業の所得以上となると、普通徴収をできなくなると言うことですね。この点には十分にご注意いただければと思います。ちょっと複雑な概念なのですが、このあたりに関してもご相談をいただきましたらしっかりとお伝えしたい部分でございます。

一度は税理士事務所に相談して副業バレ対策を練る

仲人士、マリッジアドバイザー、結婚(婚活)カウンセラーといった副業をされる方は、その仕事に魅力を感じたり、又、収入に魅力を感じられたりしていると思います。それはとても素晴らしいことではあるのですが、少しだけ、税金・確定申告のことや、本業の会社への副業バレのこともお考えになって、対策してくださればと思います。

特に、副業が会社にばれることに関しては大きな抵抗感を感じられる方も多いので、そういった方は、必ず一度は、副業対策に強い我々のような税理士事務所にご相談になってみてください。注意すべき点はいくつもあるものの、それらは決して難しいことではないですし、一度ポイントだけ把握してしまうと本業への副業バレのお悩みを解決できます。副業をされる際に、どこか不安を抱えたまま働くよりは、安心した状態で働いた方がより良い成果にもつながるのではないでしょうか。ご相談いただいた場合は、もちろん、節税や開業手続き、確定申告など、税務や会計に関する全般的なご相談に乗らせていただきます。

副業している方、これから副業を始める方が「副業が本業の会社にばれないようにしたい」と考えてネット上で情報を集めても、自信をもった結論にたどり着くのは難しいですし、誤った情報を得てしまうこともあります。国家資格者の運営する税理士事務所のアドバイスを一度受けてお悩みをしっかりと解決しましょう。早く問題を解決することで、安心して副業をできるようにしましょう。

副業がばれない方法を熟知する税理士2名の画像

「副業がばれない方法」「大きく稼げる副業の具体例」「コツコツ投資によるお金の増やし方」などに関して、税理士とFPがセミナーで徹底解説いたします。

非常に人気のセミナーとなるため、早めにお申し込みくださいませ。こちらは、定員となり次第締め切らせていただきます。どうしても会場のスペースの問題があるため、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

当税理士事務所が作成した「副業がばれない方法」を記載したガイドブックです。こちらは発行以来、大人気の冊子となっております。

3週間の電話・メールによる相談権がついていますので、各々の方の状況に応じた対策を提案することができます。以前一か月ほど停止しましたように、年末調整や確定申告などの相談件数が爆発的に増加する時期には一時的に受付停止をすることがありますが、基本的には、できる限りは停止しないようにいたします。

副業、サイドビジネスに関しては、お気軽にお問合せください!

お電話でのお問合せはこちら

03-6712-2682

お問合せ・ご相談は、お電話又はフォームにて受け付けております。メールでのお問合せは24時間受け付けしておりますので、まずはお気軽にメールをご送信くださいませ。

受付時間:9:00~18:00(ガイドご購入者様に関しては、ほとんどの日において、18時以降も電話質問可能です)
定休日:土曜・日曜・祝日(ガイドお申込者のご質問には、土日祝日もなるべく回答いたします。)

副業のお問合せはこちら

代表者の斉藤の画像です。

お問合せはお気軽に

03-6712-2682

副業や兼業をこれからされる方、既にされている方に向けたページです。起業や経営、税金、副業がバレない方法などの勉強したい方からのお問合せをお待ちしております。

副業起業塾メニュー